【最新版】新築・引越し祝いランキング!金額相場やギフトマナーについて

新居での新しい生活をスタートさせた方にお贈りする新築・引っ越し祝い。お祝いの気持ちが伝わるギフトを贈りたいものですが、どのようなものが喜ばれているのでしょうか?

この記事では、贈り物選びのポイントや、もらって困ってしまった贈り物のエピソードなどを紹介します。

実際に新築・引っ越し祝いをもらったことがある人を対象にしたアンケート調査をもとにしているので、役に立つ情報を見つけることができるでしょう

新築・引越し祝いの違いについて

実は明確に異なる意味をもつ「新築祝い」と「引越し祝い」。違いをしっかり理解しておきましょう。

新築祝い

戸建てやマンションに関わらず、新築の住居を建てたり購入したことを祝うのが「新築祝い」です。

引越し祝い

新築ではない、中古の戸建やマンションを購入したことをお祝いするのが「引越し祝い」です。

新築・引越し祝いのマナーについて

マナー① 贈る時期は入居後1~2か月後

新築・引越し祝いは、入居してから1~2か月以内に贈るのがマナーです。入居直後は先様も忙しい場合が多いので、少し落ち着いた頃にお贈りするのがよいでしょう。また、新居のお披露目会に参加する場合はお披露目会当日に持参もしくは前日までに届くようにしましょう。

マナー② 相手との関係性によって相場は変わる

新築・引越し祝いの相場は、先様との関係性によって異なります。

例えば、知人・友人へ個人でお贈りする場合は5,000~1万円程度、兄弟や親戚では1~5万円程度、親から子供へ贈る場合は5~10万円程度が一般的な目安とされています。

マナー③ 一戸建てに限らない?マンションも対象

「新築祝い」とは、新しく住居を建てたことを祝うものです。一戸建てだけでなく、新築のマンションを購入した場合も、企業が新しくオフィスを建てる場合も新築祝いの対象になります。

マナー④ 中古住宅は「引っ越し祝い」を贈る

中古の一戸建てやマンションへ入居する場合は「引っ越し祝い」を贈ってお祝いしましょう。企業がオフィスを移転する場合は「移転祝い」となりますので注意しましょう。

マナー⑤ のしの付け方は?

新築・引越し祝いは何度繰り返してもよいとされているお祝いですので、蝶結びの水引ののしを選びます。結婚祝いや快気祝いのように結び切りの水引を選ばないように気を付けましょう。
また、表書きには新築祝いの場合は「祝御新築」「御新築御祝」、引っ越し祝いの場合は「御引越御祝」と書くのが一般的です。

マナー⑥ 新築祝いに贈ってはならないものは?

先様を不快な気持ちにさせないよう、新築・引越し祝いにふさわしくない贈り物があることも理解しておきましょう。

たとえば、火事を連想させてしまうストーブやキャンドル、「相手を踏みつける」ことを意味する履物や敷物、建物を傷つけてしまいやすい「壁に掛けるもの」などが相当します。

また、「その土地に根付く」という意味が新築祝いにふさわしいと言われる観葉植物も、お相手によっては手入れを負担に感じさせてしまうことにもなるため、慎重に選びましょう。

もらってうれしい新築・引っ越し祝いはコレ!

グラフ:もらってうれしい新築・引っ越し祝い、アイテムランキング ベスト10

1位は約45%の方がもらってうれしいと答えた「カタログギフト」。続いて2位は「商品券・ビール券などの金券」、3位は「スイーツ」という結果になりました。

1位の「カタログギフト」と2位の「商品券・ビール券などの金券」は、どちらももらった方が好きな商品や銘柄を選べる贈り物です。

新居での暮らしが始まっていろいろと物入りな時期だけに、それぞれの事情に合わせて必要なものを自分で選びたいという気持ちが表れた結果となっているのではないでしょうか。

ベスト3に入った「カタログギフト」「商品券・ビール券などの金券」「スイーツ」は、前回調査した2015年と同じランキングになっています。

新築・引っ越し祝いの贈り物選びに迷った際には、これらの定番ギフトから選んでみてはいかがでしょうか。

新築・引越し祝い、相手別のおすすめカタログギフト

別サイトへ遷移します。

また、4位の「お酒」の男女比を見ると、男性により多く支持されている傾向が見て取れます。男女の好みの差も参考にしてみてください。

もらってうれしいのはどっち!?

