お歳暮はいつまでに準備する? 贈る時期やマナーについて

店頭の様子や広告などで、なんとなくお歳暮シーズンは意識していても、あらためて「いつからいつまで?」「贈り方は?」と聞かれると、よくわからないという方もいるでしょう。まずはお歳暮の由来や意味をおさえて、基本的な贈り方のマナーまでを確認しておきましょう。

イラスト:オフィスの玄関に開封せず放置されたお歳暮。箱から吹き出しが出て「このオフィス、年内は誰も出社しないらしい……どうなる、オレ…」

知って役立つお歳暮の基本

そもそもお歳暮とは?

お歳暮は年末の時期に行われるご挨拶で、年末の祭礼に食べ物を持ち寄ったのが起源とされています。

お正月のお年玉は、現在も目上の人から子どもなど目下の人へ贈るのが一般的ですが、年末のお歳暮は、本来は目下の人から目上の人へ、お世話になったお礼として贈る慣習でした。ただし、現在のお歳暮は、贈り主がへりくだる形で、特に上下の区別なくやり取りされています。

時期は11月末~12月20日頃までが多いものの、それ以外も

お歳暮の時期は諸説あるのですが、一般的には11月末ごろから、年の瀬で最も忙しい時期を迎える前の12月20日ごろまでに贈ることが多いようです。正月に役立てるための品を選び、12月中旬以降に贈るといった地方などもあります。

いずれにしろお歳暮シーズンの配送は込み合いますから、早いうちに配送事情を確認し、余裕をもって手配しておけると安心です。

年をまたいで贈ることはない

お歳暮はその年にお世話になったお礼です。したがって、年をまたいで新年にお歳暮を贈ることはありません。時期に遅れてしまった場合は、あらためて「お年賀」としましょう。また、喪中の場合は「寒中見舞い」の贈り物として用意すると良いでしょう。

覚えておきたい、お歳暮の贈り方

熨斗の水引は蝶結び、表書きは「御歳暮」「お歳暮」

お歳暮は何度繰り返しても良い贈り物ですので、熨斗の水引は結び直せる蝶結びを選びます。表書きは「御歳暮」または「お歳暮」とし、贈り主の姓を書き入れましょう。

品物選びは冬のグルメ、温まるもの、年末年始に役立つ品をポイントに

お歳暮ならではの品物選びのマナーなどは特に見られません。お贈り先のお好みや家族構成、年末年始の過ごし方などをヒントに、自由に選んでみましょう。

おすすめは、鍋料理の具材など冬ならではのグルメ食材。他にも、入浴剤など寒い時期に温まっていただけるもの、ハムやビールなど年末年始のごちそうに役立てられるもの、洗剤など大掃除に役立てられるものも良いでしょう。

品物選びに迷ったら、カタログギフトで「選ぶ楽しみ」を贈るのも◎

お相手の好みがいまひとつ分からなかったり、ご自身で選ぶ時間がとれなかったり、品物選びに迷ったらカタログギフトもおすすめです。

カタログギフトは先述したグルメをはじめとして、雑貨類も豊富に用意されています。グルメに特化したカタログギフトならば、お相手の食の好みが分からなくてもご自身で選んでいただけます。価格帯もさまざまですから、予算に合わせたカタログが見つかるでしょう。

贈り物全般のタブーについては、こちらが参考になります。
押さえておこう贈り物の「タブー」 ふさわしいプレゼントの選び方

法人へのお歳暮は仕事納め・テレワークも意識して

お取引先など法人へのお歳暮は、社内で分け合えるものや、仕事納めまでに消費できるものなど、職場の事情を考慮して選ぶようにしましょう。そもそもテレワークへの移行で社員が集まる機会がない会社では、日持ちしない品をお贈りすると持て余してしまう可能性があります。

個々人が出社したタイミングで受け取れるよう、個包装の食品やかさばらない雑貨を選ぶなど工夫したいところです。
詳しくは、下記の記事も参考にしてみてください。
法人向けのお歳暮、宛名の書き方や贈る際の注意点について

ページのTop(一番上)へ