【文例付き】成人祝いのメッセージ、気持ちが伝わるのはどんな言葉?

お祝いのメッセージというと、ついつい体裁のいい言葉を並べてしまいがちですが、それでは形ばかりで気持ちが伝わりません。自分なりのメッセージを伝えられるように、書き方のヒントから見ていきましょう。

イラスト:成人式を迎える知人男性を思い浮かべつつ、机に向かってメッセージの内容を考える30代男性。「若いうちから小さくまとまるなよ、って伝えたいな……」などと思案している。

成人祝いのメッセージ、書き方のヒント

自分が成人を迎えた頃の気持ちを思い浮かべてみよう

相手の立場に立って考えられるよう、まずは自分が成人を迎えた頃、どのようなことに期待していたか、またどのような不安を抱えていたか、あの頃の自分になんと声をかけてあげたいか、思い浮かべてみましょう。

成人を機に何を考えてほしいか、どういう大人になってほしいか

成人する方を見守ってきた立場の方なら、これを機に両親への感謝の気持ちを思い起こしてほしい、責任感の強い大人になってほしいなど、いろいろ期待するところもあるでしょう。

プレッシャーになるような言葉や、口うるさいアドバイスをするのは考えものですが、成人を迎えたお相手にとっても、期待されていると感じられるのはうれしいものです。

成人した方の昔の様子や、長所や魅力を思い浮かべてみよう

成人した方に贈るお祝いの言葉は、励ましの声ばかりではありません。あどけなかった子ども時代から立派に育ったことや、その方ならではの長所や魅力を挙げて自信を持たせるのも立派なメッセージです。

気持ちが伝わる!成人祝いのメッセージ文例

文例1:お兄さん、お姉さんに近い年代の方から

ご成人おめでとうございます。
大人としての責任、と言うとプレッシャーを感じるかもしれないけれど、何にでも意欲的に取り組む君なら、きっと自らの力で人生を切り拓いていくことを楽しめるはず。
自分の可能性を信じて大きく羽ばたいてください。

文例2:親御さんと近い年代の方から

ご成人おめでとうございます。
いつも前向きにみんなを励ましてくれる○○ちゃんなら、きっと笑顔のすてきな大人の女性(頼れる男性、など)になることでしょう。今から楽しみです!
この先も出会いに恵まれる、幸多き人生になることをお祈りしています。

文例3:祖父母に近い年代の方から

○○ちゃん、成人おめでとうございます。
ちっちゃくて泣き虫だったあなたが、今こんなに立派な大人になったのだと思うと、感激で胸がいっぱいです。
これからも持ち前の明るさを忘れず、夢へ向かって真っすぐに進んでいってください。いつも応援しています。

この記事に関係する商品
ページのTop(一番上)へ