披露宴でのご祝儀以外で贈る、結婚祝いの相場って? 人気プレゼントランキングも発表!

結婚祝いとは

本来の結婚祝いとは、結婚式や結婚披露宴へ参加できなかった人が、祝福したい相手へ贈るものでした。しかし、実際には出席の有無にかかわらず、贈りたいという気持ちに合わせて行うのが一般的です。

また、結婚祝いとして贈るものはご祝儀もしくは物品のどちらか一方であることが多いものでした。最近では両方とも贈るという人が増えています。

今回は、披露宴でのご祝儀以外の結婚祝いについてアンケート調査を行いました。

披露宴で贈るご祝儀の相場は、一般的に親族を除いては、30,000円。新郎新婦と特に親しい場合や新郎新婦の目上にあたる場合は50,000円、親族は50,000円~100,000円が相場だと言われています。
しかし、ご祝儀以外の結婚祝いの金額は意外と知られていないもの。披露宴をしない新郎新婦や、披露宴に列席できない場合などに贈る結婚祝いの相場を、実際に結婚祝いをもらった方々にリサーチ! また、もらってうれしかった結婚祝いの品物のプレゼントランキングなど、新郎新婦に喜んでいただくための、結婚祝いのお役立ち情報も満載です。

※過去3年以内に結婚祝いをもらったことがある全国の男女400名にギフト総合研究所がインターネット調査

誰にいくらくらいのものをもらった? 新郎新婦との関係性別、結婚祝い相場ランキング!

披露宴でのご祝儀以外に、誰にいくらくらいの「結婚祝い」をもらった?グラフ

「ご祖父母」の1位は「もらわなかった」となっています。ご祖父母の場合は、披露宴でのご祝儀のみをお祝いとするケースが多いようです。ただし、2位「100,000円以上」3位「100,000円くらい」となっていることから、結婚式に列席しない場合には高額のお祝いを贈っていることがわかります。

また、「ご友人や知人」と「上司や目上の方」の相場感はほぼ同じで、5,000円~10,000円、多くて30,000円といったところがトレンドのようです。

約1/4の方が「上司や目上の方には、もらわなかった」と答えているのも特徴で、披露宴がない場合や列席しない場合は、結婚祝いを贈らない方も多いようです。

「近しいご親せき」「あまりお付き合いのないご親せき」では、それぞれ「もらわなかった」が1位になっていますが、近しい親せきの場合は、披露宴に列席し、その際のご祝儀をお祝いとしていることが予想されます。あまりお付き合いのないご親せきの場合は、お祝い自体を贈っていない、というのが実情なのではないでしょうか?

ご祝儀以外にもらってうれしかった! 結婚祝いプレゼントランキング

1位 現金 39.3%

2位 カタログギフト 26.3%

3位 商品券・ギフトカード 12.3%

4位 家電 4%

5位 キッチン用品 3.5%

「現金」「カタログギフト」「商品券・ギフトカード」と、1位~3位には、自分たちの好きなように使える、好きなものが選べるプレゼントがランクインしました。

しかし、プレゼントを贈る側からすると、現金や商品券・ギフトカードなど、相手に金額があからさまにわかってしまうプレゼントを贈ることに負担に感じる方も少なくないのではないでしょうか? そのような場合には、カタログギフトを選ぶのが賢い選択なのかもしれません。

4位「家電」、5位「キッチン用品」となり、品物でもらう際には、新しい暮らしの中で役立つ、実用品が喜ばれていることがわかりました。

結婚祝い、事前に「何がほしい?」と相談してほしい?

欲しいものや必要なものをもらいたいので相談してほしい34.5%/どちらでもよい51%/受け取る楽しみがなくなるので相談してほしくない14.5%

結婚祝いの品に悩んだときに、当の本人に何がほしいか聞く、というのは一つの手段ですが、新郎新婦側からするとどうなのでしょうか?

約50%の方が「どちらでもよい」と答え、「相談してほしい派」は約35%、「相談してほしくない派」は約15%という結果になりました。

「相談してほしい派」と「どちらでもよい」を合わせた、相談されるのが嫌ではない方々が約85%と大多数ですので、品物選びに悩んだ際には、直接新郎新婦に欲しいプレゼントを聞いてみるもの賢い選択と言えるでしょう。

最後に、新郎新婦が「こんな結婚祝いはちょっと…」と思った「結婚祝い がっかりランキング」をご紹介します。

ぜひ、経験者の意見を、結婚祝いの品物選びの参考にしてみてください。

1位 趣味に合わないもの 29.3%

2位 実用的ではないもの 22.3%

3位 安っぽいもの 14.3%

4位 ありきたりなもの 13.1%

5位 すでに持っているもの 11.2%

結婚祝いを贈る時期

本来、結婚祝いは事前に贈るものとされています。そのため、結婚式よりも前に贈るのが望ましいといえるでしょう。できれば事後は避けるようにしてください。

特に、結婚式当日に持っていくのは避けるべきです。当日における新郎新婦の荷物を増やしてしまいます。場合によっては郵送費を自腹させることになりかねません。

やむを得ず事後に贈る場合は、挙式から1カ月以内に贈るようにしましょう。新婚旅行などで不在にしているケースもあるので、郵送で贈る場合は相手の都合や配送日も確認しておくのがベターです。

結婚の報告を聞いた時期によっては、かなり時間が経過してから結婚祝いを贈りたいというケースもあるでしょう。時期にもよりますが、半年程度なら特に問題はありません。遅れたことのお詫びとお祝いのメッセージを添えると、小粋な結婚祝いになりますよ。

結婚祝いで贈ってはいけないもの

「切れる」、「壊れる」、「消える」ものは、結婚祝いで贈ってはいけないものとされています。幸せな縁を無くすものとして縁起が悪いためです。

「切れる」ものは包丁やハサミ、ナイフのような刃物を指すのが一般的です。また、「壊れる」ものとしては陶器やガラスなどがあります。「消える」ものとは、入浴剤や洗剤、食べ物のように、使うと無くなってしまうものです。

意外なものとして、ハンカチもあまり好ましくありません。漢字で「手巾(てぎれ)」と書き、別れを連想させるためです。また、日本茶は弔事で使われることが多く、結婚のような慶事には不向きとされます。その他、櫛などのように「死」や「苦」を連想させるものも避けたほうが良いでしょう。

ただし、近年は縁起の良し悪しをあまり気にしないという人も増えています。相手と相談した上でリクエストがある場合は、先に紹介したものを贈っても問題ありません。

調査実施:ギフト総合研究所

ページのTop(一番上)へ