知らないと恥をかくかも!? 寒中見舞いの出し方や時期、書き方(文例)について

寒中見舞いは年賀状の代わりのように、なんとなく認識している方も最近は案外多いのではないでしょうか。ここではまず、本来の寒中見舞いの意味や、年賀状に代える場合の出し方などからみていきましょう。

寒中見舞いの時期(1月7日過ぎ~2月4日頃)、余寒見舞いの時期(2月5日頃~2月下旬)」をカレンダーを使って説明するギフトコンシェルジュ

寒中見舞いの役目は案外多い

本来は寒さが厳しい時期のお見舞い状

寒中見舞いも本来は暑中見舞いと同じで、気候が厳しい時期にお相手を気遣うためのあいさつ状です。

ただし、暦の上で一年のうち最も寒さが厳しいとされる1月から2月初旬に出すのがマナーとされていますから、実際は寒さが厳しくても、12月に寒中見舞いを出したりすることはありません。

さまざまな理由で年賀状を出せなかった相手へのあいさつにも

このように寒中見舞いが1月から2月初旬に出すものであるため、最近では、年賀状を出せなかった相手へのごあいさつに寒中見舞いを送ることが多くなっています。

例えば自分やお相手が喪中の時や、年賀状またはそのお返事が遅れてしまった時、喪中と知らずに年賀状をくださった方がいた時などには、黙ってそのままにせず寒中見舞いを出すようにしましょう。

マナーだからというだけでなく、お相手もこちらの近況がわかると安心するはずです。

寒中見舞いの出し方は?

松の内が明けてから立春までの間に出す

寒中見舞いの時期は、松の内が明ける日から立春までとされています。

2022年で松の内が明けるのは、関東地方では1月8日(土)から、それ以外の地方では1月16日(日)から、どちらも2月4日(金)までということになります。

ちなみに、寒中見舞いはお相手に届くのが1月8日・16日以降であればよいので、1月7日・15日に投函(とうかん)しても構いません。むしろ、早めにごあいさつをしておく方が、お相手にも喜ばれるでしょう。

立春を過ぎて出す場合は、“余寒見舞い”

もしも、立春を過ぎるまで寒中見舞いを出しそびれたり、立春以降にごあいさつの必要があったりする場合は、寒中見舞いではなく余寒見舞いとして出すようにします。いわゆる残暑見舞いと同じですね。

余寒見舞いは寒さが続くうちに出すといわれ、いつまでに出すものか厳密には決まっていません。

ただ、暦の上では2月下旬から3月上旬が、雪が溶け始めるとされる“雨水”にあたりますから、2月中くらいを目安に出し終えておくとよいでしょう。

寒中見舞いの書き方(文例)は?

寒中見舞いは「季節の挨拶状」なので、新年を祝う意味を持ちません。そのため、松の内に出せない場合の挨拶や、喪中の場合の挨拶にも出すことができます。

葉書は年賀はがきではなく、郵便はがきか私製はがきを使いましょう。

寒中見舞いの基本構成は、以下の3つで構成されています。

  1. 「寒中見舞い申し上げます」といった決まり文句
  2. お相手を気遣う言葉や自身の近況報告
  3. 日付

寒中見舞いには「拝啓」などの頭語や「敬具」などの結語はいりません。また、寒中見舞いでは、縁起のいいことが区切りなく続いてほしいという思いから句読点をつけずに一文字空けて読みやすくします。

くわしい書き方についてはこちらをごらんください。

【文例付き】寒中見舞いの書き方を正しく理解しよう

寒中見舞いにはどのような贈り物が最適?

寒さが最も厳しい季節だから、寒中見舞いにはいつもお世話になっている方を気遣い ホッと和らいで、喜ばれるギフトを贈りたいもの。
定番は、タオルやお肉、フルーツなどのギフトセットです。

定番のタオル

贈り物用のタオルは、とくに品質や肌触りが良いものを選ぶのがおすすめ。上質なタオルなら洗うほどふんわりとやわらかく、使うごとに幸せな感触を感じられます。デザイン性をそなえたタオルならおしゃれな先輩やご友人にも喜ばれます。

お肉や魚などのグルメ

家族や親戚が集まるこの時期なので、お肉や魚などのグルメも人気のギフトです。親しい方や家族へ、ワンランクアップの豪華な食材を。
美味しいお料理を囲んで、笑顔の時間をお届けできます。

フルーツギフトもおすすめ

また、肉や魚だけに限らずフルーツのギフトもおすすめ。見た目も鮮やかなフルーツは、普段自分では買わないような時季に合わせたこだわりの味わいを選びましょう。おめでたい1月のごちそうと合わせて楽しんでいただけるはずです。

寒中見舞いのおすすめの贈りもの

ジェラート ピケ ハンドクリームセットB レインボージェラート
ピケ ハンドクリームセットB レインボー

価格:2,530円(税抜:2,300円)

ブランドらしさの詰まったデザインのタオルセットです。日本製のすぐれた吸水性とふんわりとした肌触り。普段づかいにこそさりげないブランドアピールができる贈り物です。

カタログギフト 47CLUBリンベル 路(みち)コースカタログギフト
47CLUBリンベル 路(みち)コース

価格:5,500円(税抜:5,000円)

年末年始でおせちやお雑煮ばかりを食べていたという家庭も多いはず。47CLUBなら幅広い商品をからお好みの食品を選ぶことができるカタログギフトとなります。

カタログギフト 選べる国産和牛カタログギフト 健勝(けんしょう)カタログギフト
選べる国産和牛カタログギフト 健勝(けんしょう)

価格:5,500円(税抜:5,000円)

〈松阪牛〉〈米沢牛〉をはじめとするリンベルおすすめの名だたる銘柄牛を「すきやき」「しゃぶしゃぶ」「焼き肉」「ステーキ」といった食べ方別に掲載した国産和牛専用カタログギフト。お年賀を過ぎたあとでも喜んでいただけるギフトです。

ページのTop(一番上)へ