法事 引出物

いただいた「お供え」のお礼にあたる法事の引出物。何を贈ったら喜ばれる?相場は?どんなのしや水引を選んだらいい?感謝の気持ちを伝えるための法事の引出物で、マナーやトレンドのポイントをしっかりおさえておけば、ギフト選びはとても楽しくなります。ギフトコンシェルジュは、法事の引出物に関するさまざまなお悩みを解決するお役立ち情報をわかりやすく解説します。

イラスト:テーブルに向かい合う母子。男の子がぼたもちを手にしながら「おそなえってたべていいの?」と聞くと、母親は「あなたが食べなさいって、ご先祖様がくれたのよ」と答える。

春のお彼岸は何をお供えするの? お供え物のマナー

春と秋、年に2回ある「お彼岸」はお墓参りやお供え物を行う、日本独自の仏教行事です。春のお彼岸でお供えをするお菓子の定番としてぼたもちが挙げられますが、他にはどのようなお菓子が喜ばれるのでしょうか。本記事では、2021年の春お彼岸の時期や、お供え物の選び方、手土産に喜ばれるお菓子をご紹介します。

イラスト:お布施と書かれたたとう包みと切手盆。「お渡しするときは、感謝の気持ちが伝わる言葉づかいで」とコンシェルジュ。

お彼岸の法要マナー お布施の表書きや渡し方

お彼岸になると墓参りをしたり法要を行ったりしますが、法要やお布施についてよく知らないという方もいらっしゃるのではないでしょうか。今回は、お彼岸の法要の内容とお布施の相場・表書き・包み方や渡し方などのマナーについて解説します。

イラスト:菊の花束を持って病室にお見舞いに来た若い男性。「お見舞いは嬉しいけど菊はお墓参り用だよ(僕まだ生きてるよ)」とベッドの上の男性に言われ、驚き焦っている。

【お彼岸の基礎知識】やってはいけないことはどんなこと?

お彼岸は法要やお墓参りをして先祖や故人の供養を行う期間です。「お彼岸に結婚式や入籍はNG」「お見舞いや引っ越しはタブー」など、聞いたことがあるかと思いますが、実際はどうなのでしょうか。お彼岸の時期にやってはいけないことについて解説します。

イラスト:法事案内を受け取った老齢の女性。「もう一年になるのねぇ。早いこと…」と涙をホロリとこぼす。

法事案内の書き方は事前に確認しておこう! 文例から正しい書き方を解説

法事を執り行うときは、親しかった間柄の方々へご案内を送るものです。では、どのような内容を、どのような順序で書けば良いのでしょうか。特に法事の際は準備することも多いためバタバタします。そこで、法事案内について文例を取り上げながら書き方を解説しますので、予備知識として確認しておきましょう。

イラスト:御布施、御車代、御膳料と書かれた3種類の封筒を指差しながら「お布施は僧侶にお渡しするものなので、不祝儀ではありません。白い封筒で、薄墨ではなく黒墨を用います。」と説明するコンシェルジュ。

「百箇日」とは? 知っておきたいマナーとお布施

故人の亡くなった日から100日経つと「百箇日」を迎えます。この百箇日について詳しくご存知でしょうか。 法事・法典に関するしきたりは、その場になって知らずに慌てる方も多くいらっしゃいます。ここでは百箇日に行う事柄やマナー、お布施などについて、相場を踏まえながら詳しく解説します。

法事ののしの種類や包装紙について説明するコンシェルジュさん

法事の引出物 お返しの品物・のし・相場のマナーとは?

法事の引出物は、法事に参列していただいた方々にお礼の気持ちを込めて渡す品物です。昔はさまざまなしきたりがあったようですが、最近は自由なお品を贈ることができるようになってきました。法事の引出物のマナーやおすすめのお品をご紹介します。

お膳+引出物が、いただくお供えと同額程度になっているイメージイラスト

一周忌に引出物やお返しは必要?

