マナー違反していない? 結婚内祝いの「のし」の正しい書き方、選び方を徹底解説!

結婚内祝いを贈るときに、マナー違反をしていないか不安になったことはありませんか?のしの選び方や贈り方、お相手にどんなものを贈ればよいかなど、わからないことが多ければ多いほど不安になってしまいますよね。

この記事では、結婚内祝いの「のし」を中心としたマナーについて詳しく解説していきます。また、結婚内祝いにおすすめのカタログギフトも合わせてご紹介していきます。

結婚内祝いについて

結婚内祝いとは

内祝いの「内」には、本来「身内」の意味が込められています。かつてはご近所付き合いが身近であったため、身内や親しい間柄の人々と喜びを分かち合うという形でお祝いをしていました。

現在では、披露宴に出席されなかった方からいただいた「結婚祝い」へのお返しとして結婚内祝いを贈るのが一般的です。そのため、結婚内祝いもお返しも同じような内容ととらえられています。

引出物との違い

結婚披露宴に出席してくださった方々に贈るのが「引出物」です。内容は地域によっても異なりますが、メインの品物と引菓子、さらに縁起物とで2~3品を用意する場合が多く、メインの品物に両家の姓が入ったのし紙をつけます。

引出物は披露宴の主催者が出席者に贈るお土産であるため、結婚内祝いとは異なります。引出物をお渡しした方にあらためて結婚内祝いを贈る必要もありません。一般的な相場は3,000~6,000円ですが、地域によって大きく異なります。

結婚内祝いを贈る時期

結婚内祝いは、入籍または挙式後1ヶ月以内に贈ります。 非常に慌ただしい時期ですので、遅れることのないよう準備を進めておきましょう。お祝いをいただいた方の住所や、お祝いの大体の金額をメモしておくと安心です。

状況によって、お祝いをいただく時期も変わってきます。お祝いを受け取ったらまずはお礼の連絡をし、あらためて内祝いの準備をしましょう。

結婚内祝いの相場の目安

結婚内祝いの基本的な相場は「1/3~半返し」程度とされています。グループからお祝いをいただいた場合は、お祝いの金額をグループの人数で割り、その金額の半分位の品物を個別に用意します。 

高額な結婚内祝いはマナー違反とされています。また、金額は地域の慣習によって異なりますので、両家の両親や身近な人に相談して、どの程度の金額の品物をお返しするのか確認しておくと安心です。

結婚内祝いののしの選び方

のし紙の由来

のしとは本来、縁起物である鮑を薄くのばした熨斗鮑(のしあわび)のことをいいます。しかし、鮑は高級品であるため、現在は簡略化されてのしと水引を印刷した紙を用いるようになりました。この紙が、のし紙です。

水引の結び方や色、本数にはさまざまな種類があります。特に結び方には「結び切り」「蝶結び」「あわじ結び」の3種類があり、贈り物の用途に合わせて選ぶ必要があります。

慶事の場合、婚礼関係では「結び切り」それ以外のお祝いごとでは「蝶結び」が基本です。色は金銀・赤金(銀)・紅白のいずれか、本数は奇数である3・5・7・最高格の10本(5本2束で一対)を選びます。

弔事は「繰り返しを避けたい」出来事ですので「結び切り」を選びます。色や本数は慶事の場合とは異なりますので、後述します。

結婚内祝いには「結び切り」ののし

水引のイラスト

結婚内祝いののしには「結び切り」と呼ばれる水引を選びます。固く結べてなかなかほどけないことから、婚礼関係や快気祝いなど「繰り返してほしくない」お祝いごとに用います。

婚礼関係のお祝いの場合、水引の色は金銀・紅白・赤銀(金)のいずれか、本数は10本を選びます。最高格の水引は金銀10本結びですが、結婚内祝いは控えめなお祝いですので紅白10本が基本です。また、贈り物の金額に合わせ水引の本数を7本にすることもあります。

その他(快気祝いなど)のお祝いの場合、水引の色は紅白か赤金を、本数は5本を選ぶのが一般的です。

基本の水引の本数は「5本」です。3本結びは簡素な結び方、7本結びは丁寧な結び方とされ、婚礼関係でのみ用いられる10本結びは最高格の結び方として別格とされています。

