多すぎて選べない? カタログギフトのお得な商品の選び方

掲載されているものから好きな品を選べるカタログギフトは、贈る側・もらう側どちらにとっても利便性や満足度の高いギフトです。しかし、いざ選ぼうと冊子を眺めてみても、品揃えが豊富で選びきれないという声も聞かれます。そこで今回は、カタログギフトのお得な選び方のポイントを5つご紹介。迷ったときの参考にしてみてください。

イラスト:リラックスする時間に、カタログギフトをめくる人(カタログには付箋がたくさんついている)。「たくさんの品物を眺めるのもカタログギフトの醍醐味です」とコンシェルジュ

カタログギフトは、だいたい同じ「定価」でそろえている

カタログギフトに載るたくさんの品物を見て、せっかくだからお得なものを選びたい……と思われる方は多いようです。

しかし、実はカタログギフトにまとめられた品々は、どれも定価はほぼ同じ。ほかよりもはっきりと高い・安いものが隠れているということは、まずないと考えてよいでしょう。

とはいえ定価が同じでも、「欲しい」「欲しくない」の気持ちを含めれば、その価値は変わってきます。カタログギフトならではの“選ぶ楽しさ”を堪能しつつ、ここでご紹介する選び方のポイントを踏まえて選んでみてください。

カタログギフトの醍醐味、まずはひと通り読んでみよう

カタログギフトを受け取ったら、まずはどんな品物があるかざっと目を通しましょう。もともと欲しかったものはもちろん、見ているうちに欲しくなったものも含めて、付せん等で目印を付けておくとよいですね。高そうなものより、欲しいものから選ぶほうが納得感を得やすいです。

ひと通り読んだら、付せんなど目印を付けた「欲しいもの」のなかから、さらに吟味を重ねていきます。この後ご紹介する「お得な選び方(1)〜(5)」を踏まえながら、付せんが最後の1つになるまで厳選していきましょう。

お得な選び方(1) 価格で表せない「体験」が得られる食事券・宿泊券

カタログギフトのなかには食事券・宿泊券といった、品物ではなくお出かけして楽しむ「体験型」タイプがあります。これは普段行かないホテルの食事だったり、初めての土地での滞在だったり、金額では表せない経験が手に入るのでおすすめです。

しかし「体験型」はその場所へ赴く必要があるため、チケットに食費や交通費などがコースに含まれていない場合にはこちらが用意する必要があります。また、土日祝日の利用が可能なのか、営業時間内に時間を作れるかなど、スケジュールもご自身で検討が必要です。これらの条件が合うのであれば、思い出づくりにぜひ選んでみてください。

お得な選び方(2)自分では買わない「いつもより少し上等なもの」

高級グルメはカタログギフトのなかでもやはり人気の商品。自分では買わないブランド牛やブランド米、高級食材を使ったレトルトや缶詰など、選択肢の幅が広いのも魅力です。気になるグルメを見つけたら、ぜひ付せんをつけましょう。

一部のグルメ品は要冷蔵・要冷凍のものがあります。これらは受け取りのタイミングで自宅にいなくてはいけないので、配送時間の都合をつけておきましょう。冷蔵庫の空き具合も要確認です。

高級レトルト食品や缶詰は、保存食として保管でき、また、時間のない日に手軽においしいものが食べられるありがたいアイテムです。

お得な選び方(3)「試してみたかった」を叶えるチャンスに

ホテルや百貨店のデパ地下で販売されているスイーツも、カタログギフトに掲載されていることがあります。人気で売り切れていたり、店舗までが遠かったりして入手できない経験があるならなおさら見逃せませんね。

また、有名店のスイーツは、普段なかなか値引きされていない品なので、金額的にもお得感があります。

お得な選び方(4)買い替えを検討している雑貨・日用品も狙い目

食器類やタオルなど、そろそろ買い替え時と思っている雑貨・日用品はありませんか。家のなかを見回して確認してみましょう。

カタログギフトは雑貨や日用品も豊富にラインナップされていて、ブランド雑貨やタオル、著名デザイナーの手によるカトラリーなどもあります。買い替えタイミングと重なれば、入手のチャンスです。

お得な選び方(5)安売りで見かけるアイテムは、見送りも考慮に

「カタログギフトに掲載されている品は、定価がだいたい同じ」とお伝えしましたが、なかでもあまり市場で値下がりすることのないものから探すのもスマートな選び方です。

シーズンオフとなれば定価よりぐっと下がって売られる季節家電や衣類などは、安くなってからご自身で購入することも検討してみると良いでしょう。とはいえ、「あるといいな」くらいだと結局買わないこともよくありますので、カタログギフトで入手できるならお得、という考え方もできます。

ページのTop(一番上)へ