【男女別】意外と知らない!? 覚えておきたい「平服」の常識とマナー

「平服」という言葉は、本来の「礼服・礼装でなくても良い」という意味から、徐々に広く使われるようになってきています。ドレスコードとして判断がつきにくいことから、最近は「スマートカジュアル」「ビジネスカジュアル」といった言い方も広まりつつあるようです。

イラスト:きれいめ(男性:スーツ、女性:ジャケット+ワンピース)とカジュアル(男性:前を明けたジャケットにカジュアル目のネクタイ、女性:エレガントな模様入りロングワンピース)ファッションの男女を指さし「平服=普段着ではありません」とコンシェルジュ。

【男性】平服=スーツが基本、場によってきれい目カジュアルも

平服=普段着ではなく、むしろ「礼服・礼装でなくても良い」程度

平服と聞くと、「改まった服装の逆」を連想して、カジュアルな普段着だと解釈してしまいがちです。ただ、おつきあいの場で用いられる「平服」は、「本来なら礼服・礼装を必要とする場面だが、そこまでの服装でなくても良い」といった程度の意味合い。「逆」ではなく「一段階だけカジュアルになる」わけです。

結婚式場やホテル、きちんとしたレストランならスーツで

男性の場合、モーニングやブラックスーツなどの礼服・礼装から一段階カジュアルになると考えると、無難なのはやはりビジネススーツです。ネクタイは必須ですが、礼服のように白でなくても問題ありません。お祝いの席らしい、華やかな色を選びましょう。

カジュアルな場でも「きれい目」を意識して

ライブハウスやカフェなどカジュアルな会場で行われるパーティーなら、もう少しくだけた服装でも差し支えないでしょう。ただし、カジュアルであってもジャケットを羽織る、革靴を履く、ニットタイをするなどきれい目の格好を心がけてください。ジーンズやスニーカー、ダメージ加工の服などは避けましょう。

法事の「平服」はダークスーツで

法事や法要などで平服を指定する場合、地域や家にもよりますが、やはり普段着でOKではなく「喪服でなくても良い」といった程度に考えたいところ。黒か、それに近いダークスーツを選ぶと良いでしょう。

【女性】ワンピースにジャケットかカジュアル目のスーツで

女性の場合平服は「留袖や振袖、フォーマルスーツやドレスではない」程度

女性の場合も、平服=普段着ではありません。正装とされる留袖や振袖、フォーマルスーツやドレスよりも、少しだけカジュアルな服という程度に考えておくと良いでしょう。

式場やホテル、きちんとしたレストランならワンピースにジャケットで

一方、同じ平服だから女性も男性のようにビジネススーツを着れば良いかというと、それも微妙です。せっかくのお祝いの席が華に欠けることになりかねません。おすすめは、ややフォーマルな雰囲気のワンピースとジャケットの組み合わせ。明るい色であれば、フォーマルスーツを着るのも良いでしょう。また、パンツスーツはカジュアルすぎるという考える方もいますから、スカート系を選んだほうが無難でしょう。

カジュアルな場でも肌の露出やジーンズは避ける

カジュアルな場で行われるパーティーでは、ジャケットなしのワンピース着用や多色使い、プリント柄なども良いでしょう。ただし、ジャケットやストールなどを着けない場合は袖つきのデザインを選びたいところ。他にも肩を出す、ミニ丈やオープントゥ サンダルなど肌の露出が多い服装や靴は避けましょう。もちろん、ジーンズやスニーカーも好ましくありません。

法事の「平服」はダークカラーで、足元は黒ストッキング

法事で「平服」を指定される場合、女性は「留袖・ブラックフォーマルでなくても構わない」と考えると良いでしょう。ダークカラーのワンピースやスーツを選び、足元は黒ストッキング、パール以外のアクセサリーは控えましょう。

 

この記事に関係する商品
ページのTop(一番上)へ