グラフ:もらって嬉しいのはどっち?「日常で使える消耗品88.3%」と「記念にのこる品11.8%」、「雑貨アイテム38%」と「食べ物・飲み物62%」

新築・引っ越し祝いでもらうならどちらがうれしいか、2択で選んでもらいました。

「日常で使える消耗品」と「記念に残る品」では、大差をつけて「日常で使える消耗品」が勝利。“実用性のあるもの”が喜ばれる贈り物選びのポイントになっているようです。

「雑貨アイテム」と「食べ物・飲み物」では、約6:4の僅差で、「食べ物・飲み物」に軍配があがる結果となりました。ずっと残る雑貨アイテムよりも、食べ物や飲み物の方がうれしいと考える人もいるのかもしれません。

喜んでもらうポイントはココ!

もらってうれしいのはどんな新築・引っ越し祝い?

1位 暮らしの中で便利に使えるもの67.3%

2位 おいしいもの46.8%

3位 欲しかったもの・不足しているもの37.3%

4位 自分では買わない高価なもの27.3%

5位 家族が喜ぶもの20%

※複数回答

どのような新築・引っ越し祝いがうれしいかをお伺いしたところ、1位になったのは「暮らしの中で便利に使えるもの」。前項でもキーワードになった“実用性のあるもの”は、やはり大きなポイントになりそうです。

2位の「おいしいもの」、3位「欲しかったもの・不足しているもの」などは、お相手の好みや価値観、ライフスタイルによって求める品は十人十色です。

そういった意味でも、「もらってうれしいランキング」で1位と2位になった、お相手が好きなものを選べる「カタログギフト」や「商品券・ビール券などの金券」は、賢い選択といえそうです。

ちょっとがっかり…新築・引っ越し祝いエピソード

お祝いの気持ちがこめられた贈り物はどれもうれしいものですが、中には「ちょっと困ってしまった…」という品物もあるようですので、代表的な意見をご紹介します。

ちょっとがっかり…な、新築・引っ越し祝いエピソード一覧

先ほどのもらってうれしい新築・引っ越し祝いランキングでは、「暮らしの中で便利に使えるもの」が1位となっていました。

しかし、もらって困ったもののエピソードを見てみると、圧力鍋やガス専用のキッチングッズなど、日常生活で便利に使えそうなアイテムも含まれています。お相手が重視する機能性やキッチンの状況などにそぐわないと、便利グッズでも受け取る側が困ってしまう場合があることがわかります。便利グッズを贈りたいなら、贈る前に相手の状況を少しリサーチしてみるとよいでしょう。

その他のエピソードでは、壁掛け時計や掛け軸、動物のはく製などインテリア用品が目立ちました。デザインや色合いなど好みは人それぞれなので、家に飾るものは自分で選びたいという人が多いようです。

タオルや食器セットなども、たくさんもらった、またはすでにたくさん持っていたなどの理由で困ってしまうことがあります。贈り物をするときにはお相手を困らせてしまうことがないように、どんなものが必要か直接尋ねてみるのも一つの手です。

新築・引越し祝いにNGなアイテム

火を連想させるもの

火に関係するものは「火事」を連想させるため、縁起が悪いとされています。コンロやキャンドルなどが相当します。

家に傷を付けるもの

家に穴を空けたり、設置する上で傷をつけてしまうものは、新築にふさわしくないので避けましょう。ねじを用いる壁掛け時計などが相当します。

大きすぎるもの

広いスペースを必要としてしまう大きな家具などは、新居を窮屈に見せてしまうので控えたほうがよいでしょう。ただし、お相手からの希望があれば選択肢として問題ありません。

ハンカチ

ハンカチの漢字表記は「手巾」。「巾」は「はば」のほかに「きれ」とも読み、「てぎれ」と読めることから別れを連想させてしまうため、縁起が悪いとされています。

日本茶

日本茶は、香典返しの定番商品。弔事を連想させるため、おめでたい新築祝いには適していないと言われています。

気になる、新築・引っ越し祝いの相場をチェック!

いくらぐらいの新築・引っ越し祝いをもらった?

