お返しや内祝いに悩まないために「半返し」の相場感やマナー、ポイントを押さえよう!

お相手が気持ちを込めて用意してくださった贈り物やお金。感謝の気持ちをきちんと伝えるためにも喜んでもらえるお返しやお礼を用意したいですよね。さっそく、お返しのマナーとポイントを見てみましょう。

1客だけのティーセットが入った「内祝い」の箱を目の前に、「お祝い」の熨斗がついたペアの同じティーセットを思い浮かべ「半返しってこと?」とあっけにとられている人

お返しが必要な贈り物・いらない贈り物

基本的に「いただきっぱなし」ということはない

贈り物やお金をいただいたら、基本的には必ずお返しか、お返しに相当する贈り物・気遣いをするものと心得ておきましょう。よくあるものですと、下記のような名目が一般的です。

内祝い

【いただいた名目】結婚祝い(式を挙げない・招待しない場合)、出産祝い、入園・入学・進学祝い、新築祝い、病気・ケガのお見舞い(退院・完治した場合)など

入学・進学内祝い向けギフトページを見る

新築・引越し内祝い向け
ギフトページを見る

快気祝い向けギフトページを見る

御礼

【いただいた名目】病気・ケガのお見舞い(亡くなった場合)、目上の方にお世話になった場合、時期を外れたお返しなど

香典返し・返礼

【いただいた名目】御香典・御玉串料・お花料など

法要・香典返し向けギフトページを見る

お中元・お歳暮

【いただいた名目】お中元・お歳暮

お中元・お歳暮は時期を外れた場合「暑中・残暑見舞(暑中・残暑御伺)」「寒中見舞(寒中御伺)」として贈ります。また、お年賀やお土産など直接お持ちいただいた贈り物へのお返しには、食事でおもてなしをするか、次にこちらから訪問する際お土産を持参するとよいでしょう。

お中元向けギフトページを見る

お歳暮向けギフトページを見る

名目で「お返し」と明言することはない

一般的には「お返し」と言われるものでも、上記の通り名目で「お返し」と明言されることはまずありません。「お返し」は分かりやすい言い方ではありますが、一方で、感謝の気持ちもなく「もらったから返す」かのようにも聞こえかねないもの。贈るお相手に対しては特に、使わないように気をつけたいところです。

お返しが必要ないお祝い

一方で、お返しが必要ないお祝いもあります。子どもの成長に関するお祝い、とくに初節句、七五三、卒業式や成人式がこれに相当します。

子どもには収入がないため、自分でお返しを贈ることができないという考えに基づくものですが、もともとこれらの行事は子どもの成長を身内でお祝いするものなので、お返しは必要ないという考え方となります。

基本は「1カ月以内に半返し」、でもケースバイケースで

金額も大事だけれど「贈るタイミング」はもっと大事

「お返し」にあたっては、贈る内容にもまして「感謝の気持ちを示す」ことが重要です。忘れた頃に届くようでは「こちらの贈り物やお金を喜んでいないのでは」と余計な心配をかけてしまいます。目安として、贈り物やお金をいただいたら1カ月以内にお返しをお贈りするようにしましょう。

逆に、あまりに早くお返しが届くのも「贈り物やお金を今か今かと待ち構えていたのでは」という印象になりかねません。まずは電話などでお礼の連絡を差し上げ、お返しは1週間後にするなど、タイミングを見計らって用意するようにしましょう。

ただし、贈る時期が限られるお中元やお歳暮はこの限りではありません。そもそも「お返し」ではないものですから、早めに用意するのがおすすめです。

「必ず半返し」ではなく事情に合わせて

贈り物やお金をいただいた場合のお返しは「いただいた金品の半額程度になる品物で」というのが基本的な考え方ではあります。

とはいえ、親しい方からであれば特に「物入りな時だから役立ててほしい」、「贈り物よりも会いに来て元気な顔を見せてほしい」といったお気持ちがあるもの。「お返しにこんなにお金をかけて大丈夫?」と心配をかけるのもまたお相手のためになりません。少し控えめの金額でもお相手に合ったものを選んだり、会食の機会を設けたりという形にしてもよいでしょう。

お返しにはのしを忘れずに

大切な贈り物にはのしを掛ける

お返しを贈る際は、のしを掛けるのがマナーです。

のしとは、昔の日本で贈呈品に添えていた薄く伸ばして干したアワビのことです。これを「のしあわび」と呼び、包装紙の右上に添えることで「生ものを添えました」という意味をもっていました。贈り物を神仏へのお供物として捉えていた日本人特有の思想が原点となっていると言われており、だからこそ大切な贈り物にはのしを掛けるのが望ましいといえます。

