甥や姪への入学祝いはあげるべき? その相場は?

春の入学シーズン、入学を迎える親族や友人の子どもがいると「お祝いを贈るべき?_お返しに気を使わせるから遠慮すべき?」といろいろ考えあぐねてしまうことも。ここでは甥や姪のケースで、一般的な考え方を見てみましょう。

姪の顔を思い浮かべながら、空の財布と通帳を前に思い悩む男性

甥や姪への入学祝いは基本的に「贈るもの」

甥や姪には贈るのが一般的、より遠い縁ならケースバイケース

甥や姪への入学祝いは、あなたが社会人になった叔父(伯父)や叔母(伯母)であれば、お付き合いの常識として「用意するべきもの」だと思っておきましょう。ただし、それ以上に遠い親族や友人の子どもなどの場合はケースバイケース。贈り先以外の親族や友人に「どうするべきか」を相談できるとベターです。

兄弟どうしで足並みを揃えることにも気遣って

甥や姪へ入学祝いを贈る前に気遣っておきたいのが「兄弟どうしでお祝いの額がちぐはぐにならないようにする」こと。3人兄弟以上なら贈り手の兄弟同士で話し合って、同じ程度のお祝いになるように足並みを揃えておきましょう。

甥や姪への入学祝いの相場いろいろ

贈り手の年齢に合わせて5,000円~10,000円が一般的

甥や姪へ贈る入学祝いの金額は、概ね5,000円~10,000円程度であることが多いようです。贈り手の年齢が比較的若い場合は5,000円程度、ある程度の年齢になったら10,000円程度……が目安になるでしょう。親しい付き合いであれば、お金だけでなく欲しがっている学用品などをプレゼントするのもおすすめです。ただし、他の方のお祝い品と重なることがないよう、事前に甥や姪の両親と相談しておきましょう。

高校・大学など「合格祝い」を兼ねる場合は多めにすることも

先に挙げた入学祝いの相場は、小学校入学でも大学入学でも特に変わらないようです。ただし、高校や大学などで試験合格を経て入学する場合などは、20,000円~30,000円とお祝いの額を増やすこともあります。自分が入学する時や、自分の娘・息子が入学する時、誰からどれくらい入学祝いをいただいたかを踏まえて決めましょう。どうすればいいかわからない時は、自分の両親や他の兄弟と相談するのが良いでしょう。

サイトマップ
ページのTop(一番上)へ