引出物に食べ物“だけ”って大丈夫なの? マナーと注意点を確認しよう

引出物に関しては「重くてかさばるほうが立派でいい」、「カタログギフトの方が持ち帰りやすく好きなものを選べていい」など、さまざまな見解があります。感謝の気持ちを込めた贈り物ですから、自分たちらしさも大事ですが、もらう方のこともよく考えて用意したいものです。

イラスト:新郎の実家は味噌の製造会社。「引出物、実家の味噌にしよう!」と提案すると、新婦が「味噌+お椀のセットにすると引き出物らしいかも」とフォローする

本当に引出物が食べ物だけでいいのか

メインの引出物は品物やカタログギフトが一般的

そもそも引出物として贈られる品の中には、引菓子や縁起物の鰹節など、食品が含まれていることが多いものです。しかし、メインになる(もっとも予算をかける)贈り物については、記念品や実用品、カタログギフトなど、食品以外を選ぶケースがほとんどでしょう。

引出物=後に残るものという考え方も根強い

それでは、引出物が食べ物だけではダメかというと、そうとも言い切れません。そもそも、カタログギフトにはグルメアイテムがたくさん載っています。
ただし、比較的高齢の方などには「(メインの)引出物=後に残るもの」という考えを持つ方も少なくありませんから、そういった方に常識を疑われてしまう可能性もあります。

決める前に自分たち以外の人の意見も聞いて

まずは家族や年長者の意見を聞こう

自分たちの結婚式ですから、引出物も自分たちらしさがあれば食品だけでOK!と考えるかもしれません。ただ、相手のことを考えて贈り物を選べるかどうかは、ゲストとの今後のお付き合いにも関わってきます。万が一「常識に欠ける」と思われてしまった場合、新郎新婦はもちろん、両家のご両親の評判にも影響しかねません。まずは親戚のことや目上のゲストのことをよく知る家族や先輩に、意見を聞いてみましょう。

引出物が長年残る家族の記念品になることも

結婚式は一生もののイベントですから、ご両親やご家族は写真や映像だけでなく、引出物も記念品として残しておきたいと考えているかもしれません。「2人の好きなようにしなさい」と言ってくれている場合でも、そもそも遠慮している可能性もありますから、慎重に考えたいところです。

ページのTop(一番上)へ