七夕が7月7日に行われる由来や短冊の意味とは?七夕に関する疑問をまとめて解説!

毎年七夕が近くなると、笹の葉や七夕飾り、願いが込められた短冊などをあちこちで見かけるようになります。七夕のルーツは漢時代の中国といわれており、奈良時代に日本に伝わってきました。

イラスト:「グローブがほしい」と短冊に書いている男の子に「『野球が上手になるように、グローブをください』がいいんじゃない?」とアドバイスする母

七夕の物語について

織姫と彦星、年に一度の再会を見守る星の物語

七夕に関する物語はいくつかありますが、「織姫と彦星の夫婦が望まずして引き裂かれてしまい、年に一度、七夕の日にだけ天の川を渡って会うことができる」という話を誰もが知っているのではないでしょうか。

七夕の星といえば、織姫は琴座のベガ、彦星はわし座のアルタイル。白鳥座のデネブを加えて「夏の大三角形」と呼ばれており、天の川とともに夏の夜空に輝いています。

七夕の物語のあらすじはこうです。

“機織りの名手であった織姫と、働き者の牛使いであった彦星は、織姫の父の勧めで結婚します。しかし、仲が良いあまり、結婚生活にうつつを抜かして働かなくなってしまったのです。怒った織姫の父は2人を引き離しますが、悲しみに暮れ泣き続ける織姫を見かねて、「仕事に励めば年に一度は会ってよい」という条件をだします。その後、七夕の日を楽しみに、織姫と彦星は真面目に仕事をするようになりました。”

短冊に願いごとを書くようになったのは?

機織り名人の織姫は技芸上達の象徴でもある

古来中国では、織姫は技芸の達人の象徴とされていました。「乞巧奠(きこうでん)」は七夕の夜に女性たちが裁縫や機織りが上達するようにと願う風習で、庭の祭壇に針や美しい彩りの糸を供えて祈ったといわれています。

日本に伝わってからは「勉学や習いごとの上達」を願うように

七夕が日本に伝わると、手芸だけでなく詩歌や音楽、習字などさまざまな技芸の上達を願うようになります。宮中行事として七夕行事が行われていましたが、江戸時代には庶民にも広まり、五色の短冊に願いごとをしたため笹竹につるす、現在に近い形になったとされています。

近年は天空のロマンスに想いを馳せる人も多い

七夕は日本各地で開催されています。有名なのは仙台や湘南ひらつか、安城の七夕祭り。また、天の川をモチーフにしたキャンドルやイルミネーションを楽しむイベントもあるなど、七夕気分を味わうことができます。
近年の七夕は年に一度しか会えない織姫と彦星、それも雨が降ると天の川が見られないため、恋人たちのロマンチックなイベントとしても人気です。
詳しくは、下記記事も参考にしてみてください。
ロマンチックな七夕を盛り上げるギフト、選び方とおすすめアイテム

ページのTop(一番上)へ