【文例付き】相手の気持ちに思いを返す、ホワイトデーのお菓子に添えるメッセージ

バレンタインプレゼントをくださった方にお返しを贈るホワイトデー。ホワイトデーの贈り物と一緒に、手書きのメッセージカードを添えてみてはいかがでしょうか。品物だけを贈るより、きっと気持ちが伝わるはずです。ここでは職場の上司・先輩・同僚、あるいは友だちへのホワイトデーの贈り物に添えるメッセージ文例をご紹介します。

イラスト:会社の先輩からホワイトデーを受け取った後輩女性。 メッセージカードの「とても美味しかったよ。いつもありがとう!そして、これからもよろしく!」を読んでうれしそうにしている。

ホワイトデーのメッセージカード、書き方のポイント

職場の方や友だちへ贈るメッセージカードのポイントは、「ありがとう」の気持ちはきちんと伝えつつ、重たくなりすぎないというバランスが大切です。

「いただいたことへの感謝」に、「これまでの感謝」「これからもよろしく」という気持ちを加えて、シンプルにまとめることを心がけましょう。

こちらでご紹介するメッセージ例を参考に、お互いの関係性を表す言葉を入れるのがおすすめです。

「お返し」という言葉は控えて

「お返し」という言葉を用いたメッセージは、人によっては「もらったから返す」というネガティブ寄りのニュアンスに捉えられてしまうことも。「お返しです」は控えて、「贈ります」「感謝の気持ちです」という言い回しをするようにしましょう。

職場の上司・先輩・同僚・後輩へ

上司・先輩へのメッセージ文例

例文1

この前は、美味しい○○(いただいた品物)をくださり、
ありがとうございました。
ささやかですが、ホワイトデーのお菓子を贈ります。
今後ともご指導をよろしくお願いします。

例文2

バレンタインデーには、○○をありがとうございました。
とてもおいしくいただきました。
いつも気遣ってくださり感謝しています。
これからもよろしくお願いいたします。

同僚へのメッセージ文例

例文1

バレンタインデーの○○、おいしかったです!
ささやかですがホワイトデーに○○を贈ります。
これからもよろしくお願いします!

例文2

いつもありがとうございます。
ささやかだけど、感謝の気持ちです。
これからも頼ることがたくさんあると思いますが、
よろしくお願いします。

後輩へのメッセージ文例

例文1

バレンタインデーにはおいしい○○をありがとう。
これからも一緒にがんばりましょう!

例文2

△△さんのがんばりには、いつも助かっています。
ささやかだけど、感謝の気持ちです。
これからもよろしく!

友人向けホワイトデーのメッセージ

例文1

いつも相談にのってくれてありがとう!
感謝の気持ちを込めて、○○を贈ります。
日程調整して、またゆっくり飲みにでも行こう。
これからもよろしくね。

例文2

バレンタインデーの○○、とても美味しかった。
いつも忙しくしてるけど、体調には気をつけて。
あらためて、これからもよろしく!

ページのTop(一番上)へ