新しい門出に 女性への転職祝いの予算相場&選び方

これまでの感謝とこれからの活躍を祈って贈る転職祝い。ぜひとも気持ちが伝わるものを選びたいですね。本記事では転職先で活用いただける実用品から、ほっとするリラックスグッズまで、女性の転職祝いに贈りたい品物と予算相場をご紹介。転職祝いに適さない品物についても解説しました。

イラスト:首にかけたIDカードのネックストラップに触れて、前の会社の仲間の「応援してるよ」「体に気をつけて」「また会おう!」の声を思い浮かべ、「よし!がんばるぞ」と笑顔で気合いを入れる女性。

転職する女性へ贈る、プレゼントの選び方

女性への転職祝いでおすすめなのは、新しい職場で使っていただけそうな実用的なものや、緊張や疲れを和らげてくれるリラックスアイテムなど。ちょっと高級で特別感のある飲食物も良さそうです。

目上の方への贈り物として、実用品は適さないことも

手帳や万年筆、名刺入れといった仕事に役立つ品々は「仕事に励んでね」という意味合いがあり、上司から部下へ贈ることが一般的です。上司の方への転職祝いとしては上から目線と感じられるので、避けたほうが良いでしょう。

お祝いで贈ってはいけないもの

転職祝いに限らずハンカチやクシなど、贈り物としてタブーとされる品物があります。現代ではタブーが転じて今や縁起物である、とする考え方もありますが、こだわりのありそうな方へは選ばないほうが無難です。もしくは「きっと似合うと思ったので選びました。最近では良い意味もあるんですよ」と言い添えるのが安心です。

押さえておこう贈り物の「タブー」 ふさわしいプレゼントの選び方

女性への転職祝いの予算相場は?

転職祝いの相場は、個人で贈る場合、有志を募って連名で贈る場合など、お金を集める人数によって幅があります。いずれの場合も、お返しのいらない金額が相場です。お相手の負担にならないよう、高額な贈り物は避けましょう。

お相手が男性であれ、女性であれ、以下の金額を目安にしてみましょう。または、会社の慣例があればそちらに従います。

個人では3,000円~5,000円程度

個人で転職祝いを贈る際には、お相手がお返しを考えなくて良い、気を使わせない金額にするのがポイント。職場の方々と連名で贈る際には、個人的なプレセントを用意する必要はありません。どうしても個人で贈りたい場合には、連名でお贈りするものよりも控えめな金額にします。

数人の有志で贈るなら、合計で5,000円~10,000円程度

同期だけで、または同じチームだけでといった、数人でお金を出し合う場合には総額がおよそ5,000円〜10,000円くらいになるように負担額を決めましょう。

大人数で取りまとめるなら、合計で5,000円~20,000円程度

会社や部署全体のような、大人数でお金を集める場合には1人500円〜1,000円くらいを出し合って、5,000〜20,000円くらいの贈り物を用意します。

女性に贈る転職祝い:仕事に役立つ文具・小物類

仕事で使う文具や小物類は、これからの活躍を祈る気持ちが伝わるプレゼントがおすすめです。名刺入れや高級なボールペンのほか、スーツやオフィスカジュアルに合わせられる落ち着いた色のIDカードネックストラップなどはいかがでしょうか。

ただし、先述したように仕事に使う実用的な物は、上司から部下へ贈るものです。上司への転職祝いとしては適さない物も多いので、心配なら避けておくのが良いでしょう。

女性に贈る転職祝い:「特別感」を演出する食べ物・飲み物

新しい職場で、または自宅で、一息入れられる食べ物・飲み物を贈って、「休憩しながら、無理せずがんばって」というメッセージを添えるのはいかがでしょうか。手に入りにくかったり、すこし高級だったり、普段自分では買わないような「特別感」のあるものを贈ってみるのがおすすめです。

食べ物を贈る際には、オフィスでも自宅でも召し上がっていただけるよう、小分け&真空パックのものや、日持ちするスイーツが良さそうです。甘いものが苦手なら、美容と健康に良いと近年話題になっているナッツ類や高カカオチョコレートなどもおすすめです。

また、退職してすぐに働き始めるなら、しばらくは落ち着かない日々を過ごされるでしょう。帰宅してすぐに食べられるレトルト品のような、手間がかからないグルメ品もおすすめ。その場合も有名店監修や高級食材使用など、特別感のあるものがお祝いに適しています。

食の好みは重要ですから、どの飲食物を贈るにしても事前のリサーチは大切です。お相手と親しい同僚にヒアリングするのもよいですね。

女性に贈る転職祝い:リラックスアイテムも人気

職場が変われば、どなたでもいつもより緊張して疲労を感じるもの。女性の転職祝いでは、転職後の体調をケアしてくれるリラックスアイテムもぴったりです。

目元や肩、脚などを揉みほぐすマッサージャーや、緊張した心身をほっとさせるバスグッス、オーガニックのボディ・ハンドケアアイテム、アロマデュフューザーにアロマストーンなど、少ない予算からでもさまざまなアイテムがそろっています。

リラックスアイテムと近いものとして、美容に関するものもあります。ただし、美顔器やフェイシャルスチーマーなどの美容家電は、職場の人が贈る品としては少し踏み込み過ぎかもしれません。特別親しい間柄でないならば避けたほうが無難です。

お相手の好みが分からない場合は?

お相手の好みが分からない場合には、自由度の高い現金や商品券、カタログギフトなどがおすすめです。少額の予算でもカフェや書店、ネットショップなどで使える電子マネー・チケットなどの選択肢があります。

上記のようなギフトは荷物にならず、お相手がご自身のタイミングで好きな使い方ができるので、転職に伴って引越しするようなケースでもおすすめできます。

ページのTop(一番上)へ