十三参りっていつ? 意味や祝い方も覚えておこう

最近は10歳のお子さんたちが半成人式(1/2成人式)を行うことも多いようですが、京都や大阪など関西地方の一部では、十三参りが古くからその役割を担ってきました。どのような行事なのか、さっそく見ていきましょう。

イラスト:十三参りの着物を着た女の子と、「13歳、早いなあ」「すっかりお姉さんになったわねえ」と、目を細める両親・祖父母

十三参り(じゅうさんまいり)とは?

旧暦3月13日前後、数え年13歳の男女が寺社へお詣りする

十三参りとは、数え年13歳の男女が虚空蔵菩薩(こくうぞうぼさつ)を本尊とする寺社へお詣りする行事です。京都や大阪などの関西地方だけでなく、関東地方の一部でも見ることができます。京都の法輪寺、大阪の大平寺、奈良の弘仁寺などがお詣り先として有名です。

本来のお詣り時期は旧暦3月13日前後とされますが、新暦3月13日前後も含めたり、3月13日~5月13日ごろ、10月~11月と比較的長期間にわたってお詣りを受け付けたりする寺社もあるようです。

厄払い、成人式、知恵を授かるなどさまざまないわれがある

十三参りには、13歳まで無事成長したことを感謝し、心身ともに大きく発達するこの時期に、立派な大人となれるよう祈念する意味合いがあります。

ほかにも、13歳の厄を払う意味合いや、生まれてからの干支が1周し、昔でいう元服の年齢になることから、人生の節目を祝う成人式のような役目もあります。

また、無限の知恵と慈悲を持つという虚空蔵菩薩を詣でることで、知恵を授かるといったいわれもあり、このことから十三参りを「知恵詣り(ちえまいり)」や「知恵もらい」と呼ぶこともあります。

十三参り独自の行事あれこれ

写経に代えて漢字一字を書いたものを奉納する

寺社によっては、写経を奉納する昔ながらの参拝方法に倣って、参拝者の好きな漢字一字(二~三字になることも)を書き、奉納するという行事があります。

女の子は初めて大人の着物を仕立て、肩上げをして着る

十三参りでは、それまで子供用に仕立てた着物を着ていた女の子が、初めて大人と同じ裁ち方の着物を仕立て、肩上げをしてその着物を着ます。七五三と同様、晴れ着姿の記念撮影も盛り上がります。

お祝いは紅白蝶結びの水引に、表書きは「祝十三参り」

近しい親戚からは、十三参りに際してお祝いを包むこともあります。この場合は紅白蝶結びの水引に、表書きは「祝十三参り」とするのが一般的です。

全国的とはいえない十三参りですが、関西地方では七五三より盛大に行われることもあります。虚空蔵菩薩は知恵、特に記憶力にご利益があるといわれることから、受験の合格祈願を兼ねてお詣りするといったこともあるようです。

この記事に関係する商品
ページのTop(一番上)へ