お返しに悩まないために「半返し」のマナーとポイントを押さえよう!

お相手が気持ちを込めて用意してくださった贈り物やお金。感謝の気持ちをきちんと伝えるためにも喜んでもらえるお返しやお礼を用意したいですよね。さっそく、お返しのマナーとポイントを見てみましょう。

1客だけのティーセットが入った「内祝い」の箱を目の前に、「お祝い」の熨斗がついたペアの同じティーセットを思い浮かべ「半返しってこと?」とあっけにとられている人

お返しが必要な贈り物・いらない贈り物

基本的に「いただきっぱなし」ということはない

贈り物やお金をいただいたら、基本的には必ずお返しか、お返しに相当する贈り物・気遣いをするものと心得ておきましょう。よくあるものですと、下記のような名目が一般的です。

内祝い

【いただいた名目】結婚祝い(式を挙げない・招待しない場合)、出産祝い、入園・入学・進学祝い、新築祝い、病気・ケガのお見舞い(退院・完治した場合)など

御礼

【いただいた名目】病気・ケガのお見舞い(亡くなった場合)、目上の方にお世話になった場合、時期を外れたお返しなど

香典返し・返礼

【いただいた名目】御香典・御玉串料・お花料など

お中元・お歳暮

【いただいた名目】お中元・お歳暮

お中元・お歳暮は時期を外れた場合「暑中・残暑見舞(暑中・残暑御伺)」「寒中見舞(寒中御伺)」として贈ります。また、お年賀やお土産など直接お持ちいただいた贈り物へのお返しには、食事でもてなしたり、次にこちらから訪問する際お土産を持参するとよいでしょう。

名目で「お返し」と明言することはない

一般的には「お返し」と言われるものでも、上記の通り名目で「お返し」と明言されることはまずありません。「お返し」は分かりやすい言い方ではありますが、一方で、感謝の気持ちもなく「もらったから返す」かのようにも聞こえかねないもの。贈るお相手に対しては特に、使わないように気をつけたいところです。

基本は「1カ月以内に半返し」、でもケースバイケースで

金額も大事だけれど「贈るタイミング」はもっと大事

「お返し」にあたっては、贈る内容にもまして「感謝の気持ちを示す」ことが重要です。忘れた頃に届くようでは「こちらの贈り物やお金を喜んでいないのでは」と余計な心配をかけてしまいます。目安として、贈り物やお金をいただいたら1カ月以内にお返しをお贈りするようにしましょう。

逆に、あまりに早くお返しが届くのも「贈り物やお金を今か今かと待ち構えていたのでは」という印象になりかねません。まずは電話などでお礼の連絡を差し上げ、お返しは1週間後にするなど、タイミングを見計らって用意するようにしましょう。

ただし、贈る時期が限られるお中元やお歳暮はこの限りではありません。そもそも「お返し」ではないものですから、早めに用意するのがおすすめです。

「必ず半返し」ではなく事情に合わせて

贈り物やお金をいただいた場合のお返しは「いただいた金品の半額程度になる品物で」というのが基本的な考え方ではあります。

とはいえ、親しい方からであれば特に「物入りな時だから役立ててほしい」、「贈り物よりも会いに来て元気な顔を見せてほしい」といったお気持ちがあるもの。「お返しにこんなにお金をかけて大丈夫?」と心配をかけるのもまたお相手のためになりません。少し控えめの金額でもお相手に合ったものを選んだり、会食の機会を設けたりという形にしてもよいでしょう。

 

サイトマップ
ページのTop(一番上)へ