友人の実家に訪問! おすすめの手土産と基本マナー

友人の実家を訪ねる場合には、ぜひ用意したいのが手土産。友人とご自身がとても気楽な間柄でも、実家に行くとなればご家族への心遣いが必要です。この記事では、友人の実家に訪問する際の手土産の選び方や、渡し方、注意するポイントをご紹介します。

イラスト:色とりどりのマカロンの箱を囲み、「さっそくいただくね〜」と手を伸ばす友人と「ありがとう!どれにしようか迷っちゃうわね」と友人のお母さん。そして「僕はメロン味!」とワクワクしている友人の子供。

友人の実家訪問、手土産のおすすめは「会話のきっかけ」になるもの

手土産は、お相手に対して「お世話になります」という気持ちを伝えるものですが、友人の実家を訪ねる際には、ご家族との会話のきっかけとしても役立ってくれるでしょう。

会話のネタになる手土産として、たとえば、季節のフルーツを使用したケーキやゼリー、メディアで話題になっているスイーツはいかがでしょうか。遠方の実家なら、ご自身の地元の名産品や、インターネットでは手に入らない地元店のグルメなどもおすすめです。ご不在の方にも残しておける個包装タイプや、切り分けても保存できるものが手土産に向いています。

およそ2,000円~3,000円の予算で選ぶと、先方も遠慮なく受け取ることができます。もしも夕食をごちそうになる、長い時間滞在するなど、先方にお手間をかけることが分かっている場合には、少し価格をあげて5,000円前後のものも候補に入れられます。

また、先方に「調理して出さないといけないかしら……」と気を遣わせてしまう場合があるため、調理が必要な食べ物は手土産に不向きです。先方が欲しいと分かっている場合以外は、避けておきましょう。

手土産を選ぶ前に、チェックすべきこと

手土産を選ぶ前に、友人の実家にいらっしゃる家族の人数や、年齢層、また、好き嫌いやアレルギーの有無などを、友人に聞いておきましょう。

ご高齢の方が食べにくいと思われるもの、子どもには不向きなアルコール入りのスイーツなど、家族構成によって避けるべきものは異なります。友人に「○○を持って行こうかと思うけど、苦手な人はいるかな?」とはっきり聞いてしまうのもおすすめです。

また、手土産は「みなさんでどうぞ」というものですから、多すぎる・少なすぎるということのないよう、ちょうどよい量の手土産を用意しましょう。

訪問宅の近所で買うのは避けましょう

訪問宅の近所や最寄り駅で購入すると、「とりあえず持ってきた」と感じられてしまうので、避けるのが基本です。

しかし、友人の実家が自分の家とご近所なら、お互いが馴染みのある場所の手土産も良いアイデアです。お渡しする際に「あそこの○○が好きだとうかがったので……」と、選んだ理由をお伝えしましょう。

いずれにせよ、当日にあわててしまわないよう、どこで何を買うかは前日までに決めておきましょう。

スマートな手土産の渡し方

玄関で軽くあいさつをして、部屋に通され、あらためてあいさつを済ませたあたりが、手土産をお渡しするタイミングです。紙袋から包みを出してお相手に正面を向け、「みなさんで召し上がってください」「甘いものが好きだと伺いましたので」「地元の名産品なのですが」など、一言添えてお渡ししましょう。

ただし、生ものやアイスクリームなど、すぐに冷蔵・冷凍が必要な場合には、「冷たいものなので」と一言添えて、玄関先でお渡しします。この場合は、運びやすいように取っ手のついた紙袋のままお渡ししても構いません。

また、紙袋は物が汚れないように使うものなので、風呂敷と同様にたたんで持ち帰りましょう。

ページのTop(一番上)へ