婚礼以外のお祝いには「蝶結び(花結び)」ののし

婚礼以外のお祝いごとでは「蝶結び」の水引を選びます。ほどいて何度も結び直せることから「何度あってもいいお祝い」に用いられます。「花結び」のほか「もろなわ結び」という別名もあります。

蝶結びの水引は出産や入学・成人、新築祝いなどに用います。一般的なお祝いなので、水引の色は紅白を、本数は5本もしくは7本が適しているといわれています。

関西以西でのお祝いごと全般には「あわじ結び」ののし

華やかな印象の「あわじ結び」は、慶弔の区別なく用いられます。特に関西以西のエリアでは、お祝いごと全般に利用されているオールマイティな水引です。

内容も通常の水引とほぼ変わりません。色は金銀・紅白・赤金の3種類、本数は5・7・10本の3種類から選びます。婚礼時に用いる場合は、結び切りと同様金銀10本結びのあわじ結びが用いられます。

水引の色が異なる弔事の「結び切り」ののし

結び切りののしは婚礼や快気祝いのときに用いるとお伝えしましたが、「繰り返しを避けたい」という意味では弔事も同じですので、この場合も「結び切り」の水引を選びます。

水引の色は黄白もしくは黒白を選びます。前者は主に関西や北陸地方で、後者はその他のエリアで広く用いられています。本数は「割り切れるように」という願いを反映し2・4・6本の偶数本から選ぶのが大きな特徴です。

水引の種類で、贈り物の意味合いも変わってきます。用途と意味をしっかり確認するようにしましょう!

のしの正しい書き方、3つのポイント

のしの書き方、3つのポイントイラスト

表書きは「内祝」または「寿」

のしの「表書き」とは、水引の結び目の上に書き入れる内容のこと。結婚内祝の場合は「内祝」か、または「寿」と書くのが一般的です。お祝いをいただいた方にお贈りすることが多いので「御礼」でもよいように思えますが、本来の内祝いは「親しい方と慶事の喜びを分かち合う」ための贈り物ですから、お返しやお礼とは違うものなのです。

さらに、内容によって書き分けるマナーがあり、披露宴に招待しない方からのお祝いに対するお返しには「内祝」、結婚式の引出物には「寿」と書くのが一般的とされています。
書く際は毛筆や筆ペンを用いるのが基本ですが、大切なのは、濃い黒の墨で書くことです。薄墨は不祝儀の時に使われる色なので気をつけましょう。

名入れは「新姓」または「新郎新婦の姓名」

水引の結び目の下には、「結婚後の新姓」か「新姓の下に2人の名前を並べて」書き入れます。新郎新婦を紹介する意味では「名前を並べて書く」のが好ましいようですが、結婚を「家同士の結びつき」と考え、「新姓」を優先する家もありますから、両親などに相談してみるとよいでしょう。

連名で書く場合は、新郎の姓名を中央に書き、その左隣に新婦の名前のみを書きます。特に最近では、夫婦の名前のみを並べた書き方が一般的です。バランスよく見えるよう新姓を水引の結び目の真下に書き、その下に夫婦の名前を並べて書くこともあります。

職場であっても「のしに旧姓」は避けたい

最近特に、結婚後も職場や取引先に対しては旧姓で通す方が増えているようです。では、職場の方へ内祝いを贈る場合はのしにも旧姓を書き込む方がいいかというと、少々事情が違ってきます。

そもそも、結婚後に名乗る旧姓は、本名ではなく「通称」です。ビジネスでは、名前が変わることで仕事上の不都合が起きやすいこともあって、通称である旧姓の使用が認められることもあります。ただし、職場によっては本名を重視し、新姓への変更を求められることも少なくないようです。

これらの点を踏まえると、やはりのしには「本名」を書くのが原則といえるでしょう。配送する場合など「誰だかわからなくなる」可能性があるときには、メッセージカードに旧姓を書き添えるなどしてフォローしておきましょう。

結婚内祝いに適したのしの掛け方

のしには、内のしと外のしがあります。内のしとは、贈り物に直接のし紙をかけ、その上から包装紙などで包むことです。一方、外のしは包装紙のさらに上からのし紙をかけることを指します。

のしの掛け方は、贈り物の用途に応じて選ぶのではなく、贈り物の渡し方に応じて選びます。

内のしの場合

包装紙をあけるまで内祝いであることがわからないのが、内のしの特徴です。そのため、先様に対して控えめに贈りたい場合や、配送で贈る場合は内のしを選ぶのがよいでしょう。包装紙から個人情報を確認されたり、輸送中にのし紙が破れたりするリスクを防げます。

