帰省時の手土産のおすすめは? 休暇前にチェックしておきたい喜ばれるギフトの選び方

帰省時の手土産は基本的に「家族」に渡します。ビジネスで持参する手土産や、お世話になった方へ持参する手土産などと同じ選び方では少々堅苦しいかもしれません。逆に、あまりにも貧弱な品だと「ちゃんと暮らせているのか」と心配をかけることも。どのように選べば喜んでもらえて心配もかけないのか、見ていきましょう。

イラスト:「上司に教えてもらったご当地名物だよ」菓子折りを出す若者。「まあ!職場でもかわいがってもらってるのね。よかった」と安心そうな母と父

実家への帰省の手土産の選び方は?

家族の好物や、思い出の味を一緒に楽しむ

ひさしぶりに家族と過ごす場への手土産ですから、まずは家族の好物や、家族の思い出の味などが定番といっていいでしょう。いつも同じような品であっても、たまの帰省であればむしろ「帰ってきた」と特別に感じられてうれしいものです。

自分が住んでいる地域の名物を知ってもらう

実家を遠く離れて暮らしている場合は、自分が住んでいる地域の名物も喜ばれるでしょう。その土地の様子や暮らしぶりが伝わりますし、話も弾みます。上司など家族と歳の近い方に、雑談がてら名物や手土産について相談したりするのもおすすめです。

離れて暮らす中で知ったものを教えてあげる

新しくできたお店の商品や、学校・職場で教えてもらった美味しいものなど、家族と離れて暮らす中で知ったものを手土産にするのも、話題が広がるきっかけになります。

義実家への帰省の手土産の選び方は?

「パートナーへのリサーチ」は欠かさずに

手土産に限らず、贈り物はお相手のことを考えて選ぶのが重要なポイントです。義実家への手土産であれば、まずは実の家族であるパートナーに、ご家族の好みや休暇の過ごし方などをリサーチしましょう。

予算はケースバイケースですが、義実家が気後れするほど高価な品や、生活を心配されるほど安っぽい品は、やはり避けたいものです。「パートナーが1人で手土産を買う時よりも、少しだけ良い品」のつもりで選ぶとよいでしょう。

「義実家で用意していそうなもの」は避ける

義実家やパートナーの好物は、あちらですでに用意されていることも考えられます。実家なら重複しても笑って済ませられますが、義実家だと妙に気まずくなりかねません。これまでの帰省の際の様子などを聞いて、明らかに重複しそうな品は避けた方が無難です。

孫がいる場合は「孫に選ばせる」のも喜ばれる

お孫さんがいる場合は、お孫さんに選んでもらった手土産を差し上げるのもおすすめです。可愛い孫の選んでくれた贈り物というだけで、義実家にとってはとにかくうれしいはず。話題にも事欠きません。

子どもの選ぶものですから、義実家が困らないようある程度サポートする必要はありますが、多少はお孫さんの好みに寄っていたとしても、それがまた楽しいのではないでしょうか。

ページのTop(一番上)へ