高校の卒業祝いに喜ばれるプレゼントは? 選び方や贈る際のマナーをご紹介!

高校卒業後は進学に就職にと進路がさまざまに分かれます。そのため贈り物の選び方によっては本人をナーバスにさせてしまわないか? と気を使うかもしれません。この記事では、進路に関係なく喜んでいただける贈り物のヒントやマナーをご紹介していきます。

イラスト:卒業祝いに腕時計をもらった男子。贈り主(年上男性)が「スマホばかり見てるなよ!って意味もあるんだからな」とドヤ顔

卒業祝いを用意する前に……

「入学祝い」、「就職祝い」の方が喜ばれることも

進学や就職など卒業後の進路が決まっている場合、一般的には「卒業祝い」よりも「入学祝い」「就職祝い」を優先するケースが多いようです。

これは昔ながらのマナーというより、新生活が始まる入学や就職の方が物入りなので、それを助けるためにお祝いを贈るといった意味合いが込められています。

進路状況や関係性によっては「卒業祝い」でOK

卒業後の進路が決まっていなかったり、把握できていなかったりする場合は「卒業祝い」としてプレゼントを贈っても構いません。また、贈り主が、お相手が卒業する学校の後輩だったり、関係者だったり、進路よりも卒業の方に深く関わる関係であれば、あえて「卒業祝い」とするのもよいでしょう。

卒業祝いのプレゼントの選び方

思い出に残るけれど、先々持て余さないものを

卒業祝いの定番のひとつが、学生生活にまつわる記念品です。写真や似顔絵をプリントした品、学校名を名入れした品、寄せ書きなどはすぐにイメージできるのではないでしょうか。

ただし、高校卒業の後は一人暮らしを始めるなど生活スタイルが変わる方も多いですから、かさばったり、保管に困ったりするような記念品は避けた方がいいでしょう。

新生活に役立つものも喜ばれる

進路が決まっている場合は、それぞれの新生活で役立つ品を贈るのもおすすめです。こうした品が応援してくれる人の存在を思い出させ、勇気づけてくれるものです。

大学入学祝い・就職祝いについては、下記の記事も参考にしてみてください。
【男女別】大学入学祝いにおすすめのプレゼント
新社会人! 新たな門出に贈りたい、就職祝いのプレゼント選び

卒業祝いにおすすめのプレゼント

親しいメンバーや部活など、学生時代を思い出せるモチーフの品

今は少ロットでも、衣類や雑貨などオリジナルデザインのアイテムを作ることが簡単にできるようになりました。マグカップや時計付きのフォトフレーム、タオルなどの実用品に卒業する親しいメンバーの集合写真や名前を入れたり、メッセージを入れたりして贈ってみてはいかがでしょうか。また、部活のユニフォームや高校の制服をモチーフにしたキーホルダーといったアイテムも喜ばれるでしょう。

ボールペンやパスケースなどは進学・就職問わない

ケースに入ったちょっと良いボールペンや、高級感があるレザーのパスケースなどは、進学する方にも就職する方にも便利に使っていただけるアイテムです。進路が分からないお相手に対しても、無難なチョイスと言えるでしょう。ただし、名刺入れ(カードケース)は進学する方だと持て余すことがあるかもしれません。

コスメやアクセサリー、腕時計など大人デビューのための品も

高校卒業は、校則を気にせずメイクやアクセサリーなどのおしゃれができるきっかけでもあります。大人からのアドバイスも込めて、おすすめの品を選んであげるのも良いでしょう。また、今までスマートフォンや音楽プレイヤーを時計代わりにしてきたような方には、大人の持ち物として腕時計を選んであげるのもおすすめです。

ページのTop(一番上)へ