贈り物の目的に合わせたのしを掛ける

のしには必ず水引をつけますが、水引の結び方には大きく分けてふたつの種類があります。「結び切り」と「蝶結び」です。

「結び切り」は、一度結ぶと簡単にほどくことができない結び方であるため、一度きりであってほしいお祝い事(結婚やお見舞い、快気祝いに関するもの)に用います。また、弔事に関する贈り物もこれに相当します。

一方の「蝶結び」は、何度でも結び直すことができるため、同じように繰り返してもおめでたい祝い事へのお返しに用います。出産、進学、お中元やお歳暮などがこれに当たります。

他にも「表書き」(のしの上段に明記する贈り物の目的)があることで、その贈り物がどういう内容のものかが判別できるようになります。相手の負担を減らすという意味でも、お返しにはのしを掛けることが望ましいといえます。

結婚祝いの半返しに関するマナー

目下の人からお祝いをいただいた場合

年下の人や職場の後輩など、目下の人からお祝いをいただいた場合は、半返しではなく受け取った金額と同程度のお返しをするのが一般的なマナーとなります。8~10割程度がお返しの相場となるので、1万円のお祝いをいただいたのであれば8000~1万円程度のお返しを用意しましょう。なお、お祝い以上の金額の品物を贈ると相手を恐縮させてしまうことがあるので注意が必要です。

10,000円以下の結婚内祝い向けギフト

【10,000円以下の結婚内祝い向け
ギフト】をもっと見る

高額なお祝いをいただいた場合

高額なお祝いをいただいたときは、まず親族や会社の先輩などにどうすればよいのか相談してみるとよいでしょう。親族同士であればお返しは不要、出身地の特産品を贈るなど、独自のルールを教えてもらえる場合があります。ルールがなかったとしても、通常通りの半返しをするとかえって失礼にあたり、相手の気分を損ねてしまう恐れがあります。高額なお祝いへのお返しは3分の1程度の金額にとどめ、併せてしっかりと感謝の気持ちを伝えましょう。品物にお礼を綴った手紙を添える、品物を持参してあいさつに伺うといったように、誠意を見せることが大切です。

高額お祝いへのお返し向け、高級カタログギフト

連名でいただいた場合

友人や職場の同僚などから連名でお祝いをいただいたときは、受け取った金額を人数で割り、1人ひとりに個別で半額程度のお返しを用意するのがマナーとなります。ただし、金額が少ないときや「職場一同」のような大人数の連名のときは、1人あたりの金額が少なくなりがちです。そのようなケースでは、全員で分けられるお菓子などのギフトを代表者に渡すのもよいでしょう。

結婚内祝いにおすすめのグルメギフト

【グルメギフト】をもっと見る

結婚内祝いに迷ったらまずはこれ

結婚内祝いの特集ページはこちら

出産祝いのお返し(内祝い)に関するマナー

出産内祝いの金額の相場

出産内祝いの金額は、いただいたお祝いの半額、あるいは3分の1が基本的な相場となります。親戚や両親から高額のお祝いを頂いた場合は、無理をして半返しにこだわる必要はありません。その代わりに、赤ちゃんの写真を添えるなどして感謝の気持ちをしっかりと伝えましょう。目上の人からのお祝いについても3分の1程度のお返しで問題ありませんが、露骨に金額がわかるような商品券などは避けるのが無難です。

現金でもらった場合

出産祝いを現金でいただいたときにお返しも現金で用意するのは良いマナーではありません。商品券やギフトカードでのお返しであれば悪くはありませんが、はっきりと金額がわかってしまうのでやはり避けるべきでしょう。おすすめは、さまざまなラインナップの中から好きなものを選んでもらえるカタログギフトです。

出産内祝いに人気のカタログギフト

【出産内祝い向けカタログギフト】
をもっと見る

タイミングは「命名披露宮参り」が終わったら速やかに

出産祝いのお返しは、生後1カ月頃のお宮参りを無事に済ませた後で、報告も兼ねて贈るのが一般的です。忙しくてなかなか準備ができない場合でも、遅くとも生後2カ月頃までには届けるようにしましょう。

出産祝いのお返しにおすすめの品物

出産祝いのお返しにおすすめの品物としては、まず誰にでも喜ばれるタオルや石鹸などの日用品が挙げられるでしょう。また、お茶やクッキーなどの日持ちする食品も特に子供がいる家庭には贈りやすく、カタログギフトも万人受けするお返しだといえます。

出産内祝いにおすすめの商品

出産内祝いに迷ったら

出産内祝いの特集ページはこちら

ページのTop(一番上)へ