結婚祝いのお花、いつ・どんな花を贈る? 正しいマナーと注意点

新しい門出に彩りを添える結婚祝いの花。結婚祝いにはどのような花がふさわしいのでしょうか。今回は、結婚祝いにふさわしい花や金額の相場、また贈る際のマナーについてご紹介します。

イラスト:ボックスフラワー、籐かごのフラワーアレンジメントを指さし「(結婚祝いの花を配送するなら、)花瓶がなくても飾りやすいタイプがおすすめです」と言うコンシェルジュ。ガラス製、陶器製の花瓶入りアレンジメントには「割れ物は△」と書かれている。

結婚祝いに花を!相場は3千円〜1万円

結婚祝いに贈る花の相場は、おおよそ3千円〜1万円となっています。同僚や友人などと連名で贈る場合はもう少し高めになります。ただ、ほかのプレゼントと合わせて贈る場合は、もう少し低い相場になる傾向があります。

結婚祝いのお祝い金を用意している場合は、花は添える品としてミニブーケにしても問題ありません。ミニブーケなら、相場より安価でも華やかなものがたくさんあります。

結婚祝いの花の選び方

結婚祝いに贈る花の種類は、何でも良いというわけではありません。仏花を連想させる花はNGですが、そのほかにも、花言葉が「あなたを愛しています」の赤いバラ、花言葉に「嫉妬」が含まれる黄色いバラは避けたい花の代表格です。

結婚祝いに選ばれる花の種類は豊富ですが、代表的な花の花言葉を紹介します。迷ったら、花屋さんに「結婚祝いなのですが、○千円くらいでフラワーアレンジメントをお願いします」とお願いすると間違いありません。

花言葉

  • すずらん…純潔、純粋
  • かすみ草…無邪気、清い心、親切
  • デンファレ…お似合いの2人
  • ガーベラ…希望
  • スターチス…変わらぬ心・途絶えぬ記憶
  • 青いバラ…夢かなう・神の祝福
  • 白いバラ…純潔・深い尊敬

ボックスやバスケットなどの入れ物と一緒に花を贈る場合は、素材にも注意が必要です。結婚祝いには「割れ物・壊れ物」は縁起が良くないとされ、避ける傾向があります。特に希望がない場合は、陶器やガラス製の鉢・花瓶は避けて、紙製や木製の箱やバスケット、リースなどがおすすめです。これらは花瓶がないお宅でも、飾り方に困らないので便利です。

式場への配送は避けるのが無難

結婚式当日に式場へ花を贈るのは、華やかで良さそうですが、懸念点もあります。例えば、装花にこだわっている式場の場合、全体のバランスを損なうおそれがありますし、結婚式や披露宴のあとすぐに新婚旅行・引越しを控えていたら、持ち運びや飾る場所に困ってしまいます。リクエストがあった場合を除き、式場に花を贈るのは避けるのが無難です。

配送するタイミングは、お相手に余裕のある時期に

結婚祝いの花を配送するのなら、到着のタイミングにも気を配りたいところです。結婚式当日はもちろん留守ですし、直前はお祝い会に誘われたり、準備があったりと多忙な日々を過ごしています。結婚式直前の1週間は避けて、挙式の1カ月前くらいの余裕のある時期に贈るようにしましょう。

結婚式前に花の手配が間に合わない場合や式を挙げない場合は、先方に都合の良い日を聞くのもおすすめです。新居への引越しを控えているのなら、引越し後の荷解きが終わったころに贈ると良いでしょう。

この記事に関係する商品
ページのTop(一番上)へ