出産祝いはいつ渡す? 時期と渡し方、訪問のマナー

友人や親せきの出産はとてもうれしいもの。早く赤ちゃんやお母さまへの贈り物を贈りたいという気持ちがわいてきます。出産祝いはいつからいつまでの間に贈るとよいのでしょうか? 病院やご自宅へ伺う場合のマナーは? せっかくのお祝いごとですから、喜んでくれる渡し方を心得ておきましょう。出産祝いに喜んでもらえるような最適なギフトについても記事内で詳しく紹介します。

出産祝いを送ってくれた方を思い浮かべる産後のママ

贈る時期はいつがいい?

出産祝いを贈るタイミングは、一般的に生後7日後からお宮参りをする生後1カ月とされています。
生後7日後は命名書を飾ってお祝いする「お七夜(おしちや)」があり、生後1カ月後に神様に赤ちゃんの誕生報告と、健康を祈願する「お宮参り」があります。出産祝いを贈るタイミングも、お七夜・お宮参りが目安になっています。

しかし、最近では出産後1週間近く入院しているケースも多いので、きっちりお七夜のタイミングに合わせると早すぎる場合もあります。また、先様はお宮参りの頃に出産内祝い(出産祝いのお返し)の準備をするので、それまでには贈るようにします。

上記のような理由から、出産祝いを贈るベストタイミングは出産後2〜3週間といえます。この間に贈る場合も、母子が退院しているか、健康であるかを確認して贈るようにしましょう。

遅くなったらお誕生祝いに

出産した側は生後1カ月ぐらいに出産内祝いを準備します。出産祝いが遅れてしまうと、先様は内祝いを買い足すなどの手間がかかります。
お祝いを選ぶ時間がない場合は、先様が好きなものを買える商品券や、必要なものを選べるカタログギフトなどを郵送するのもよいアイデアです。
どうしても遅くなってしまった場合は、お祝いの言葉とともに遅くなったおわびの言葉を添えて贈るようにします。出産して1年近くたってしまったときは、出産祝いでなくお誕生日祝いとして贈りましょう。

産前の出産祝いはタブー

出産祝いを産前に贈ることは、マナー違反です。「産後は忙しいだろうから」「すぐに使って欲しいから」という配慮から産前に出産祝いを贈ろうとする人もいますが、本来であればこれはタブーとなります。出産祝いは、赤ちゃんが無事に産まれたことを祝うための贈りものです。出産はいつ何が起こるかわからないこともあり、どんなに妊娠経過が順調であったとしても産前に贈るのは控えておいたほうが安心です。産後、母子ともに健康な状態であることを確認してから贈るようにしましょう。

とはいえ、産後は忙しいだろうから産前に贈りものをしたいという配慮も間違ってはいません。産後はなかなか出掛けることもゆっくりする時間も取れないため多忙となってしまいます。直接会うこともなかなか難しい場合もあるため、そんな場合には出産後にお祝いを郵送すると効果的です。郵送ならば、産前に贈らなくても産後すぐに使ってもらうことが可能となります。例外として、親族がベビーベッドなどの産後すぐに必要となるアイテムを産前に贈るというケースがあります。これは親族だからこそ許される例外となるため、親族以外の場合は基本的に対象外となります。

ベビーシャワーはOK?

ベビーシャワーは、アメリカでの安産祈願を目的としたパーティーのことをいいます。妊娠8カ月までに行うのが一般的で、家族や友人などを招いて食事やゲームなどを楽しむ集まりです。日本では数年前から行われるようになってきていますが、まだアメリカほど主流というわけではありません。とはいえ、これからどんどんと浸透してくる可能性も十分にあります。ベビーシャワーでは贈りものをする場合もありますが、これについては産前の出産祝いには分類されないことがほとんどです。もともと安産を祈願するためのものなので、マナー面でも問題はないといえるでしょう。

ただし、日本ではまだ全面的に浸透しているわけではないため、ベビーシャワーの存在を知らない人もいます。妊婦本人が知らないというケースもあり、そんな状態でベビーシャワーを行うと産前の出産祝いと捉えられてしまう場合もあります。そうなれば、せっかくのパーティーも非常識な行動だと思われてしまうかもしれません。サプライズで行われることもあるベビーシャワーですが、こうしたリスクも考慮して決行前に妊婦本人がベビーシャワーについて知っていることを確認しておくことは必須です。企画や準備に妊婦本人が携わることも一般的なので、サプライズにとらわれずに妊婦本人の気持ちを気遣うようにするといいでしょう。

