失礼にならない、結婚祝いの渡し方とタイミング

結婚祝いで悩むのはお品選びだけではありません。いつお届けするのがよいのか、また、渡し方に決まりはあるのかといった悩みを抱える方も多いようです。今回はそのような結婚祝いの悩みごとである、贈るタイミングや渡し方、タブーとなるお品についてご紹介します。

のしの付いた贈り物と祝儀袋を指し示しながら「結婚式に招待『された』か『されていない』かで渡すタイミングは異なります」と説明するコンシェルジュ

結婚祝いはいつまでにお贈りする?

結婚式に招待されている場合

大安や先勝などの吉日にご自宅へうかがって手渡しするのが正式な渡し方ではありますが、現代ではなかなかそうもいきません。

訪問するのが難しいのであれば、挙式日の1カ月から2カ月前ぐらい、遅くとも1週間前までにお送りします。当日にお品を渡すことは、お相手の荷物を増やしてしまうといった迷惑になるのでやめておきましょう。結婚式当日ならば目録をお渡ししてお品は後日送ります。

結婚式に招待されていない・出席できない場合

結婚式に招待されたけれども出席できない場合は、できるだけ挙式前1カ月から2カ月、遅くとも1週間前までにお送りします。その際、メッセージカードに出席できなくて残念なことと、お祝いの気持ちをしたためるとお相手も喜ばれます。

結婚式に招待されていない場合は、お祝いを贈るのは挙式後に。挙式前に贈るのは、お相手が招待していないことを気にされる場合もあるため、避けたほうがよいでしょう。贈るタイミングは挙式後で、少し落ち着いてくる2・3週間後ぐらいが適切です。

結婚祝いの渡し方、適切なのしの表書き

現金やお品を包むのしの水引は、一度結んだらほどけない結びきりで、金銀(紅白)7本か10本の水引を付けます。表書きは、「御結婚御祝」や「寿」などが一般的です。
頭に祝をつける、「祝御結婚」は関東に多い書き方ですが、四(死)文字なのでマナー違反と思われる方もいらっしゃいます。間違いではありませんが、関西の方や縁起を気にされる方へ贈る場合は、念のため避けておきたい表書きです。

また、現金やお品だけだとそっけない感じもしますから、お祝いのメッセージカードを添えるのがおすすめです。さりげない心遣いに、お祝いの気持ちが一層伝わります。

贈り先様別 結婚祝いのメッセージカード おすすめ文例

結婚祝いにタブーなお品

結婚式のスピーチに忌み言葉(別れる、切れる、捨てるなど)があるように、結婚のお祝いの品にも縁起に関わるタブーなお品があります。

例えばハサミや包丁などの刃物は縁を切る、食器やガラスものは割れる・壊れるというイメージにつながるので避けるべきとされています。
最近では“切る→(運命を)切り開く”、“割れる→(幸せが)増える”というポジティブな解釈もあるため一概にはいえませんが、マナーを重視するお相手や会社関係の方への贈り物としては避けておいたほうがベターです。

職場の同僚や先輩への結婚祝いのお品選びは、こちらも参考にしてみてください。
職場の同僚、先輩が結婚! 結婚祝いにおすすめのプレゼントは?

この記事に関係するカタログギフト
    サイトマップ
    ページのTop(一番上)へ