家族・親せきから

3,000円以下12.3%

3,000~5,000円程度18.7%

5,000円~10,000円程度25.1%

10,000円~20,000円程度24.6%

20,000~30,000円程度8.5%

30,000円以上21.3%

友人・知人・同僚から

3,000円以下21.9%

3,000~5,000円程度35.1%

5,000円~10,000円程度31.3%

10,000円~20,000円程度13.5%

20,000~30,000円程度3.1%

30,000円以上2.8%

上司や目上の方から

3,000円以下8.7%

3,000~5,000円程度27.7%

5,000円~10,000円程度35.9%

10,000円~20,000円程度21.2%

20,000~30,000円程度6.5%

30,000円以上4.3%

連名でいただいた場合(1人当たり)

1,000円以下 5.2%

1,000円~1,500円程度14%

1,500円~2,000円程度15.3%

2,000円~3,000円程度27.5%

3,000円~5,000円程度21.4%

5,000円~10,000円程度17.5%

10,000円以上7.9%

※複数回答

家族や親せきからの新築・引越し祝い

「家族や親せきから」の新築・引っ越し祝いでは、「5,000〜1万円程度」が25.1%と最も多いようです。次に「1〜2万円程度」が24.6%となり、半数近くの方が5,000〜2万円程度のお祝いを受け取ったという結果になりました。また、近しい関係ですので「3万円以上」の高額なお祝いをもらった方が21.3%もいらっしゃいました。

友人・知人・同僚からからの新築・引越し祝い

「友人・知人・同僚から」の新築・引っ越し祝いでは、「3,000~5,000円程度」と答えた方が35.1%と最も多く、次に「5,000〜1万円程度」が31.3%でした。3,000〜1万円程度の新築・引越し祝いを贈る方が66.4%という結果になりました。

上司や目上の方からの新築・引越し祝い

「上司や目上の方から」の新築・引っ越し祝いでは、「5,000〜1万円程度」が35.9%と最も多く、次に27.7%の「3,000~5,000円程度」、21.2%の「1〜2万円程度」という結果になりました。3,000〜2万円程度のお祝いを贈る方が84.8%となり、立場が上になるほどお祝いの額も上がっていることがわかりました。

お祝いの金額は少なすぎても多すぎても、受け取った方に気を遣わせてしまいますので、相場を参考にしての贈り物選びをするのがおすすめです。

お祝いの相場や人気ランキング、もらって困ったお祝いなどをチェックして、新築・引っ越し祝いの贈り物選びの参考にしてみてください。

調査実施:ギフト総合研究所

新築・引越し祝いで喜ばれるギフトを贈ろう

新築や引越しのお祝いをするときは、相手の好みや状況に合わせたものを選ぶと、困らせてしまうようなことはありません。

とはいえ、相手が普段どんな便利アイテムを使っているか、どんなものを必要としているかなどがわからないというケースもあるでしょう。何が欲しいか直接尋ねてみても、遠慮して何も言ってくれないということも珍しくありません。

自由に商品を選べるスマートギフトがぴったり

そんなときにぴったりな贈り物は、リンベルのスマートギフトです。1万点以上の商品の中から、自由に好きなものを取り寄せできる「選べるギフト」です。雑貨だけでなく、商品券やギフトカードとも交換できるので、きっと喜んでもらえるでしょう。 

リンベル スマートギフト

グルメの方にはおすすめのグルメカタログギフト

 おいしいもので喜んでもらいたいなら、リンベルのグルメカタログギフトがおすすめです。人気のスイーツや有名レストランの絶品グルメなど、選りすぐりの美食が最大400点以上と満載です。コースは11種類あるので、予算に合わせて選択できます。

リンベル グルメカタログギフト

新築・引越し祝いにおすすめのギフト

新築・引っ越し祝いにどんなギフトを贈ったら先様に喜んでもらえるか、悩まれる方も多いと思います。そんなときは先様が自由に好きなものを選べるカタログギフトがおすすめです。ここでは、人気のカタログギフトからリンベルが厳選した新築・引越し祝いにふさわしいアイテムをご紹介します。

新築祝いの人気ランキング

対象商品(新築祝い)

※過去30日間における新築祝い関連商品のリンベル公式サイトにおける実績になります。

1

価格:11,880円
(税抜価格:10,800円)

選べる体験ギフト 食を愉しむひととき

選べる体験ギフト 食を愉しむひととき

詳しくはこちら

2

価格:22,880円
(税抜価格:20,800円)

選べる体験ギフト 食に寛ぐひととき

選べる体験ギフト 食に寛ぐひととき

詳しくはこちら

3

価格:33,880円
(税抜価格:30,800円)

選べる体験ギフト 食を讃えるひととき

選べる体験ギフト 食を讃えるひととき

詳しくはこちら

4

価格:11,000円
(税抜価格:10,000円)

選べる国産和牛カタログギフト 溌剌(はつらつ)

選べる国産和牛カタログギフト 溌剌(はつらつ)

詳しくはこちら

5

価格:5,500円
(税抜価格:5,000円)

選べる国産和牛カタログギフト 健勝(けんしょう)

選べる国産和牛カタログギフト 健勝(けんしょう)

詳しくはこちら

ページのTop(一番上)へ