病院・ご自宅に伺う場合のマナー

親しい友人へ出産祝いを贈るときは、赤ちゃんにも会いたいでしょう。しかし、産後すぐは体調が戻っておらず、慣れない育児で疲れている場合もあります。親しくて遠慮のない間柄といっても、対応する余裕がない先様もいらっしゃることを念頭に置いておきましょう。

直接会ってお渡しする場合は、必ず事前に連絡をします。当日にも連絡をして、体調などを聞いてからお伺いしましょう。また、贈る側が少しでも風邪っぽい場合は、行かないようにするのは当然のマナーです。

また、最近では出産祝いを直送するケースが多いようです。こちらは先様の都合に合わせて前もって用意ができ、先様も来客の準備をせずにすむので気軽です。
出産祝いは母子の体調を気遣うことが最も大切。お品は先に直送し、先様が落ち着いた頃にお会いしてお祝いを述べても失礼にはあたりません。

病院にお伺いする

産後は1週間ほど入院することが一般的なため、出産後すぐの訪問は病院へ駆けつけることになります。訪問するのならば出産祝いを持って行きたいものですが、病院へ伺う場合は事前に出産祝いを持参しても問題ないかを確認しておく必要があります。病室の環境は入院先によってさまざまで、個室の場合もあれば大部屋の場合もあるでしょう。特に、大部屋の場合はものを置けるスペースに限りがあります。出産祝いが大きいものだと保管するスペースがない可能性があるのです。家族が面会に来た際に出産祝いをすぐ持って帰ることができる状況ならば問題ありませんが、病室や面会の状況を知るためにも事前の確認が欠かせません。小さな贈りものならば問題ない場合もありますが、念のため持参しても問題ないかを確認しておくと安心です。

病院によっては面会できるのは家族だけに限られている場合があります。そうでなくても入院中は母子ともに落ち着かないので、病院に行くのはあまりおすすめはしません。

ただ、先様から請われたなら、お伺いしても大丈夫。念のため当日に体調などを聞いてから訪ね、気分転換になるような会話を心がけるようにしましょう。短時間で帰るよう気遣いを忘れずに。赤ちゃんに触れる前には必ず手を洗いましょう。

ご自宅にお伺いする

自宅にお伺いするときも、前もって連絡し、当日も都合を確かめてからお訪ねします。その際も短時間でおいとまする、幼児を連れて行かない、家に着いたら手を洗わせてもらうなどの配慮が必要です。

育児を始めると、お母さんはゆっくりする時間がありません。先様の予定に合わせたとしても、無理をさせてしまう場合があります。こちらの「出産祝いを直接渡したい」という気持ちよりも母子の都合が再優先と考え、状況によってはお祝いだけ先に発送する柔軟さも先様への気遣いになります。

出産祝いの相場は?

出産祝いにはさまざまな品物があり、どれくらいの価格のものを贈るのかで悩む人も多いです。実際、高すぎる出産祝いは相手に気を遣わせてしまう場合があり、安すぎても失礼にあたる場合があります。出産祝いには相場があるので、迷ったら相場に合わせて品物を選ぶといいでしょう。出産祝いは、贈る相手との関係性によって相場が異なります。

親族の場合は1~3万円程度、友人の場合は5千~1万円程度、会社関係の場合も5千~1万円程度が相場です。ママ友の場合は、1~3千円程度が相場となります。友人同士でお金を集めて贈る場合には、相場よりも高額なものを選ぶ場合もあります。親族に贈る場合は、親族間でお祝いについてのルールが決められている場合があるので事前に確認しておくといいでしょう。兄弟などの家族へ贈る場合には、相場よりも高価なものを選ぶ場合もあります。相場を基本として、状況に合わせて価格を選んでいくとよさそうです。双子を出産した場合のお祝いは、1人分の出産祝いと同額から1.5倍が相場です。2人分として相場の2倍の金額のものを選んでも問題ありませんが、高額になりすぎないように注意することも配慮のうちとなります。

