100歳の長寿を祝う「百寿・紀寿」、お祝いの方法とおすすめのプレゼント選び

日本人の平均寿命が延びている昨今、60歳の還暦や70歳の古稀は“長寿祝い”という名目と実情が合わなくなりつつありますが、100歳といえば立派な長寿。自治体からお祝いを贈られることがあったり、敬老の日には国からも銀杯が贈られたりなど、節目として盛大に祝われています。

イラスト:百寿のお祝いの席。孫が赤ちゃんのひ孫を目の前に連れてきて「ひいおばあちゃんですよ~、100歳すごいねぇ」と話しかけている。

百寿(ひゃくじゅ・ももじゅ)、紀寿(きじゅ)とは

100歳になったことを喜び合うお祝い

百寿・紀寿とは、還暦や米寿などと同じ「賀寿(年祝)」のひとつで、百寿・紀寿いずれも数え年で100歳になったことを祝います。百寿は字のとおりですが、紀寿は“西暦で一世紀を生きた”ことに由来しています。

百寿・紀寿のお祝いの色は“白”

長寿祝いにはそれぞれ色のいわれがありますが、百寿・紀寿は卒寿や白寿と同じ“白”がお祝いの色だとされています。ちゃんちゃんこを用意しても良いですし、白いお祝いの品を用意するのもおすすめです。

百寿・紀寿のお祝いにおすすめのプレゼント

まずは家族・親族で集まってお祝いの席を設けるのが一番

100歳となれば、子や孫だけでなく、ひ孫が何人も……いう方も少なくありません。家族・親族が集まってにぎやかにお祝いすることは、なににも代えがたいものがあります。ぜひお祝いの席を設けて、せっかくのお祝いですので記念撮影も忘れないようにしましょう。

“100”の数字や白色にちなんだ記念品、衣類なども

祝宴にあわせてなにかプレゼントを贈りたいのであれば、100の数字にちなんだアイテムや白色の衣類など、百寿・紀寿のお祝いであることがわかる記念品がおすすめです。100の文字と写真が入った置物や、寒い時期であれば暖かい上着など、身近に置いていただけるものを探してみてはいかがでしょうか。

白いお花を贈るときは色の組み合わせに注意を

白いお花のお祝いも、華やかでとてもすてきな贈り物になります。ただし、紫や紺のお花、リボンなどの組み合わせは要注意です。白と紫・紺は弔事で定番の組み合わせですので、せっかくのお祝いが微妙な雰囲気になりかねません。

いかがでしたか。「百寿・紀寿」におすすめのプレゼントについてご紹介しました。100歳という節目のお祝いは、家族や気の合う仲間と盛大にお祝いしたいですね。これからも元気で長生きしてもらえるよう、心を込めてお祝いしましょう。

この記事に関係する商品
ページのTop(一番上)へ