暑い夏の手土産にぴったり! 季節に合ったギフトの選び方とおすすめ品

夏に限らず、その時々の季節感を盛り上げてくれる手土産はうれしいもの。暑い夏は冷たい飲食物に目が向きがちですが、今一歩踏み込んでお相手のことを考え、本当に喜んでいただける手土産を選びたいものです。

イラスト:スイカ一玉を手土産に持参した若者。お相手は「おいしそう!さっそく食べちゃいましょう!」と喜びながらも、内心は焦った様子で「うちの冷蔵庫じゃ入りきらないし……」とボヤいている。

夏の手土産は「涼しさ」か「食が進む」がポイント

水菓子、氷菓、果物は定番! ただし先様の環境に注意して

夏の時期、百貨店などでは、水羊羹などの水菓子、アイスクリームなどの氷菓、桃やぶどうなどの冷やしていただく果物が目立つようになります。これらの涼しげな食べ物は夏の手土産の定番ではありますが、ひとつだけ注意したいことがあります。お贈りする品が、先様の冷蔵庫・冷凍庫のスペースを占領して困らせることがないかどうかです。同じ価格帯なら、より小ぶりで場所を取らないものを選びましょう。企業などの場合、そもそも冷蔵庫があるかどうかもあらかじめ確認しておきたいところです。

スタミナ系・さっぱり系の旬の味、ビールに合うおつまみなども

夏は暑さで食欲が衰えがちですから、スタミナ源になりそうな食材や、さっぱりして食べやすい味の品物も手土産におすすめです。野菜や魚など、旬の味を意識して選んでみましょう。冷たいビールのおいしい時期ですから、お酒を嗜む方にはビールのおつまみになる食品も喜ばれるでしょう。

暑い夏にぴったりのおすすめ手土産あれこれ

常温保存できる水菓子・氷菓なら環境を選ばない

最近は常温保存して、食べる前に必要な分だけ冷やす、凍らせるといった商品が登場しています。冷蔵庫・冷凍庫のスペースが心配な水菓子や氷菓も、これなら大丈夫。企業などの場合、自宅に持ち帰るのにも便利です。

ところてんや水茄子の漬物なども食が進む

甘いものが苦手な方には、さっぱりとしたところてんや、旬の味である水茄子の漬物などはいかがでしょうか。そうめんや冷麦なども夏の手土産の定番ですが、ご飯にキュウリや薬味、冷たいみそだれをかけていただく宮崎県の郷土料理「冷汁」の素(みそだれ)などは、火を使わず簡単に調理できて、ご飯が進むおすすめの味です。

スタミナ食の鰻も押し寿司なら食べやすく

スタミナ食といっても、食の進まない方に脂っこいお肉や鰻の蒲焼きなどはちょっと重すぎることも。そこで、酢飯が食欲をそそる鰻の押し寿司はいかがでしょうか。自然薯のとろろパックなども、滋養豊富かつ食べやすいので喜ばれるでしょう。

ページのTop(一番上)へ