【相手別】おめでとうの気持ちを伝える結婚祝い、相場とおすすめの贈り物

結婚や結婚式の形が多様化している現代には、結婚祝いもそれぞれの形式に合わせて考えることが大切です。今回は、基本的な“式に列席する場合・しない場合”の相場とおすすめの贈り物を見ていきましょう。

イラスト:祖母から結婚祝いにロボット掃除機をもらい喜ぶ新婚カップル。祖母からのメッセージカードには「二人とも働いているし、こういうの便利でしょ」と書かれている。

式に出る・出ないでも変わる! 結婚祝いの相場

式に列席する場合のご祝儀の相場は?

披露宴に出席する方が贈るご祝儀の相場は、友人、同僚であれば30,000円前後、上司や新郎新婦の目上の方であれば50,000円前後、親族は50,000円~100,000円が相場だとされています。

式に列席しない場合の結婚祝いの相場は?

祖父母などの親族が式に列席しない、または式自体を行わない場合だと、お祝いは100,000円からそれ以上になることが多いようです。
友人や知人、会社関係などの場合は5,000円~10,000円前後が一般的で、特に親しい方や、目上の方でも30,000円前後といったところ。親戚の場合も、同様に考えて良いでしょう。

結婚祝いにおすすめの贈り物とは

相手を問わず現金・商品券・カタログギフトが不動の定番

新婚生活で必要なものは、新郎新婦の2人に選んでほしいと考える人が多く、結婚祝いにおいては相手を問わず現金や商品券、カタログギフトなどの自由に使える贈り物が定番となっています。

祖父母や親戚からなら高級家電、長く使える家具など

祖父母や親戚からの結婚祝いとなると、金額が大きくなることも。そこで、ロボット掃除機や食洗機、高機能炊飯器といった高級家電、タンスやベッドなどの長く使える家具を、結婚を機にそろえてあげましょう。新郎新婦の好みや意向を取り入れることも意識したいところです。

友人や知人、会社関係の方なら小型家電やペアグッズなども

友人や知人、会社関係の方なら小型の家電製品やキッチン雑貨、特に、コーヒーメーカーや電気ポット、ホットプレートなど、結婚を機に1人分から2人分へサイズ&ランクアップしたい調理家電は喜ばれるでしょう。

2人分といえば、食器や酒器、ルームウエアなどのペアグッズもおすすめ。外で身につけるものをペアにすることには抵抗のあるカップルもいますから、家でさりげなく使えるものを選んであげましょう。

贈り物のタブーもきちんと踏まえて

キッチン雑貨といっても、“切れる”ことを想像させる刃物は結婚祝いのタブーです。場合によっては“未来を切り開く”といった意味でハサミなどを引き出物に用いることもありますが、こちらから贈る品としては避けた方が良いでしょう。古くはガラスや陶器も“割れる”ことから避けられてきましたが、近年はそれほど気にしないことも多いようです。
また、お茶は本来慶事と弔事どちらにも使える品ですが、弔事のイメージが強いことから結婚祝いには適さないという考えもあります。

ページのTop(一番上)へ