退職祝いにお返しは必要? 覚えておきたいマナーとギフトの選び方

退職する時には、贈り物をいただいたり、送別会を開いていただいたりするでしょう。そのような退職祝いや送別会に際して、退職する本人はお返しを用意したほうが良いのでしょうか。場合によって贈ったり贈らなかったりするのでしょうか。ここでは、退職祝いに際しての返礼についてご紹介します。

イラスト:「○○さんからお菓子が届きましたよー!」と小分けできるお菓子セットを広げる女性と「お元気なんだね!」とうれしそうに手紙を読む女性。

そもそも退職祝いにお返しは必要?

退職祝いに対して、お返しは必要ないと考えるのが一般的です。いただいたお相手には、退職後の落ち着いた時期にお礼状を出せば問題ありません。

ただし、お勤めだった職場で返礼の慣例がある場合は、それに合わせるのが適切です。これまでの退職者が、どのようにふるまっていたかを確認しておくようにしましょう。

担当部署からなど、複数人からいただいた場合のお返し

同じ部署の人たちや、親しくしてくださった有志の方が送別会を開いてくれたり、贈り物をもらった場合にも、基本的に返礼は必要ありません。それでも何かお返しをしたいという場合には、職場のみんなで使えるものや、シェアできるものといった、一人ひとりに差がつかない贈り物を用意しましょう。お贈りするタイミングは、退職祝いをもらってすぐでなくても構いません。ご自身の生活が落ち着いたころに配送しても問題ありません。

複数人にまとまった贈り物をしたいケースでは、こちらの記事も参考になります。
退職のごあいさつ、これまでのお礼にプチギフトを! おすすめのアイテムと選び方

「せんべつ(餞別)」「はなむけ(餞)」をいただいた場合のお返し

退職の際には「お餞別」「おはなむけ」というのし書きで、個人的に金品をいただくことがあります(現金が一般的)。この場合にも、基本的には返礼の必要がありません。落ち着いたころに、近況報告を兼ねてお礼状を出せば十分です。

しかし、お互いの関係性を踏まえて、高価な商品をいただいた場合には、多少の品物を用意しても良いでしょう。ただし、同額程度の高価なお返しをしては、かえってお相手の気持ちを無駄にしてしまいます。お返しの品の金額は、1/2〜1/3以下が相場の目安です。

せんべつの意味や相場については、こちらの記事も参考になります。
大人のマナー! 退職者へ贈る餞別(せんべつ)、その意味と相場を理解しよう

「あの方には贈りたい」個別にお返しをしたい場合のマナー

お返しは不要と言っても、特別にお世話になった方や気にかけている方など、個人的に贈り物をすることは可能です。その際は、周りに関係者がいない状況でそっとお渡しするなど、渡すタイミングに配慮が求められます。

退職してから個人に贈り物をするならば、会社宛てに配送することはせず、お相手の自宅や、待ち合わせをして手渡しをするなど、渡す方法を相談するようにしましょう。渡し方にも気を使えてこそ、感謝の気持ちが伝わります。

この記事に関係するカタログギフト
ページのTop(一番上)へ