愛を深める「オレンジデー」とは? 意味や由来について

日本では、バレンタインデーは女性から男性へ、ホワイトデーは男性から女性へ贈り物をする日ですが、クリスマスのように贈り物をしあう記念日もまた絆が深まって良いものです。オレンジデーもそうした“贈りあう”記念日となっています。

イラスト:恋人にミニブーケを差し出す男性。「オレンジデー!初めて祝ってもらった!!」とうれしそうな恋人

4月14日の「オレンジデー」とは?

バレンタインデーとホワイトデーで結ばれた2人が愛を深める日

日本のオレンジデーは4月14日。これは、2月14日のバレンタインデーに愛の告白をし、3月14日のホワイトデーにその愛に応えた2人が、続く4月14日に、さらに愛を深め合うという意味が込められています。

オレンジの花言葉は「花嫁の喜び」、花と実を同時につける豊穣の象徴

では、なぜ「オレンジ」という名前がついているかというと、オレンジの花言葉が「花嫁の喜び」であることから由来しています。また、オレンジはひとつの木が花と実を同時につけることから、ヨーロッパでは愛と豊穣のシンボルとなっていることも理由のひとつです。

韓国のオレンジデーとは違う、日本独自の記念日

韓国にも「オレンジデー」がありますが、こちらは11月14日。恋人同士の記念日ではありますが、一緒にオレンジジュースを飲んだり、映画を観たりする日だとされていて、日本のオレンジデーとは趣が違うものになっています。

 

オレンジデーに贈りたい!おすすめのギフト

「オレンジや、オレンジ色のものを贈りあう」とされている

日本のオレンジデーでは、恋人同士がオレンジそのものや、オレンジ色のものを贈りあうとされています。贈り物を選びあって楽しんだり、一緒にオレンジにちなんだ飲み物やスイーツを味わったりするのも良いかもしれませんね。

女性にはブーケやアクセサリー、バッグなどを

女性に贈りたいオレンジ色のギフトのひとつが、オレンジ色のブーケ。顔映りが良く写真にもきれいに写りますので、ぜひ記念撮影してみましょう。明るいオレンジ色はコーディネートの差し色になります。ピアスやペンダント、ブレスレットといったアクセサリーや、小さめのバッグなどもおすすめです。

男性にはスニーカーやキャップ、レザーアイテムを

男性にとって明るいオレンジは、作業服風になりがちで着こなしが難しい色のひとつ。そこで、こちらも差し色として使えるスニーカーやキャップ、ヒップポーチなどの小物類がおすすめです。大人の男性なら、鮮やかなオレンジ色のシンプルなレザーアイテムなども良いでしょう。

この記事に関係する商品
ページのTop(一番上)へ