のし袋の種類と選び方、状況に合った使い方について解説

慶事や弔事のほか、謝礼や寸志などでも欠かせないのがのし袋。水引の本数や結び方、色など、さまざまな組み合わせがあり、どれを選ぶべきか迷ってしまいますよね。そこで今回はのし袋の種類や選び方について解説します。のし袋を選ぶときのガイドとして覚えておくと便利です。

イラスト:のし付きの祝儀袋と、蝶結び・結び切り・あわじ結びの水引図解。のしが入っていないのし袋をゆびさし「お見舞い用には「のし」のないものを」とコンシェルジュ。

のし袋の「のし」とは

のし袋の右肩にある小さな飾りを「熨斗(のし)」といいます。熨斗は、打ち伸ばした(=のした)干しあわびを和紙で包んだものが原型で、古くは室町時代、出陣や祝い事の儀式「三献の儀」に欠かせない肴のひとつでした。

「のし」がなくとも、便宜上「のし袋」と呼ぶ

「熨斗」は前述のように、めでたいときに添える干しあわびの飾りを指すものです。弔事の贈答品など、お祝いではない場面では熨斗の付いたものは使いません。
本来は熨斗がついた封筒や包み紙のみを「のし袋」「のし紙」といいますが、熨斗が描かれていない弔事用の袋やかけ紙も、便宜上「弔事用のし紙」といいます。

水引の結び方

のし袋の中央に飾られている水引には、結び方によって意味が異なります。

蝶結び(花結び)

何度でも結べる「蝶結び(花結び)」は、出産や入学、昇進など、何度あっても良いお祝いごとに用います。また、挨拶やお礼にも適しています。

結び切り

「結び切り」は、一度結ぶと解けない形になっています。二度と繰り返すことのないようにという想いが込められているため、結婚祝いや快気祝いのほか、弔事全般に適しています。

あわじ結び(あわび結び)

あわじ結び(あわび結び)は結び切りの一種で、両端を引っ張るとさらに固く結ばれるのが特徴です。その形から「末永く付き合う」という意味を持ち、結婚祝いやお見舞い、退院祝いのほか、謝礼や餞別、葬儀などの弔事に適しています。慶事の場合は熨斗付きを選びましょう。

水引がないのし袋「赤棒」

のし袋には、水引が省略されたものがあります。水引の位置、もしくは封筒左端に赤い直線が引かれた「赤棒」と呼ばれるのし袋で、ちょっとしたお礼の際に使われることが多いです。記念品や粗品、寸志などに用います。

のし袋の水引の色と本数

水引の色は、組み合わせに意味をこめる

水引の色は赤・白・金・銀・黒・青・黄があり、組み合わせによって金銀、紅白、赤金、白黒、白黄、双白、双銀などと呼ばれます。最近はカジュアルなピンクや緑の水引きもあるので、シーンによって使い分けてみてください。

一般的な慶事は赤白を基本として、紅白・金銀・赤金などの組み合わせがあります。弔事は黒白を基本として、白黒・黄白・青白・双銀などの組み合わせを用います。宗教によって水引の色が異なるので事前に確認してください。

白黄の水引は、関西エリアの一周忌以降の法事・法要や御布施に用いられることがあります。特に京都では白黄が一般的です。

水引の本数について

水引は奇数本数を用い、5本結びが主流です。3本結びは5本結びを簡略化したもので粗品などに使われます。7本結びは5本結びよりも丁寧にしたもので、格式を重んじる場合に用います。婚礼で用いられる10本結びは「5本2束」と解釈されています。
また、奇数である9本は「苦」につながるため用いません。

のし袋の豪華さは金額に合わせて選ぶ

のし袋を選ぶときには、包む金額や品物に合わせて水引の本数や色を選びます。水引の本数が多いほど、また、水引の色が豪華(金・銀) なほど、高額になると解釈されます。ご本人の年齢やお相手との関係によって金額は変わります。

例えばお香典の場合、目安として5千円までは水引が印刷されたのし袋、1万円以上は黒白の水引が付いたもの、5万円以上なら双銀の水引で大判ののし袋が適しています。見た目だけ豪華にならないよう、見た目(のし袋)と中身(金額)のバランスは大切です。

ページのTop(一番上)へ