内祝いの「のし」とは シーンに合わせた選び方・書き方・おすすめギフト

内祝いの「のし」とは?シーンに合わせた「のし」の選び方・書き方

そもそも内祝いとは?

内祝いの「のし」とは?シーンに合わせた「のし」の選び方・書き方

「内祝い」とは「身内のお祝い」という意味に由来する言葉で、「身内におめでたいことや喜ばしいことがあったので、その喜び・幸せをお祝い品という形でお裾分けする」という習慣を指していました。ですので、お祝いをいただいたかどうかに関わらず、品物を贈ったり宴席に招待するというのが本来の内祝いのあり方だったようです。

ところが、現代の内祝い事情は少し異なっています。おめでたいことがあると「お祝い」をいただき、そのお返しとして「内祝い」を贈る、という「お返し」という意味合いでのイメージが定着しており、自主的に贈るというケースはずいぶん少なくなったようです。とはいえ、地域の習わしにより異なることもありますので、お住まいの場所や地元の方に確認するのがよいでしょう。

さて、「内祝い」と混同してしまいがちなのが「お返し」です。一見するとどちらも同じもののように思われますが、決定的な違いは「お祝いをいただいた」かどうかにあります。「内祝い」がお祝いをいただかなくても感謝の気持ちで贈り物をすることであるのに対し、「お返し」はお祝いをいただいたお礼として贈り物をすることを指します。

「内祝い」と「お返し」は間違えやすいので要注意!違いをしっかり理解して感謝の気持ちを伝えましょう♪

紺野

知っておきたい、内祝いの基本マナー

内祝いは、他の贈り物よりも一際「感謝の気持ち」を込めて贈るものです。だからこそ、マナーをきっちりおさえておく必要があります。マナーを欠いた贈り物は、せっかくの感謝の気持ちが伝わらないというだけでなく、相手の方の「お祝い」の気持ちを損ねてしまうことにもなりかねません。マナーをしっかり守り、気持ちよく内祝いを贈れるようになりましょう。

ここでは、内祝いを贈る際に基本となるポイントをご紹介します。

内祝いを贈る時期

内祝いは、いつまでに贈ればよいのでしょうか?まず、お祝いをいただいてから3日以内に電話や手紙でお礼を伝えます。感謝の気持ちをスピーディーに伝えておくことが大切です。その上で、内祝いを贈るようにします。贈る時期は、1ヶ月以内を目安に考えましょう。

とはいえ、お祝いや内祝いに関するやりとりは、何かと慌ただしくなりがちです。万が一、1ヶ月を過ぎてしまった場合は、必ずお詫びの言葉を載せたお礼状と一緒に品物を贈るようにしましょう。きちんとした言葉で相手に伝えようとする姿勢が大切です。

内祝いの相場

内祝いの相場の目安は、「半返し〜1/3返し」と言われています。どちらを選ぶか悩ましいところですが、お祝い事の主役はあくまで自分であることを考えた場合、あまり高価な内祝いを贈ってしまうとかえって相手に気を遣わせてしまいます。慶事ということを考えて「1/3返し」を選ぶ方が多いようです。

また、身内からのお祝いの相場は総じて高い傾向にありますが、その場合は内祝いの金額も比例して高くなってしまいます。身内への内祝いは、品物そのものというよりも、心のこもった感謝の気持ちが何より嬉しいもの。相場にとらわれることなく内祝いを選びましょう。

内祝いの贈り方

内祝いを贈る方法は、手渡しが基本とされています。しかし、忙しい合間をぬって訪問の予定を立てたり、対面そのものが難しい最近の事情を考えると、「配送」を選ぶ方がほとんではないかと思われます。お渡しするお相手の事情もありますので、都合に合わせてどちらを選んでも問題はないでしょう。

特に「配送」で内祝いを贈る場合は、メッセージカードを添えるように心がけましょう。直接会うことができない分、心のこもったメッセージが何よりの気遣いになるでしょう。

メッセージカードには、感謝の気持ちの他、どんなお祝い事に対して贈る内祝いなのかをしっかりと書き添えるようにしましょう!

近山

のし(熨斗)とは?

昔は、薄く伸ばして干したアワビを「のしあわび」と呼んで贈呈品に添えていました。これが「のし」の原型です。のしは生ものを象徴しており、包装紙の右肩に貼ることで「生ものを添えました」という意味を成しますが、これには贈り物を神仏へのお供物として捉えていた日本人特有の思想が原点となっていると考えられています。そのため贈り物自体が生もの(生鮮食品など)である場合や、生ものを供えてはいけない仏前への供物にはのしは不要です。

のしとセットで考えなければいけないのが「水引」です。水引とは、贈呈品の包み紙を結ぶ紐のことで、目的・用途に応じて本数や色、結び方が異なります。本来は「のしあわび」と「水引」が揃って印刷されているものを「のし紙」と呼称しますが、最近は省略という形で「のし」と呼ばれることが多いようです。

内のし、外のしの違い

包装紙の内側にのしを掛けて外から見えないようにしたものを「内のし」、外側にのしを掛けることを「外のし」と言います。

かつては、贈答品を風呂敷に包んで先様宅へ持参するのが一般的でしたが、現在は宅配で贈ることがほとんどでしょう。そこで、風呂敷の代わりに包装紙が用いられるようになります。慶事の際は、それに加えてのしを掛けるのがお祝いや感謝の気持ちを表すことにつながり、とても大切なことであると考えられています。
内のしと外のしに厳密な使い分けはありませんが、内祝いの本来の意味は「自分にお祝い事があったのでお裾分けします」というものであるため、控えめな表現である「内のし」がふさわしいとされます。

のしの種類「結び切り」と「蝶結び」

慶事のしの結び方には、大きく分けてふたつの種類があります。「結び切り」と「蝶結び」です。
「結び切り」は、一度結ぶと簡単にほどくことができない結び方です。そのため、一度きりであってほしいお祝い事や内祝いに用います。結婚やお見舞い、快気祝いに関する贈り物には「結び切り」ののしを選びましょう。
一方「蝶結び」は、何度でも結び直すことができるため、同じように繰り返してもおめでたい祝い事や内祝いで用います。出産、進学、お中元やお歳暮などがこれに当たります。「花結び」とも呼ばれる華やかな結び方です。

水引の結び方の選択を間違えてしまうと、相手に対して失礼になってしまいます!
お渡しする前に、しっかり確認をするようにしましょう!

