体験ギフトってどんなもの? 選ばれている内容についてご紹介

体験ギフト(体験型ギフト)は、思い出に残る体験をお贈りするギフトです。なにをお贈りすればよいか迷うようなお相手でも、体験ギフトであれば新鮮な気持ちで受け取っていただけるのではないでしょうか。

イラスト:「この間もらった体験ギフトで作った湯のみよ」と言いながら、陶芸体験で作った湯のみにお茶を入れて息子に出す母と、「そうなんだ!上手にできたね!」と喜ぶ息子

体験ギフト(体験型ギフト)とは?

品物ではなく「体験」を贈るギフト

体験ギフトとは、従来のギフトのように品物を贈るのではなく、「体験」という新しいサービスをギフトとして贈るものです。ギフト券の種類が増え、カタログギフトが定着したこの数年は、特に耳にすることが多くなってきました。

食事や宿泊から、各種サービス、スポーツ、レジャー、工芸やアートまで

体験ギフトの種類はさまざま。主なものとしては、飲食店での食事や宿泊施設の利用、美容などのサービス、スポーツやレジャーなどの機会提供、工芸やアートなどの制作指導といったものが見られます。

贈り先様に選んでもらえるカタログ形式も

体験ギフトは、贈り主が選んだ特定の体験を贈ることもありますが、さまざまな体験を掲載したカタログをお贈りし、贈り先様が自分の気に入った体験を選ぶといったカタログギフト形式が主流です。このカタログも、食事や温泉などのジャンル別に特化したものから、さまざまなジャンルを網羅したものまで見られます。

 

どんな「体験」が選ばれている?

料亭やレストラン、高級スパやエステでちょっとぜいたくな体験を

料亭やレストランの食事券は従来からギフトの定番でしたが、カタログ形式の体験ギフトなら、贈り先様が自分の好きなお店を選ぶことができます。また、高級スパやエステなどのコース体験も女性を中心に人気のある体験ギフトです。

宿泊体験を旅行やホテルステイのきっかけに

旅館やホテルの宿泊もよく選ばれている体験ギフトです。遠隔地であれば宿泊をきっかけに、周辺の観光地やその土地ならではのグルメなど、旅を楽しむことができます。また、近隣のホテルでリラックスした時間を過ごすきっかけになります。

クルージングやカヌー、乗馬など、憧れのアクティビティ体験

スポーツのアクティビティを、初心者向けの指導を受けながら体験できるというコースも人気です。ある程度の道具や設備などが必要なアクティビティでも、気軽にトライしてみることができます。

陶芸やフラワーアレンジメントなど、記念にモノを残せる体験も

アウトドアに限らず、工芸やアートに挑戦する体験も人気があります。自分で作った作品となれば、多少不格好でも愛着がわきます。記念日の体験ギフトなら、自分たちで記念品を作って思い出に残すことにもなります。

ほかにも、ヘッドスパやヘアメイク、観劇など一人で体験できるギフトや、クルージング、水族館、キャンプといったファミリーで体験できるギフトもあります。特別な体験は心に残る思い出になります。日ごろの感謝やお祝いの気持ちを込めて体験ギフトを贈ってみてはいかがでしょうか?

この記事に関係するカタログギフト
ページのTop(一番上)へ