新盆・初盆とは? お盆のお供え物マナーの基礎知識

お盆のお供え物は何がよいのでしょうか。今回はお供え物とお供えする際のマナーをご紹介いたします。また、故人が亡くなって初めて迎えるお盆である新盆の際に必要なお供え物、新盆を迎えるお宅へ訪問する際のお供え物などについても知っておきましょう。

お盆(新盆)のお供え図解

お盆のお供えの基本・五供(ごく)

一般的に、五供(ごく)と言われているお供え物の基本は、香・灯燭・花・浄水・飮食の5つです。盆棚、精霊棚と呼ばれる棚をつくり、それらを飾りつけます。棚には真菰(まこも)を敷き、四隅に葉の付いた青竹をくくり付け、竹の上の方にしめ縄を張っておきます。位牌の裏側にあたるしめ縄には、素麺や昆布、ホオズキをぶら下げておきます。棚の上には、お位牌、お供え物、故人の好物などをお供えします。

お線香のことです。基本的に毎日お供えします。息を吹きかけて消さず、手や火消し用のうちわなどで消しましょう。

灯燭

ロウソクのことです。ロウソクの火も、息を吹きかけて消さず、手やろうそく消しで消しましょう。

トゲのある花、香りの強い花、つる性の花はふさわしくないとされています。最近ではこれらにこだわらず、故人の好きな花を供えることもあるようです。

浄水

水道水でも構わないので、毎日替えるようにしましょう。

飮食

日常食べるものをお供えします。どれも食べられる状態にしてお供えしましょう。袋物や封がされているものは口を開けます。果物などは洗って小鉢に入れたり、皮を剥いたりします。また、素麺などの乾麺は、きちんと茹でてお汁もつけてお供えします。腐りやすいものなどは、早めに下げるようにしましょう。

また地域や宗派、お家によってしきたりが決まっていることがあります。事前に確認しておきましょう。

新盆を迎える側のお供え物

故人が亡くなってから初めてのお盆が新盆(地域によっては初盆)です。新盆法要を行うため、通常のお盆とは違ったお供えが必要になります。

新盆提灯(ちょうちん)

お盆提灯は絵柄が入っていますが、新盆では白い提灯を使用します。新盆提灯はひとつでよく、身内の方が用意します。新盆が終わったら自宅の庭でお焚き上げしたり、菩提寺で処分していましたが、最近では少しだけ燃やすことでお焚き上げとして、新聞紙などで包んで、ゴミとして処分することも増えています。

新盆見舞いのお返し

新盆のお見舞いに出席していただいた方には、返礼品をお渡ししましょう。菓子折りやお茶、せっけん、タオルなどが一般的です。持ち帰ることを考えて、重いものや大きいものは避けましょう。のしは黒白または双銀の結び切りの水引に、表書きは「志」または「粗供養」とします。

新盆に招かれた場合

新盆法要などに招かれた場合、お香典として現金をお包みする、または、お供えとして品物を用意しましょう。地域によっては両方用意する場合もあります。

新盆を迎えるお家にお供え物を持っていく場合、お盆の入りである8月13日か中日である14日にしましょう。

お香典

3,000円〜10,000円が一般的です。地域、故人との関係、法要後にお食事が振る舞われる場合などを考慮して決めるとよいでしょう。

双銀、藍銀または黄白の結び切りの不祝儀袋で、表書きは「御仏前」、「御佛前」、「御供物料」で用意します。

お供え物

品物を用意する場合は、故人の好きだったものや五供を贈るのが一般的です。贈答用のお線香やろうそく、お花、旬の果物、お菓子、乾麺、昆布、焼き海苔などがよいでしょう。

のし紙は、白黒の結び切りで、表書きは「御供物(おくもつ)」、基本的に「外のし」で用意します。

新盆に伺えない場合

遠方に住んでいる場合など、お盆に伺えない場合には、お香典やお供え物をお送りします。その際は8月10日あたりに届くように送るとよいでしょう。

この記事に関係するカタログギフト
サイトマップ
ページのTop(一番上)へ