出産祝いに使う熨斗の種類と書き方

出産祝いには、必ず熨斗(のし)をつけます。熨斗に使用する水引は、蝶結びのものを選びましょう。蝶結びの水引は、何度同じことがあっても喜ばしいことに対して使われます。結びきりの水引は繰り返すのは望ましくないことに対して使われるので、出産祝いでは使いません。お祝いの名目では、四文字が縁起が悪いとされているので避けておくと安心です。たとえば、「御出産祝」では四文字となるため、「御出産御祝」などが広く使われています。

水引下部に記載する贈り主の名前は、一般的に名字のみです。しかし、周囲に同じ名字の人が多かったり贈る相手と同じ名字だったりする場合には、フルネームで記載することもあります。状況に合わせて、記名の方法を変えるようにしましょう。また、郵送で贈る場合は熨斗が破れないようにするため内熨斗にします。直接手渡しする場合には、贈り主がすぐわかるように外熨斗にすることが基本です。どうやって相手に渡すのかも考えたうえで、熨斗の付け方を変えることもマナーのうちとなります。

出産祝いを選ぶ際に気を付けるポイント

出産祝いでは、実用的なものが喜ばれやすいです。たとえば、洋服やスタイはいくつあっても困らないため、すでに手元にあっても喜ばれます。玩具もこれからたくさん使うものとなるため、喜ばれやすいアイテムです。なるべく長く使えるものを選べば、さらに喜ばれることでしょう。

洋服を贈る場合には、80cm程度のものを選ぶのがおすすめです。新生児期は50~60cmほどの洋服を着用するケースが多いですが、赤ちゃんは成長が早いためすぐに着られなくなってしまいます。50~70cmの洋服は、赤ちゃんがどんどん成長する時期となるため長く着られないのが一般的です。そこで、少しでも長く着られる80cm程度の洋服を選ぶといいのです。ただし、80cm程度の洋服を着られるのは早くても出産から6カ月ほど先となります。出産時とは真逆の季節となるため、季節感にも注意して選ぶことがポイントです。また、ママの趣味や趣向を考慮してデザインを選ぶことも大切なポイントとなります。

出産祝いで喜ばれるギフトを贈ろう

出産祝いには相手の状況や好みに合った贈り物をするのがベストだといえます。しかし、相手がどのような消耗品を使っているのか、相手の家では何が不足しているのかといった状況がわからない場合もあるでしょう。このとき、カタログギフトを贈れば相手に欲しいものを選んでもらえるのでおすすめです。

カタログギフト リンベル バリューチョイス シアン カタログギフト リンベル バリューチョイス シアン
価格:5,000円(税抜)

「カタログギフト リンベル バリューチョイス シアン」は、グッズや食品だけではなくギフトカードなども選べる自由度の高いカタログギフトです。

ミキハウスファースト ベビーマグ&スタイセット ミキハウスファースト ベビーマグ&スタイセット
価格:4,000円(税抜)

「ミキハウスファースト ベビーマグ&スタイセット」は、赤ちゃんの成長に合わせて吸い口を変更できるベビーマグとスタイの便利なセットです。

ル・クルーゼ ベビー・ツイン・ラムカン デューン ル・クルーゼ ベビー・ツイン・ラムカン デューン
価格:2,500円(税抜)

「ル・クルーゼ ベビー・ツイン・ラムカン デューン」は、食卓を華やかにしてくれる可愛らしいラムカンのセットです。

手形記録付ベビーフォトフレーム 手形記録付ベビーフォトフレーム
価格:4,000円(税抜)

「手形記録付ベビーフォトフレーム」は、赤ちゃんの手形と写真を残しておくことができるフォトフレームです。

ミキハウスファースト バスポンチョセット ピンク ミキハウスファースト バスポンチョセット ピンク
価格:5,000円(税抜)

「ミキハウスファースト バスポンチョセット ピンク」は、ふわふわのバスポンチョとガーゼハンカチでお風呂が楽しめるようになるセットです。

ふわふわファームハウス ふわふわファームハウス
価格:3,800円(税抜)

「ふわふわファームハウス」は、すべて布でできている安全な牧場のおもちゃです。

ページのTop(一番上)へ