義母の還暦祝いには何を贈る? おすすめのギフトと贈る際の注意点

還暦祝いは60歳を迎えたことを記念するお祝いですが、平均寿命が延びている現代では、昔のように長寿を祝う意味合いが薄れつつあります。お祝いする側も、「節目として特別なお祝いをする」ものと考えておくのがよさそうです。

イラスト:写真館で撮った写真を見ながらご機嫌の義母。「せっかくですから写真館で!」と提案する義理の娘を思い浮かべつつ「さすがだわ、ウチの息子だけじゃこうはいかないわよねぇ」と目を細める。

おすすめギフトのポイントは記念・思い出

食事会や記念撮影などで思い出作りを

還暦ともなれば、持ち物はある程度ご自分でそろえていることも多いもの。それよりも、おいしい食事を家族と一緒に味わいたい、みんなで思い出に残ることがしたいなどと思う方も多いでしょう。そこで、まずは家族そろっての食事会や写真館での記念撮影など、記念に残る思い出を贈ることを考えてみてはいかがでしょうか。ご招待するにあたっては、当日だけでなく、現地で撮影したスナップ写真をアルバムにして届けるなどのアフターフォローも忘れずに行うと、より素敵な思い出になること間違いなしです。

食事会については、下記の記事も参考にしてみてください。
還暦祝いにはみんなで食事会を!女性に喜ばれるお祝いポイントとは?

品物を贈る場合は記念に残るものを選びたい

品物を贈る場合も、すぐになくなるものではなく、記念に残せるものを選びたいところです。お手入れが要らず長く楽しめるプリザーブドフラワーや、お出かけの際に活躍するバッグ、家族と過ごすときに身につけたくなる衣類などは、どなたにも喜んでいただけるのではないでしょうか。ポイントは若々しさ。一昔前は赤いちゃんちゃんこで祝った還暦ですが、今や60歳はまだまだ現役の世代なのです。

プレゼントの選び方は、下記の記事も参考にしてみてください。

両親へ贈りたい!父母が喜ぶ誕生日プレゼントの選び方とは?
母の還暦祝いに贈りたい、想いが伝わるプレゼント
還暦祝いの予算は? 費用別で選ぶ還暦祝いのプレゼント

お義母さんが体験していないことを叶える贈り物も

1人っ子や男兄弟で実の娘がいないお義母さんなら、義理の娘さんがショッピングへ連れ出したり、人気のカフェや観劇へ一緒に行ったりして「親娘気分」を味わってもらうのもおすすめです。逆に、実の息子がいないお義母さんなら、義理の息子さんがリードして、家族でドライブやスポーツ観戦などへ行ってみてはいかがでしょうか。

もちろん、娘も息子もいるというお義母さんであっても、普段あまり体験できないことをする機会があるのはうれしい気持ちになります。好みがわからないようなら、レストランでの食事やレジャーなど、お好きな内容を選んでいただける体験カタログギフトもおすすめです。

照れずに思い切り祝えるのは義理の娘、息子ならでは

実の娘、息子となると、お祝いをするにもなんとなく「大げさになるのでは……」と、お互いに照れてしまってなかなか実行できないかもしれません。そんなときこそ、義理の娘、息子であるあなたの出番です。せっかくの節目ですから、思い切ってお祝いしてあげましょう。例えば、普段は写真を嫌がるようなお義母さんでも、家族で撮った記念写真を見れば、きっと喜んでくださるはずです。

この記事に関係する商品
ページのTop(一番上)へ