外のしの場合

逆に、内祝いであることをはっきりと伝えたいのであれば、外のしにするのが良いでしょう。特に、相手へ直接手渡しする場合は一目で内祝いであることがわかるように、外のしを用いるのが一般的です。

連名でお祝いをいただいた場合

複数の方から連名でお祝いをいただくと、一人あたりのお返しが少額となることがあります。また、小分けにしたお返しにのしを掛けるのも難しいでしょう。

その場合、個包装のお菓子の詰め合わせを選び、箱にのしを掛けて贈るのがよいでしょう。また、個別にメッセージカードを添えたりして感謝の言葉を伝えられるとよいですね。

職場によっては結婚内祝いの渡し方にルールがあることもありますので、事前に職場の人に確認をしておくと安心です。

配送する場合はお礼状を添える心遣いを

結婚内祝いは、先様に直接渡すのが望ましいとされていますが、予定が合わなかったり、昨今の情勢を考え対面で渡すことを不安に感じる方もいらっしゃるでしょう。その場合、配送で渡す選択をしても失礼にはあたりません。

その際は、品物だけを配送するのではなく、感謝の気持ちを記したお礼状を添えるようにしましょう。また、先様の都合を考慮し、配送の旨を事前に連絡しておきましょう。

お礼状には、次の内容を記載します。

  • お礼の言葉
  • 新しい生活への抱負
  • 結婚祝いとして品物をいただいている場合は、活用の様子
  • 今後の交流をお願いする挨拶
  • 新郎新婦の名前(旧姓も添える)
  • 新居の住所や連絡先

このほか、お祝いごとにふさわしくない言葉を用いる「忌み言葉」や同じ言葉を重ねて用いる「重ね言葉」、文章を区切ってしまう「句読点」を使うのは避けましょう。また、はがきは略式の書状ですので「手書きの封書」を用いるのが最適です。

これらの要素に考慮しつつ、自分たちらしく感謝の気持ちを伝えるお礼状を書きましょう。

 

文例

この度は私達の結婚についてお祝いを頂き 誠にありがとうございました
先日いただいたマグカップは はやくも休日のティータイムに活躍しております
これからもふたりで協力しながら 温かい家庭を築いてまいります
今後も変わらぬお付き合いをいただけますよう どうぞよろしくお願いいたします

山田 一郎
花子(旧姓:佐藤)

〒103-0027
東京都中央区日本橋3-13-6
03-3246-○○○○

直接会えなくても、心のこもったお礼状で気持ちをじゅうぶん伝えることができますよ!

結婚内祝いに絶対喜ばれるギフトを選ぶなら

好みがわからない、どんなものを贈ったらいいか迷う…そんな時には挙式をされた5組に1組のカップルが選ぶブライダルシーンの定番「カタログギフト」がおすすめです。

カタログギフトは、贈られた側が自由に商品を選択できるということから近年とても人気が出ています。リンベルのカタログギフトは、結婚内祝いに最適な商品を厳選しています。どんな方にも喜んでいただける豊富なラインナップが魅力です。

結婚内祝いの人気ランキング

対象商品(結婚内祝い)

※過去30日間における結婚内祝い関連商品のリンベル公式サイトにおける実績になります。

1

価格:12,045円
(税抜価格:10,950円)

シリウス&ビーナスコース+e-Gift(結婚引出物・結婚内祝い)

シリウス&ビーナスコース+e-Gift(結婚引出物・結婚内祝い)

詳しくはこちら

2

価格:4,895円
(税抜価格:4,450円)

オリオン&ダイアナコース+e-Gift(結婚引出物・結婚内祝い)

オリオン&ダイアナコース+e-Gift(結婚引出物・結婚内祝い)

詳しくはこちら

3

価格:23,045円
(税抜価格:20,950円)

ギャラクシー&アポロコース

ギャラクシー&アポロコース

詳しくはこちら

4

価格:3,080円
(税抜価格:2,800円)

ウェインコース (結婚引出物・結婚内祝い)

ウェインコース (結婚引出物・結婚内祝い)

詳しくはこちら

5

価格:17,545円
(税抜価格:15,950円)

ネプチューン&トリトンコース

ネプチューン&トリトンコース

詳しくはこちら

ページのTop(一番上)へ
お中元 お中元