故人が亡くなって満一年の供養をする一周忌。こちらでも、法要にお供えをお持ちになる方には引出物や香典返しを用意するのが一般的なのでしょうか?一周忌のお返しのマナーをギフトコンシェルジュがご紹介します。

引出物と香典返しの違いを図解したイラスト

四十九日法要の引出物と香典返しの違いについて

四十九日法要に参列していただく方へ差し上げる「引出物」と「香典返し」は、実はまったく違うものだとご存知でしたか?また、地域や家庭によってしきたりや礼儀が異なることもあるのです。金額の目安や作法などのポイント、マナーについてご紹介します。

法事 引出物のマナー

イラスト:テーブルに向かい合う母子。男の子がぼたもちを手にしながら「おそなえってたべていいの?」と聞くと、母親は「あなたが食べなさいって、ご先祖様がくれたのよ」と答える。

春のお彼岸は何をお供えするの? お供え物のマナー

春と秋、年に2回ある「お彼岸」はお墓参りやお供え物を行う、日本独自の仏教行事です。春のお彼岸でお供えをするお菓子の定番としてぼたもちが挙げられますが、他にはどのようなお菓子が喜ばれるのでしょうか。本記事では、2021年の春お彼岸の時期や、お供え物の選び方、手土産に喜ばれるお菓子をご紹介します。

イラスト:お布施と書かれたたとう包みと切手盆。「お渡しするときは、感謝の気持ちが伝わる言葉づかいで」とコンシェルジュ。

お彼岸の法要マナー お布施の表書きや渡し方

お彼岸になると墓参りをしたり法要を行ったりしますが、法要やお布施についてよく知らないという方もいらっしゃるのではないでしょうか。今回は、お彼岸の法要の内容とお布施の相場・表書き・包み方や渡し方などのマナーについて解説します。

イラスト:菊の花束を持って病室にお見舞いに来た若い男性。「お見舞いは嬉しいけど菊はお墓参り用だよ(僕まだ生きてるよ)」とベッドの上の男性に言われ、驚き焦っている。

【お彼岸の基礎知識】やってはいけないことはどんなこと?

お彼岸は法要やお墓参りをして先祖や故人の供養を行う期間です。「お彼岸に結婚式や入籍はNG」「お見舞いや引っ越しはタブー」など、聞いたことがあるかと思いますが、実際はどうなのでしょうか。お彼岸の時期にやってはいけないことについて解説します。

イラスト:法事案内を受け取った老齢の女性。「もう一年になるのねぇ。早いこと…」と涙をホロリとこぼす。

法事案内の書き方は事前に確認しておこう! 文例から正しい書き方を解説

法事を執り行うときは、親しかった間柄の方々へご案内を送るものです。では、どのような内容を、どのような順序で書けば良いのでしょうか。特に法事の際は準備することも多いためバタバタします。そこで、法事案内について文例を取り上げながら書き方を解説しますので、予備知識として確認しておきましょう。

イラスト:御布施、御車代、御膳料と書かれた3種類の封筒を指差しながら「お布施は僧侶にお渡しするものなので、不祝儀ではありません。白い封筒で、薄墨ではなく黒墨を用います。」と説明するコンシェルジュ。

「百箇日」とは? 知っておきたいマナーとお布施

故人の亡くなった日から100日経つと「百箇日」を迎えます。この百箇日について詳しくご存知でしょうか。 法事・法典に関するしきたりは、その場になって知らずに慌てる方も多くいらっしゃいます。ここでは百箇日に行う事柄やマナー、お布施などについて、相場を踏まえながら詳しく解説します。

法事ののしの種類や包装紙について説明するコンシェルジュさん

法事の引出物 お返しの品物・のし・相場のマナーとは?

法事の引出物は、法事に参列していただいた方々にお礼の気持ちを込めて渡す品物です。昔はさまざまなしきたりがあったようですが、最近は自由なお品を贈ることができるようになってきました。法事の引出物のマナーやおすすめのお品をご紹介します。

お膳+引出物が、いただくお供えと同額程度になっているイメージイラスト

一周忌に引出物やお返しは必要?

故人が亡くなって満一年の供養をする一周忌。こちらでも、法要にお供えをお持ちになる方には引出物や香典返しを用意するのが一般的なのでしょうか?一周忌のお返しのマナーをギフトコンシェルジュがご紹介します。

引出物と香典返しの違いを図解したイラスト

四十九日法要の引出物と香典返しの違いについて

四十九日法要に参列していただく方へ差し上げる「引出物」と「香典返し」は、実はまったく違うものだとご存知でしたか?また、地域や家庭によってしきたりや礼儀が異なることもあるのです。金額の目安や作法などのポイント、マナーについてご紹介します。

ページのTop(一番上)へ