80歳のお祝い「傘寿」とは?意味とお祝い方法を知ろう

傘寿といえば、最近は80歳のヒロインが大活躍する漫画のタイトルにもなったりしていますから、そこで初めて知った方もいるのではないでしょうか。最近は医療技術の発展によって平均寿命が延びていることから、傘寿を迎えられる人が多くなっています。そんな傘寿には、還暦では赤、古希では紫のようにテーマの色があります。お祝いをする際には、このテーマの色を意識して演出を用意するのが一般的です。「これからも元気でいてね」と想いを込めて、ご家族や身近な方の傘寿をぜひお祝いしてあげましょう。

イラスト:黄色の傘を送られたおばあちゃん。「傘寿=傘ね!」と喜んでいると、20代くらいの孫娘が「黄色だと雨の日でも目立つでしょ(私たちも安心だし)」」と言う。

「傘寿」のお祝いとは?

数え年で80歳を迎えた方をお祝いする

傘寿祝いとは、数え年で80歳を迎えた方の長寿をお祝いする習慣で、「八十寿」(やそじゅ)とも呼ばれます。その由来は、実は文字の見た目にあります。漢数字で「八十」と縦書きすると、「傘」の略字である「仐」に似て見える……というわけです。

黄色、紫色……お祝いの色には諸説ある

還暦のお祝いは赤色、卒寿のお祝いは白色など、長寿のお祝いにはテーマとなる色がつきもの。しかし、傘寿のお祝いの色は、古稀(70歳)・喜寿(77歳)と同じ紫色とする説と、米寿(88歳)と同じ濃い黄色とする説があります。お祝いする方やご家族がどちらの色をイメージしているか、あらかじめそれとなく聞き出しておけると安心です。

お祝いの形にとらわれず、素敵な思い出づくりを

傘寿といえば、紫色(黄色)のちゃんちゃんこや座布団を身に着けて……というのが昔ながらの祝い方。しかし平均寿命が延び、長寿祝いの歳を迎えても若々しく活動的な方が多い昨今では、昔ながらの形にこだわらないケースも増えてきています。たとえば、ゴルフ好きな方へのお祝いにゴルフのドライバーをプレゼントする人もいます。おしゃれや外出好きな方へのお祝いならば、バッグをプレゼントしたというケースもあります。なかには、回転寿司を初体験するための食事会を開いたという人もいました。このように昔ながらの習慣に従うだけでなく、お祝いをする相手に合わせた祝い方やプレゼントを用意するのが最近の傾向です。

記念品や名入れギフト、“80”や傘、紫色(黄色)にまつわるプレゼント、家族水いらずで食事会や旅行、記念写真の撮影など、ご本人の喜ぶ思い出づくりをするのが、なによりのお祝いと言えるのではないでしょうか。

ウェッジウッド ピクチャーフレーム 写真 ウェッジウッド ピクチャーフレーム
価格:5,000円(税抜)
おぼろタオル おぼろ日本の伝統色 タオルセットC 写真 おぼろタオル おぼろ日本の伝統色 タオルセットC
価格:5,000円(税抜)
有田焼 古染コーヒー&お茶セット 写真 有田焼 古染コーヒー&お茶セット
価格:5,000円(税抜)

贈りものにこまったらカタログギフトがおすすめ

どんなに相手のことを考えて商品を選んでも、相手にとっては不要なものであるケースは珍しくありません。それでも、お祝いの席では贈りものを喜んでくれることでしょう。しかし、どうせなら相手が心から喜んでもらえるものを贈るのが一番です。

どんなものを贈ったら喜んでもらえるのかがわからない場合には、カタログギフトがおすすめです。カタログギフトならば、相手が本当に欲しいものを自分で選ぶことができます。要らないものを贈る心配がないため、より相手のことを考えた贈りものということもできます。

リンベル・ザ・プレミアムでは、上質で洗練された商品を多数掲載しています。グルメやファッション、雑貨などさまざまな商品が最大約480点掲載されているので、じっくりと欲しいものを選ぶことができるでしょう。6,000~101,000円という幅広い価格帯で7つのコースから選べるので、予算に合わせやすいことも魅力です。商品を選ぶ楽しみも一緒にプレゼントできるカタログギフトは、ワクワクする時間も贈れるのではないでしょうか。

ページのTop(一番上)へ