1歳の誕生日を祝う一升餅の由来から祝い方までを徹底解説

一升のお餅を背負わせて、1歳の誕生日を祝うのが一升餅です。
首も座っておらず寝返りもうてなかった赤ちゃんが、1年でこんなに成長したと思うと感無量ですね。一升餅の由来や祝い方を、お祝い前にチェックしておきましょう。

イラスト:一升餅を背負って四つ這いで力んでいる1歳の子どもに、すぐ近くで見守りながら「がんばれー!」「大きくなったなあ」と声をかける家族。

大切にしたい伝統行事、一升餅の由来

一升餅とは1歳の誕生日を祝い、これからの健やかな成長を祈る伝統行事です。背負わせる一升餅は、一升(約1.8kg)のもち米を餅にしたもので、餅の重さはおよそ2kgにもなります。

お餅は昔から出産・誕生・祭り・正月・五節句など、ハレの日の重要なものです。一升には「一生」の意味が掛かっていて、おめでたいお餅と合わせることで、「一生食べ物に困らないように」「一生、健康でありますように」といった願いが込められています。また、一升餅の丸く平たい形には「一生、円満に過ごせるように」という意味合いもあるようです。

背負えても背負えなくても。一升餅はどちらでもめでたい!

一升餅の重さは約2kgで、1歳のお子さまにとってはかなりの重さになります。立てない子や、嫌がって泣き出す子もいるでしょう。しかし、一升餅はお子さまの健やかな成長を祈る行事ですので、背負えなくても立てなくても喜ばしいことと受け止めます。

立ち上がれたら身を立てられる、座り込んでしまったら家にいてくれる・家を継いでくれる、転んだら厄落としができたといわれます。
どちらにしろ縁起のよい一升餅ですが、転倒してケガをしたりしないよう、注意深く見守りながらお祝いしましょう。

一升餅の祝い方と注意点

一升餅を用いた最もオーソドックスなお祝い方法は、風呂敷に包んだ一升餅を背負わせることです。しかし、地域によってさまざまなバリエーションがあり、最近では背負いやすい子どもリュックや小分け餅なども販売されています。ここでは、地域によって異なる一升餅のお祝い方法の一部をご紹介します。
どのようなやり方にするかは、ご家庭で決めてよい行事です。念のため地域のしきたりを聞いておくのもよいでしょう。

転ばせ餅と呼ぶ地域では、転ぶと厄落としになる・立てないと家に長くいてくれるということを掛け、わざと転ばせるやり方をします。また、小さな餅をぶつけて転ばせるぶつけ餅をする地域もあります。危なそうに見えますが、実際は受け止める用意をした上でそっとつつくようにしています。

また、素足やわらじを履いた足でお餅の上に立たせる踏み餅には、地にしっかりと足をつけて生きていけるようにという意味が込められています。

どの方法もお子さまの安全を第一に行います。風呂敷を使う場合は首がしまらないように斜めがけにしたり、より背負いやすいリュックを使ったりして、いつでもサポートできるように家族で見守りましょう。

そのほかの1歳のお祝い・選び取り

1歳の誕生日はとても大切な記念の日です。一升餅のほかにも特別な日をお祝いする方法があり、その一つとして「選び取り」があります。

選び取りは、赤ちゃんの前にさまざまなものを置いて、どれを手に取るかで将来の仕事や才能を占う伝統行事です。最もオーソドックスなのは、「そろばん=商才がある」「筆=学がつく、学者になる」「お金=お金に困らない」などです。

最近は現代的なアレンジも入っており、「箸=食べ物に困らない、料理人になる」「楽器=ミュージシャン・音楽家になる」「ボールなどスポーツ用品=そのスポーツで名を成す」など、バリエーションが豊富です。
実物を用意しなくても手軽に選び取りができる、選び取りカードも市販されています。

誕生祝いのプレゼントをもらったときは?

一升餅に招待した身内や知人から一升餅祝い(誕生祝い)をもらうことも考えられるため、事前にお返しを用意しておくのもよいでしょう。誕生祝いのお返しとしては、名入れのお菓子などの商品が人気となっています。リンベルでは内祝い用のギフトを多数そろえており、名入れのカステラやバウムクーヘンなどを購入することができます。また、ギフト選びに迷ったときに便利なカタログギフトのラインナップも豊富です。グルメやグッズ、各種体験などを自由に選んでもらえるカタログギフトは、誕生祝いのお返しにもおすすめですよ。

この記事に関係するカタログギフト
ページのTop(一番上)へ