一人暮らしの引越し祝い、迷ったときの選び方

一人暮らしを始める方へのお祝いは、どんなものを選ぶと良いのでしょうか。初めての一人暮らしならば生活雑貨はもちろん、新生活に必要な家具や家電も喜んでいただけそうです。今回は一人暮らしの引越し祝いにふさわしいギフトの選び方や贈るタイミング、金額の相場などをご紹介します。新生活を応援する気持ちを込めて引越し祝いを選んでみてください。

イラスト:まだ開けていないダンボールがいくつか残る部屋で、「さっそく役立ったよ!ありがとう」と引越し祝いのパスタを食べる女性。吹き出しにはパスタ缶セットと贈り主の笑顔

基本をおさえよう、一人暮らしの引越し祝いマナー

引越し祝いの相場、一人暮らしなら5,000〜10,000円

一人暮らしを始める方への引越し祝いの相場は、友人・職場関係なら「5,000円~1万円」、兄弟・親戚なら「1~3万円」です。だたし、お相手との関係性によっても異なりますので、目安のひとつとして参考にしてください。以前になにかお祝いをいただいたことがある場合は、その金額も踏まえて検討すると良いでしょう。

共通の友人がいるなら、お金を出し合ってひとつの引越し祝いを贈るのも良いアイデアです。一人あたりの予算と人数によっては、一人暮らしに必要な大きめの家電なども選択肢に入ってきます。ただし、大きなものを買う場合には、すでに手配済みでないか、色や形にい希望はあるかなど、お相手に確認が必須です。

引越し祝いを贈るタイミングは、引越し“後”が基本

引越し祝いを贈るのは、片付けが落ち着いてくる引越し2週間~1カ月後くらいが良いタイミング。引越し前は荷造りや旧居の掃除などで、むしろ物を増やしたくない状況ですので、特に理由がないのであれば避けたほうが無難です。

引越し祝いは新居に招かれた際に持参して渡すのが一般的ですが、一人暮らしのお家を訪ねるほど親しくなかったり、感染症流行期であったりと、ケースバイケースで考える必要があります。外で会える時に手渡しする、新居へ配送依頼をするなど、お互いに利便性の高い方法を検討してみましょう。

引越し祝いでタブーとなる品物

引越し祝いで贈ってはいけないとされているものは、火を使うものや赤いアイテムといった「火事」を連想させるものです。それとは別に、引越し先が賃貸物件、または新築の持ち家なら、柱や壁に穴を開けて設置するものは避けるべきでしょう。

くわしい基本的な引越し祝いのマナーはこちらも参考にしてください。
引越し・新築祝いの基本マナー!相場金額&のしの書き方とは

一人暮らしに「足りないもの」を聞けば外さない

一人暮らしを始めるとなれば、いろいろな方から贈り物をいただきます。他の方と被らないように、いっそお相手に欲しいもの・足りないものを聞いてしまうのも確実な方法です。特に初めての一人暮らしは足りないものが多く、贈られる数も多い傾向がありますから、他の方と被らないように気をつけましょう。

以下の記事では、お相手のタイプ別におすすめの引越し祝いをご紹介しています。

素敵な贈り物を選ぼう! おしゃれな新築祝い・引越し祝い

友人へ贈る引っ越し祝いの喜ばれるポイント、注意点とは

一人暮らしの相手に贈りたいおすすめプレゼント

家電・家具は一人暮らし向け省スペースタイプがおすすめ

近年はコンパクトな家具や家電が増えていて、小さくとも一人暮らしなら十分という「おひとり様専用品」のバリエーションが豊富です。家電・家具はお相手か手配しているかどうか確認する必要がありますが、リクエストがあるならばぜひ検討してみてください。

雑貨なら「少し高級」がポイント

タオルやキッチンアイテムなどの生活雑貨は、一人暮らしの場合は一からそろえることが多い品物。こちらも事前の確認が必要ですが、足りないものならば喜んでいただけます。

具体的にメーカーなどを指定してくださるとこちらも助かりますが、そうでなければブランドタオルや海外メーカーのおしゃれなキッチンアイテムなど、「そろえると値が張るから買うのは躊躇するけど、もらえるならうれしい」という品物が引越し祝いには適しています。

「日持ちして、すぐに食べられる」ものも好評価

一人暮らしスタート時は、荷解きや買い出しで大忙しです。空いた時間に自炊をすることもままならないかもしれません。そんな時は、焼くだけ・温めるだけのグルメ品が重宝します。

食べたい時にすぐ食べられるレトルトや保存食を選ぶなら、ブランド牛のカレーや、有名レストランのスープやパスタソースなどはいかがでしょうか。日持ちするグルメを選べば、防災食としても役立つでしょう。

生鮮食品は贈るタイミングに気をつけて

果物や精肉、鮮魚などを引越し祝いに贈る場合は、お相手が自炊するタイプか否かを知っておく必要があります。また、生鮮食品は冷蔵品として発送されますから、お相手が受け取れる日時を聞いて調整するのも忘れてはいけません。

商品券・ギフトカードはやっぱりうれしい

引越しはなにかと物入りで、必需品をそろえるだけでも相当な出費が重なります。そんな時に引越し祝いでいただく商品券やギフトカードは、さまざまな品物と交換できるため、とてもありがたいものです。

現金でも構わないというケースもありますが、商品券・ギフトカードなら「引越し祝いに現金は失礼」と考える方にも快く受けとっていただけるでしょう。

カタログギフトで「選ぶ楽しみ」をプレゼント

何を贈ればいいのか迷っているなら、お相手に「選ぶ楽しみ」を贈るというのはいかがでしょうか。キッチンやリビングのアイテムや、スイーツやご当地グルメなど、豊富な掲載商品から好きなものを選べるカタログギフトは、一人暮らしの引越し祝いに限らずさまざまなお祝いシーンで定番となっている贈り物です。商品券やギフトカードなど、金額がはっきり分かるものに抵抗がある方にもおすすめできます。

ページのTop(一番上)へ