還暦祝いのお返しはするべき? お返しの選び方や相場をご紹介

日本人の平均寿命が延びるとともに、還暦祝いをはじめとする昔ながらの長寿祝いもさまざまに変化してきています。歳を重ねたとしても古いマナーに無用にこだわったりせず、祝ってくれる周りの人たちのために気持ちの良い気づかいができる人でありたいものです。

イラスト:還暦内祝いを開ける若者、中身は紅白のうどん。「うどんのように太く長く、まだまだ元気で行きます!」という挨拶状を見て、「あの人らしいや」と笑っている

還暦祝いのお返しはするべき?

身内だけのささやかなお祝いであればお返しは必要ない

還暦祝いはそもそも、家族や親族といった身内だけで宴席を設けるなどして祝うのが一般的でした。現在でもこうした身内だけのお祝いであれば、あらたまったお返しは必要ないといわれています。

身内以外からのお祝いや、高価なお祝いにはお返しを用意しても

最近では、後輩的な立場の知人や職場の部下など、身内以外の方から還暦を祝ってもらう機会も少なくないようです。こうした場合や、身内からでも特に高価なお祝いをもらった場合などは、一般的なお祝いと同じようにお返しにあたる贈り物やおもてなしをするといったこともあります。

名目は「内祝」とし、お礼やお返しの意は表に出さない

意味合いとしては還暦祝いのお礼やお返しであっても、贈り物にはそれを出さないのが一般的なマナーです。身内の喜びごとを分かち合う意味の「内祝」を名目にするとよいでしょう。のしの表書きも「内祝」または「寿」などとします。

還暦祝いのお返し(還暦内祝い)の贈り方

誕生日前にいただいた方には、誕生日後早めに届ける

還暦内祝いを贈る時期に厳格な決まりはありませんが、60歳の誕生日を迎える前に還暦祝いをいただいた方には、誕生日を過ぎてからなるべく早いうちにお届けするようにしましょう。誕生日後にお祝いをいただいた方には、お祝いをいただいた日からなるべく早いうちに用意します。

相場はいただいたお祝いの半分~1/3程度

還暦内祝いの相場は、いただいたお祝いの半分~1/3程度といわれています。半分だとギフトを用意できないほど少額になるような場合は、あらためて内祝いを用意するのではなく、おすそ分けやお土産など普段のお付き合いの中でお礼をすると良いでしょう。

祝い菓子や日用品などを、量より質で選んで

還暦内祝いの定番といえば紅白まんじゅうなどの祝い菓子です。長寿などめでたいいわれのある和菓子はもちろん、年輪を重ねることにつながるバウムクーヘンなども良いでしょう。あまり記念品風にしたくないようであれば、タオルなどの日用品がおすすめ。量より質で選ぶのがポイントです。

お礼状は「皆様のおかげで無事還暦を迎えられた」ことを中心に

贈り物に添えるお礼状も大切にしたいもの。人生の大きな節目だけに、ついあれこれ思い浮かんで……ということもあるかもしれません。しかし、基本的には「結構なお品を賜りありがとうございます」「おかげさまで無事還暦を迎えることができました」など、祝ってくださった方への感謝の気持ちを中心に、シンプルにまとめましょう。

ページのTop(一番上)へ