お中元を持参、いつ渡す? 正しい手渡し方やマナーを解説

最近では、直接訪問してお中元をお渡しする方法から配送する方法に切り替えている方が増えているようです。そのためいざ贈る側になって、いつどうやって渡せば良いかわからないという方も多いのではないでしょうか。相手を気遣う気持ちがあれば難しいことではありません。ぜひこの機会に手渡し方やマナーについてチェックしておきましょう。

イラスト:デパートのお中元催事場で、店員に「お渡し用の紙袋もお入れしておきますね」と声をかけられる若手サラリーマン。内心「お渡し用ってなに?」と焦っている

お中元を渡すタイミング、渡し方とは?

訪問時期は「7月1~15日頃」(東日本)、「8月1~15日頃」(西日本)

お中元をお贈りする時期は、東日本だと7月前半、西日本だと8月前半が目安です。遠隔地同士のやり取りも増えているため、配送する場合は7月前半に送られる場合多いようです。相手の自宅や会社へ訪問する場合は先方の地域に合わせると良いでしょう。

手渡しするのは「あいさつの後、椅子や座布団につく前」

お中元は玄関先ではなく、部屋に通され、最初のあいさつを済ませた後にお渡しします。椅子や座布団に座る前に済ませましょう。紙袋や風呂敷から取り出し、相手が熨斗を読める方向へ向け、両手でお渡しするのがポイントです。

例外として、冷凍商品や生ものなどすぐに包みを解いた方が良いものは、その旨をお伝えしながら玄関先で渡しても構いません。

あいさつは中身によってアレンジすると◎

お中元に特有のあいさつ言葉は特にありませんが、相手の好物であれば「お好きと伺いましたので」、暑い時期や冷やして飲食するものなら「少しでも涼んでいただければと思いまして」など、中身によってアレンジすると、相手を思う気持ちがより伝わります。無難な例では、「心ばかりですが」「皆さんでどうぞ」「評判の味と聞きまして」などのあいさつ言葉があります。

お中元の熨斗や包装はどうする?

熨斗(のし)は「紅白の蝶結び」、表書きは「御中元」で

お中元の熨斗にかける水引は紅白の蝶結びのものを用います。表書きは「御中元」としますが、先述の時期から遅れてお贈りする場合は「暑中御見舞」「残暑御見舞」などとすると良いでしょう。

内のし・外のしは好みでOK

贈答品の包み方には、直接のしをかけて包装紙で包む「内のし」、包装紙の上からのしをかける「外のし」の2通りあります。

どちらが良いかという決まりはありませんが、熨斗が破けてしまうのが心配ならば内のしがおすすめです。同じ理由から、配送で贈る際にも、途中でのし紙が傷つかないように内のしが好まれます。

知っていますか?「内のし」と「外のし」の違い

紙袋と風呂敷なら、風呂敷がより丁寧な印象に

お中元は、紙袋に入れて持参してももちろん構いません。ただ、より丁寧な贈り物にしたいのであれば、風呂敷に包んで持参するのもおすすめです。風呂敷での包み方については、下記の記事も参考にしてみてください。

風呂敷包みの渡し方って知ってる? おしゃれな包み方や選び方もチェック

「お渡し用の紙袋」を上手に使おう

紙袋で持参する場合、うっかり袋の端を破いてしまったり、暑い時期なので持ち運ぶうちに持ち手が汗でふやけてしまったりということも考えられます。

購入する際に、お渡し用の紙袋を勧められたらぜひもらっておいて、訪問先に着く直前に新品の紙袋と取り替える方法がおすすめです。さりげない気遣いで、より相手に気持ち良く受け取ってもらえるでしょう。

ページのTop(一番上)へ