祝い箸の意味や由来とは? 一般的な使われ方についてご紹介

近年、お祝いの席で和食以外が供されることも増え、祝い箸を目にする機会が減っているかもしれません。なぜお祝いの席では、割り箸でも一般的な箸でもない、独特な形状の祝い箸を用意するのでしょうか。

イラスト:食事中、同席の外国人に「この箸、なぜ両方細いですか?」と聞かれた若者。「両方細いのはめでたいお箸なんだよ!」と誤魔化しつつ、内心では「なんでだっけ……?」と思っている

祝い箸とは?その由来は?

柳など、白木の両側を細く削った箸

祝い箸とは、柳などの白木の両側を細く削った箸で、お正月や婚礼といったお祝い事の食事で用いられます。使い捨てられることもありますが、同じ祝い箸をある程度繰り返し使うこともあり、紙の箸袋に入っているのが一般的です。

両側が細いのはもう片方を神様が使い、共に食事をするから

祝い箸の両側が細いのは、片方を自分が使い、もう片方を神様が使って、共に食事をするという考え方に基づいています。晴れの日のお祝いの食事なので、神様にも召し上がっていただくというわけですね。

柳(家内喜)箸、俵箸などの別名も

祝い箸には柳がよく用いられ、「柳箸」という別名もあります。これは、大切なお祝いの席で箸が折れると縁起が悪いため、簡単に折れないよう丈夫な柳が選ばれたという謂れがあり、さらに縁起のいい漢字をあてて家内喜(やなぎ)とすることもあります。また、両側が細く、中央が太い姿を五穀豊穣の象徴である俵(米)に見立てた「俵箸」という別名もあります。

祝い箸の一般的な使われ方

大みそかに神棚に供え、松の内のあいだ使い続ける

お正月に使う祝い箸は、箸袋に家族それぞれの名前を入れ、大みそかに神棚に供えます。元旦にはその箸をおろしてお祝いの料理をいただいて、松の内のあいだは洗って繰り返し使い続けるとされています。

お食い初めや結納、結婚式などでも

お正月以外にも、赤ちゃんの生後百日を祝うお食い初めや、婚約を祝う結納、そして結婚式などめでたい席のお膳には祝い箸が用意されるのが一般的です。箸袋に名前を入れたり、繰り返し使ったりする習慣はありませんが、やはりきちんと折られた箸袋に入っていることが多いようです。

お食い初めのやり方、準備や順番について知っておこう

逆さ箸(返し箸)は祝い箸でもタブー

一般的な箸づかいとして、箸を逆さに持つ「逆さ箸(返し箸)」はマナー違反とされています。祝い箸は両側が細いので、一見すると逆さ箸にしても使えるように見えますが、やはり反対側を使うのはNGです。あくまで、神様のための箸先なので、料理を取り分ける際には、祝い箸とは別に取り箸を用意するようにしましょう。

ページのTop(一番上)へ