80歳のお祝い「傘寿」とは?意味とお祝い方法を知ろう

傘寿といえば、最近は80歳のヒロインが大活躍する人気漫画のタイトルにもなったりしていますから、そこで初めて知った方もいるのではないでしょうか。「これからも元気でいてね」と想いを込めて、ご家族や身近な方の傘寿をぜひお祝いしてあげましょう。

イラスト:黄色の傘を送られたおばあちゃん。「傘寿=傘ね!」と喜んでいると、20代くらいの孫娘が「黄色だと雨の日でも目立つでしょ(私たちも安心だし)」」と言う。

「傘寿」のお祝いとは?

数え年で80歳を迎えた方をお祝いする

傘寿祝いとは、数え年で80歳を迎えた方の長寿をお祝いする習慣で、「八十寿」(やそじゅ)とも呼ばれます。その由来は、実は文字の見た目にあります。漢数字で「八十」と縦書きすると、「傘」の略字である「仐」に似て見える……というわけです。

黄色、紫色……お祝いの色には諸説ある

還暦のお祝いは赤色、卒寿のお祝いは白色など、長寿のお祝いにはテーマとなる色がつきもの。しかし、傘寿のお祝いの色は、古稀(70歳)・喜寿(77歳)と同じ紫色とする説と、米寿(88歳)と同じ濃い黄色とする説があります。お祝いする方やご家族がどちらの色をイメージしているか、あらかじめそれとなく聞き出しておけると安心です。

お祝いの形にとらわれず、素敵な思い出づくりを

傘寿といえば、紫色(黄色)のちゃんちゃんこや座布団を身に着けて……というのが昔ながらの祝い方。しかし平均寿命が延び、長寿祝いの歳を迎えても若々しく活動的な方が多い昨今では、昔ながらの形にこだわらないケースも増えてきています。

記念品や名入れギフト、“80”や傘、紫色(黄色)にまつわるプレゼント、家族水いらずで食事会や旅行、記念写真の撮影など、ご本人の喜ぶ思い出づくりをするのが、なによりのお祝いと言えるのではないでしょうか。

この記事に関係する商品
ページのTop(一番上)へ