取引先の方への誕生日メッセージはどう書く? マナーと例文つきで解説

SNSの普及などで以前よりも知る機会が多くなってきている「取引先の方の誕生日」。知っているのに、メッセージのひとつもなしというのは少し寂しいですよね。ここでは、さりげなく日ごろの感謝を伝え、お祝いの気持ちを盛り上げるメッセージの書き方と、文例をご紹介します。

イラスト:オフィスのパソコンでメールを見ているサラリーマン。文末に「お誕生日おめでとうございます。」と書いてある様子が吹き出しで出ていて、まんざらでもなさそう

取引先の方への誕生日メッセージはどう書く?

無難な方がむしろ「わきまえている」印象に

誕生日は個人的な記念日。取引先同士という、ある程度の距離感がある関係では、親しい友人のように踏み込んだメッセージは避けた方が良いでしょう。

異性間などだとセクハラと勘違いされたり、そうでなくても気の利いた人物を気取るお調子者だと思われたり、むしろマイナスイメージを持たれるきっかけになりかねません。

大事なのは「気にかけている」と伝えること。メッセージ自体は無難な方が、距離感をわきまえている印象になるはずです。

わざとらしく褒め称えるより「よく見ているな」を狙って

誕生日だからとどこかで聞いたような美辞麗句を並べて褒め称えるのは、わざとらしく、単なるご機嫌取りのように見えてしまいます。取引先の方のいつもの様子や印象に残った振る舞いなどを思い返し、さりげなく褒める方が「よく見ているな」と感じられ、ビジネスマンとしての評価も上がるというものです。

取引先の方への誕生日メッセージの文例

自分よりも若い世代(ここでは30歳)の取引先の方へ

お誕生日おめでとうございます。
いつもきびきびと、現場でも率先して動いていらっしゃる○○様。
30代を迎えられ、ますますご活躍なさることを楽しみにしております。

自分よりも上の世代などの取引先の方へ

お誕生日を迎えられたとのこと、誠におめでとうございます。
オフィスではいつも気さくに声をかけていただき、温かいお気遣いに感激しております。
○○様のますますのご健康とご多幸を心よりお祈り申し上げます。

まめな気遣いが印象的な取引先の方へ

お誕生日を迎えられたとのこと、おめでとうございます。
常々、取引先の我々にまで細やかなお気遣いを下さる様子に感じ入っております。
○○様にとって、この一年がより一層充実したものとなるよう、陰ながらお祈りしております。

誕生日休暇を取っている取引先の方へ

お誕生日おめでとうございます。
実はお休みのご案内で知りまして、ご不在中に恐れいります。
今ごろは、お祝いの食事でもなさっているところでしょうか。
○○の件は急ぎませんので、どうぞゆっくりお過ごしになってください。

ページのTop(一番上)へ