ハネムーン(新婚旅行)のお土産は何がいい? 予算や選び方をチェック

ハネムーンのお土産、自分たちや両親の分は好きなだけこだわるのも記念になってよいでしょう。ただし他の方へのお土産は、相手のことを考え、場合によっては定番を選ぶことも考えておきましょう。なにより、お土産のことばかり考えて旅行を楽しみきれない事態がないようにしたいものです。

イラスト:「お義母さんに似合いそうだと思って。」と義母にお土産のストールを渡した新婦。私のと色違いなんです♪とストールを巻いた首元をアピールし、義母も「娘がいるっていいものね~」とまんざらでもない。

お祝いや餞別をいただいた方には額に応じて5,000円~20,000円

両親にはアクセサリーや置物など記念になる品をお贈りしても

旅行のお土産といえば飲食物や化粧品などの消耗品が定番ですが、新郎新婦にとって一番身近な両親には、記念に残る品をお贈りするのもおすすめです。ご当地のブランドや名産があしらわれたアクセサリーやファッション小物、さりげなくご当地らしさの感じられる置物や食器など、旅先で探してみてはいかがでしょうか。

上司や目上の方などにはお酒やご当地グルメを

お祝いや餞別をいただいた方にお礼を兼ねてお土産を差し上げるなら、ご当地のおいしいものがおすすめです。加工肉や乳製品、オイルやパスタなど保存しやすい食材、果物やナッツの加工品、高級チョコレートやクッキーなどお菓子の詰め合わせなどもあります。お酒を嗜む方なら、珍しい銘柄のボトルなども喜ばれるでしょう。

友人にはプチギフト、職場にはみんなで分けられるものを

友人には1,000円程度までで、ご当地らしい品を選んで

特にお返しの必要がない友人などであれば、1,000円程度までのいわゆるプチギフト的なお土産を用意する方が多いようです。お菓子やお茶、おつまみになるドライフード、珍しい調味料、女性であればハンドクリームやリップなど、予定になかった方にもお渡しできるよう、少し多めの数を買っておくと安心でしょう。チョコレートやクッキーは定番ですが、名物のフルーツが入っていたり、パッケージが旅先を表すものだったり、雰囲気を感じられるお土産はさらに喜ばれます。

子どもの喜ぶものも用意しておくと◎

親戚や友人など、小さいお子さんのいる相手にお土産を渡す予定があるなら、大人へのお土産とは別に、子ども向けのパッケージに入ったお菓子や小さいおもちゃなど、お子さんのためのお土産も用意しておくと喜ばれます。高価なものでなくても、自分だけにプレゼントされるのはお子さんにとってうれしいものです。

職場にはみんなで分けられるお菓子やお茶、ナッツなど

職場や趣味のサークルなどへのお土産は、みんなで分けられるチョコレートやクッキーなどのお菓子、ティーバッグのお茶、小分けにされたナッツやドライフルーツといった、その場で食べられるか、1人分ずつ分けられるものがおすすめです。職場は特に、旅行で留守の間仕事をフォローしてもらったお礼を兼ねてのお土産ということもありますから、切り分ける手間をかけるのは避けましょう。

この記事に関係する商品
ページのTop(一番上)へ