残暑見舞いはいつからいつまで? 「暑中」「残暑」の期間の違い

暑中見舞いと残暑見舞い、どちらも夏のご挨拶であることはわかっていても、はっきりとした違いについては案外知らないもの。まずは、暑中と残暑の違いについて見ていきましょう。

暑中と残暑の違いを図解

「暑中」は「1年で最も暑さが厳しいとされる時期」

「暑中」は、暦の上では夏の土用(7月19~20日頃から8月6~7日頃まで。その年によって日付が変わる)の時期を指します。この時期は、秋が始まる「立秋」の直前で、1年で最も暑さが厳しくなるとされています。

「残暑」は「暦が秋になっても暑さが続く時期」

「残暑」は、暦の上で「立秋」(秋の始まり)を迎える8月7~8日頃(その年によって変わる)以降を指しますが、暑さが残る時期という意味なのではっきりとした終わりの日付はありません。一般的には概ね8月いっぱい、暑さが長引く年には9月に入っても残暑とされることがあります。

「暑中見舞い」と「残暑見舞い」の違いは

暑中見舞いは「暑さのピーク」を見舞うもの

暑中見舞いは暦にならえば夏の土用の時期に出すものですが、最近では実際の気候に合わせて梅雨明け~立秋前日(土用の終わり)に出すことが多いようです。1年で最も暑い時期に出すものですから、ご挨拶の言葉も「本格的な暑さ」「猛暑が続く」「暑さ厳しき折」など、夏本番を意識した内容がよいでしょう。

残暑見舞いは「なかなか終わらない暑さ」を見舞うもの

残暑見舞いは、「立秋」を過ぎ、暦の上で秋を迎えても実際は暑さが続いている時期に出すものです。ご挨拶の言葉も、「立秋とは名ばかりの暑さ」「暦の上では秋とはいえ、厳しい暑さが続いておりますが」といった“まだまだ暑い”ニュアンスがよいでしょう。8月末以降など、暑さが引いてきた頃には「朝夕には吹く風に秋の気配が感じられる頃となりました」など、気候に合わせた内容にするとよいでしょう。

この記事に関係するカタログギフト
サイトマップ
ページのTop(一番上)へ