結婚内祝いの定番「消えもの」ギフト。食糧・日用品などの消耗品の上手な選び方

合理的な考え方の人も増えている昨今、「しまい込んで使わない記念品より実用的で良い」と人気なのが、「消えもの」の結婚内祝い。上手に選べば、記念に残りつつも喜んでもらえる結婚内祝いになること請け合いです。

自宅で内祝いの高級タオルにほおずりする新郎新婦の友人

消えものは慶弔両方の「定番」だけど・・・

消えもの=使うとなくなってしまう「消耗品」のこと

ギフトにおける「消えもの」とは、ギフトに好適な品物のなかでも緑茶や乾物、調味料をはじめとした食料品や洗剤やタオルといった日用品、つまり消耗品のことを指します。結婚内祝いはもちろん、各種お祝いごとや香典返し、法事の引出物といった弔事のギフトでも消えものは定番。身近なものばかりですし、後々処理に困ることもないですから、どなたに贈っても喜ばれる品が多いというわけです。

結婚内祝いの消えものは「喜びが消える」と考える方も

消えものは内祝いの定番となっている一方、人によっては「喜びが消えてなくなってしまう」、「記念に残らない」といったことから、結婚内祝いに消えものを選ぶのは“縁起が悪い”と見る向きもあります。品物を決めてしまう前に、ご家族や親族、職場の事情に詳しい方にも相談できるとベターです。

結婚内祝いにぴったりの「消えもの」とは?

「お菓子」、「タオル」は“普段使いよりちょっといいもの”がポイント

自分ではなかなか買う機会がない高級ショコラティエのチョコレートや、ホテル品質の手触り抜群なタオルなど、“普段使いよりちょっといいもの”を楽しめるのは、いただきものならではの楽しみ。消えものとは言っても、すてきな時間の思い出が残ってくれます。

「コーヒー」、「調味料」など保存の利くものもゆっくり楽しめる

コーヒー、紅茶などの飲みものや調味料、ジャムなどの保存が利く食料品も、家族構成や生活スタイルなどを問わず自分のペースで楽しむことができて、うれしいギフトです。

「新郎新婦の出身地の名物グルメ」も自己紹介代わりに

新郎や新婦の出身地が遠方なら、出身地の名物グルメを結婚内祝いのギフトにするのもおすすめです。珍しい食べ物は喜ばれますし、記憶にも残りやすいですから、自己紹介代わりにもなりますよ。

この記事に関係するカタログギフト
サイトマップ
ページのTop(一番上)へ