葬儀・通夜に出られない場合は?失礼にならない香典の渡し方

訃報を受けた際、さまざまな事情から弔問にうかがえないことがあります。そのような場合に香典をお渡しする方法は、代理人をたてる、現金書留で送る、後日弔問するなどが挙げられます。香典の渡し方と注意点、また、表書きの書き方をご紹介します。

イラスト:後日弔問で仏壇に香典を供える男性

代理人に香典を頼む場合

代理人をたててお香典を預ける方法です。この場合の代理人は、弔問できない方の家族や故人と親しい方がより良いですが、故人と面識がなくても問題ありません。代理人が弔問することは失礼にはあたらず、むしろ香典返しがまとめてできるため、喪家にとっては助かります。

預ける香典の表書きや記帳は、代理人ではなく本人の氏名を書きます。記帳の際は本人の名前のあとに「(代)」と記して代理人の名前を小さく書き添え、代理人が妻であれば「(内)」とだけ記します。

代理人の方への気遣いも忘れずに

代理をお願いする際には、代理人の方への気遣いも忘れないようにしましょう。自分で不祝儀袋を用意して表書きを書くことがベストですが、不祝儀袋が用意できない場合は不祝儀袋の購入代金も一緒に渡しておくようにします。また、代理人が記帳の際に困らないように、本人の住所や名前の漢字など必要となる情報はあらかじめ伝えておきましょう。

弔電を打ち、香典を郵送する場合

弔電を送り、香典を郵送する方法もあります。
弔電は葬儀・告別式に間に合うよう、前日までに届くようにしましょう。宛名は喪主の名前にしますが、不明な場合には故人の氏名のあとに「ご遺族様」とつなげても大丈夫です。

香典は香典袋に現金を入れ、現金書留で送るようにします。香典袋は現金書留用の封筒に入るサイズを選びます。現金書留には手紙を同封できるので、一緒にお悔やみ状を入れるとより丁寧になります。

供花・供物を送るなら葬儀社へ依頼を

香典ではなく、供花・供物をお送りする方法もあります。供物は故人の宗教によって送るものが異なるため、葬儀社に依頼したほうがスムーズでしょう。事前に供花・供物を辞退されていないか確認が必要です。

後日弔問する場合の注意点

葬儀後に弔問してお渡しすることもできます。ただし、葬儀後も喪家はなにかとバタバタしているものです。おうかがいしてもよいのか、いつなら大丈夫かを事前に必ず相談し、連絡をしておきましょう。

服装は喪服ではなく平服でうかがい、派手な服装やアクセサリーなどは控えます。また、喪家は葬儀を終えて日常生活を過ごしていますから、あらためて葬儀を連想させてしまうような黒い服は避けるようにしましょう。

香典は仏壇に供えるように置きますが、もし仏壇がない場合には喪家の方に手渡しします。仏壇に置く場合でも、黙って置いて帰っては喪家がお礼を述べる機会を失ってしまいます。必ず「お香典をお持ちしたのですが、お供えしてよろしいですか」とお声がけするようにしましょう。

香典の表書き

香典の表書きは下記のとおりとなります。一般的な仏教の場合は四十九日までは「御霊前」、四十九日法要以降は「御仏前」または「御佛前」とします。四十九日法要を境に表書きが変わるので注意が必要です。

また、真宗(浄土真宗や真宗各派)では御霊前は使いません。御霊前と御佛前の使い方が分からない方は下記を参考にしてください。
失礼にならないように!必ず知っておきたい「御霊前」と「御仏前」の違い

仏教

御霊前・御香典・御香料・(四十九日過ぎたら)御仏前

キリスト教

御花料・御霊前

神式

御神前・御玉串料・御榊料

この記事に関係する商品
    ページのTop(一番上)へ