沖口

【シーン別】正しい「のし」の選び方・書き方

のしには、包み方や水引の結び方だけでなく、他にもさまざまなマナーが存在します。何に対する内祝いかによって選ぶべき内容が異なりますので、それぞれの基本を押さえておけば安心です。

ここでは「結婚内祝い」「出産内祝い」「新築内祝い」「快気内祝い」の4種類の内祝いののしについてご紹介します。

結婚内祝いの「のし」

結婚内祝いの「のし」

結婚内祝いにかけるのしの水引の色は、慶事であるため「紅白」もしくは「金銀」を選びます。本数は「10本」を選びますが、これは水引に用いられる最も多い本数で「両人と両家が互いに手を結び合う」さまをかたどっていることから婚礼関係に用いられるものです。結婚は一度きりのお祝い事であることがのぞまれるため、「結び切り」のものを選びます。

贈り物の目的をのしの上段に書くことを「表書き」といい、のしの上段を「のし上」と言います。結婚内祝いののし上に書く表書きは「寿」または「内祝」と書くのが一般的ですが、結婚式当日に引き出物として贈る場は「寿」、後日送る結婚内祝いの場合は「内祝」と区別することが多いようです。送りがなは用いません。

のしの下段を「のし下」と言い、のし下には贈り主の名前を書きます。筆記具は毛筆、筆ペン、サインペンのいずれでも問題はありませんが、楷書でハッキリと、濃い黒の墨やインクで書くのがマナーです。薄墨は不祝儀のときに用いるものですので、気をつけましょう。

結婚内祝いのおすすめギフト

結婚内祝いで人気のある商品はこちら♪

里山

出産内祝いの「のし」

出産内祝いの「のし」

出産内祝いにかけるのしの水引の色は紅白本数は「5本」が一般的ですが、より丁寧に対応したいというときには「7本」を選びます。何度あっても良いお祝いですので「蝶結び」を選びましょう。表書きは「出産内祝」または「内祝」とするのが一般的です。

出産内祝いののし下は通常とは異なり、基本的に赤ちゃんの名前を書きます。これは、赤ちゃんからお祝いをいただいた方々へ感謝の気持ちを伝える初めての贈り物という意味があるのと同時に、「赤ちゃんの名前をお披露目します」という意味が込められているからです。赤ちゃんの名前が読みにくい場合は、ふりがなをつけましょう。

出産内祝いのおすすめギフト

出産内祝いで人気のある商品はこちら♪

岩井

新築・引っ越し内祝いの「のし」

新築・引っ越し内祝いの「のし」

新築内祝いにかけるのしの水引の色は「紅白」もしくは「金銀」、本数は「5本」もしくは「7本」が一般的です。結び方は「蝶結び」を選びます。

表書きは「新築内祝」「内祝」「御礼」のいずれかとします。のし下には「贈り主の名前」「世帯主の氏名」「一家の苗字」のいずれかを書くのがマナーです。

新築・引っ越し内祝いのおすすめギフト

新築・引っ越し内祝いで人気のある商品はこちら♪

沖口

快気内祝いの「のし」

快気内祝いの「のし」

快気内祝いにかけるのしの水引の色は「紅白」、本数は「5本」が一般的です。病気や怪我に関する事がらであり、繰り返しを避けたいため、結び方は「結び切り」を選びます。
表書きは「快気祝」か「快気内祝い」のいずれかとします。のし下には、体調を崩していた本人の苗字を書きますが、名前を含めた姓名で書いても誤りではありません。

快気内祝いのおすすめギフト

快気内祝いで人気のある商品はこちら♪

近山

まとめ

ここまでさまざまな種類の「内祝い」についてご紹介しました。「お祝い事」とひとくちに言っても、相手に対してのものだけでなく、自分が主役である場合もあります。どのような形であれ、自分の幸せをお祝いしてくれる方には感謝の気持ちを伝えたいもの。そのためには、しっかりとマナーを守り、シチュエーションにふさわしい包装形態を選ぶことが大切です。おすすめのギフトと合わせて参考にしてみてください。

内祝いの贈り先の住所がわからないという方は、リンベルの「あとらくギフト」をご利用ください。「住所がわからない方から出産祝いをいただいてしまった」「新築祝いをいただいた方とは、SNSでのつながりはあるけれど住所がわからない」など、贈り物をする時ほど予期せぬトラブルが発生するものです。とはいえ、せっかく感謝の気持ちを伝えるのに、贈り先の住所がわからなかったために内祝いを贈るのが遅れてしまったというケースは避けたいものです。

「あとらくギフト」とは、ギフトを購入してから住所を入力する注文方法です。ご自身で購入したギフトに対し、家族に住所を入力してもらうことも可能ですので、ついつい後回しにしてしまいがちな手間を軽くしてくれるおすすめのサービスです。

また、商品の実物は直営店でもご覧いただけます。
内祝いについてお悩みの方は専門コンシェルジュが接客しますので、お近くにお住まいの方はどうぞご来店ください。

HINKA RINKA 店舗情報