どんど焼きとは 意味や由来|知っておきたいお正月の豆知識

お正月気分が抜けてきた1月15日。この日は小正月(こしょうがつ)にあたり、各地域ではお正月にまつわるいろいろを始末する行事が行われます。縁起物を持ち寄って燃やす「どんど焼き」もそのひとつです。

イラスト:どんと焼きで子どもがお餅(まゆ玉)を焼いている様子

毎年1月15日は「どんど焼き」の日

「小正月」は、年末の準備から元旦、松の内と続いてきた正月を締めくくる一連の行事のこと。一般的な小正月の日程は、1月15日、または1月14日~16日の3日間を指します。

小正月の行事のなかでも最も知られているのが、「どんど焼き」と呼ばれる火祭りです。どんと焼きは「とんど焼き」とも、地域によっては「左義長(さぎちょう)」や「道祖神祭」「さえのかみ祭り」、「鬼火(おにび)たき」「さいと焼き」「三九郎」とも、さまざまに呼ばれています。

基本的にどんど焼きは1月15日ではありますが、平日にあたる場合は土日にずらしたり、節分の時期に催されたり、地域によってばらつきがあります。どんど焼きの主役は小中学生の子どもたちです。この日、子どもは神の使いとなり、招福や厄払いといった行事の役割を担います。

小正月とはいつ行われる行事? 由来や食べ物をご紹介

「どんど焼き」は年神様を見送る火祭り

どんど焼きとは、松の内まで飾っていた松飾りやしめ縄、お正月にしたためた書き初め、昨年に授与したお守りなどを、神社や地域の広場・畑などに持ち寄って燃やす(=お焚き上げする)、地域の行事のことです。だるまやお祝いで贈られた熨斗(のし)袋なども燃やす地域もあります。

どんど焼きには、正月飾りを目印に家にきてくださった年神様を、正月飾りを燃やした煙とともに見送るという意味もあります。お盆の「送り火」ともニュアンスが似ていますね。縁起物を燃やして、五穀豊穣、商売繁盛、家内安全、無病息災を願います。

お盆・初盆の、迎え火と送り火に関する豆知識!手順もわかりやすく解説

一説には平安時代の宮中行事で1月15日の夜に正月飾りや授与品をお焚き上げする「左義長」がどんど焼きの元であり、これが庶民にも伝わって現在のどんど焼きになったと考えられています。

今年を縁起良くはじめよう! どんど焼きの言い伝え

昔から炎は穢れ(けがれ)を清め、生命を生み出すと考えられてきました。神聖な炎で縁起物をお焚き上げするどんど焼きには、縁起の良い言い伝えが残っています。

書き初めを燃やした火が高く上がる

字が上手くなる・賢くなるといわれています。

どんと焼きの火で焼いたお餅や団子などをいただく

一年間の無病息災が叶うとされ、虫歯にならないという説も。まゆ玉や日本酒、豚汁なども振る舞われることがあります。鏡開きした餅を焼けばさらに縁起が良さそうです。

灰を持ち帰って、自宅の庭などに撒く

家内安全、家族の無病息災のご利益が授かれます。

鏡開きはいつ行う? 鏡開きの意味や由来をご紹介

どんど焼きに参加する際に注意すること

どんど焼きは火を扱うお祭りですので、参加する際にはいくつか注意点があります。まず当日着ている服には、煙のニオイがついたり、火の粉が飛んで小さな穴が開いたりします。そうなっても気にならない服装で参加しましょう。

また、消火の際には周囲が水でぬかるむため、長靴や汚れてもよい靴を履いておくことがおすすめです。お餅やまゆ玉などの食べ物が振る舞われる場合は、スス対策として手袋も用意しておきましょう。

また、持参する燃やすものは、環境に留意しましょう。特にお飾りのパーツにはビニールやプラスチックが使われていることがあります。そうした燃やすと良くない素材は、あらかじめ家で取り除いておくことが大切です。

どんど焼きに行けない! そんなときのお飾りの処分

御札や御守は依代(よりしろ)と言って、神様の依り憑く(よりつく)ものですが、しめ縄や門松は年神様が訪れるための目印(飾り物)なので、ゴミとして出しても構いません。お飾りのパーツは自治体の決まりに合わせて分別してから捨てましょう。

その際、白い紙にお飾りを乗せ、塩を振って清め、ほかのゴミとは別にして捨てると、同じ捨てるにしても気分が違っておすすめです。

ページのTop(一番上)へ