お見舞い

イラスト:「やっと落ち着きました。ぜひ遊びにきてくださいね」と書かれた引っ越しハガキを見ながら「よかったわ、ほんとうに」と笑顔の年配の女性

災害見舞いにお返しは必要? 災害見舞いをいただいたときの基礎知識

災害に遭った時、お見舞いの品や見舞金は非常にありがたく、助かるものです。災害見舞いを受け取った場合、どのようなお礼の仕方が適切なのでしょうか。また、お礼の品は何を選べばよいでしょうか。災害見舞いをいただいた際の、気になるマナーについて解説します。

イラスト:「災害見舞いは、贈りたいものより役立つものを」と言うコンシェルジュの周りに、パーカー、家庭薬、ラジオ、電池、寝具、現金などが配置されている

災害見舞いを贈るなら、基本マナーと贈り物の選び方

災害に遭われた方は、とても大変な状況に立たされます。近しい間柄なら、「何かしてあげたい」という思いから災害見舞いを贈ろうと考えるかもしれません。では、どのような贈り物が適しているのか。災害見舞いを贈る際の基本的なマナーとともに、贈り物の選び方についてご紹介します。

イラスト:避難所の見舞い品がぎっしり詰まった段ボールの側で、見舞状を読んで送り主を思い浮かべる被災した年配女性

【文例付き】慰めや励ましの気持ちを伝える災害見舞いの書き方

地震や水害、火災といった災害は、いつ、誰の身に起きるかわかりません。もし親しい方が災害にあわれた場合、気持ちを癒やそう、元気づけようと災害見舞いの手紙を送ろうと考える方もいらっしゃるでしょう。ただ、災害見舞を書く上での注意点もあります。いくつか文例を紹介しますので、慰めや励ましの気持ちがきちんと伝わる災害見舞いの書き方を学んでおきましょう。

お見舞い、と書かれた紅白結びきりののし袋を指差しながら「のしマークのないものを選びましょう」と言うギフトコンシェルジュ(右側には、のしマーク付きの紅白結びきりののし袋に×印)

かえって失礼にならないように! お見舞金の包み方やマナーを覚えよう

病気やけがなどで入院した方のお見舞いに行く際、役立ててほしいという思いから、お見舞金を渡す方も多いです。ただし、お見舞金には包み方や渡す方法など、気を付けておきたいマナーがたくさんあります。知らずにお相手に残念な思いをさせてしまわないように、お見舞金のマナーを確認しましょう。

イラスト:「お見舞 山田葵」と書かれた、結び切りの水引のついた熨斗のついていない封筒と「金壱萬円」と書かれた内袋に、表+上むきの一万円札が入っている様子。「お札は旧札で、入れる向きにも気をつけましょう」とコンシェルジュ。

入院見舞いの前に確認! 基本のマナーと贈り物の選び方

知人や親しい方が入院した際は、できるだけ早くお見舞いに駆けつけたいと思う方もいらっしゃいます。しかし、入院中はとてもデリケートな場面ですから、訪問のタイミングやマナーなど把握しておくべきポイントがあります。入院見舞いの前に確認しておきたいこと、持参できるものなどをチェックしておきましょう。

ページのTop(一番上)へ