出産内祝いで写真入りギフトを送る際に気をつけたいポイントとは

写真入りのギフト、出産内祝いに限らずいただいたことのある方はいらっしゃるのでは? 写真入りのギフトを贈って喜ばれるかどうかは、お互いの関係性や先様の事情で大きく変わってきます。写真入りのギフトを選ぶ時に気をつけたいポイントをご紹介します。

出産内祝いカタログを見ながら写真入りギフトを検討するママ

出産内祝いに最適な、写真入りギフトはどんなものがあるの?

「写真入りギフト」はお酒のラベルや紅茶の缶など、ギフトのパッケージ部分に写真を印刷するもの。ちなみに赤ちゃんの名前を入れる「名入れギフト」は、パッケージ以外にカステラやクッキーなどお品そのものに印刷が可能です。

写真入りメッセージカードも

また、ギフトに同梱するメッセージカードの中には赤ちゃんの写真が印刷できるものもあり、写真入りギフトの代わりに活用する方も多くいらっしゃいます。

出産内祝いに写真入りギフトは喜ばれる?

大前提!写真入りギフトは「消え物」にしましょう

赤ちゃんの写真などが印刷できるアイテムの中には、ベビー絵皿など「消え物以外」もありますが、使うのにためらう・割れると縁起が悪いなどの理由から最近ではあまり贈られる方はいないようです。

置き場所や使い方に困ってしまうお品に写真を入れるのはNG。写真入りギフトを贈るなら、消え物(使ったらなくなる物)を選ぶようにしましょう。

両親・親しくしている親類はOK

両親・祖父母にとっては、赤ちゃん誕生は孫・ひ孫の誕生。写真入りのお品も喜ばれるでしょう。

写真入りギフトの中で最近の人気アイテムは「赤ちゃん米」。これは赤ちゃんの重さと同じ重さのお米のギフトで、つい抱っこしてみたくなると好評です。「赤ちゃん米」はパッケージに写真のほか、お名前や体重も印字できます。また、お酒などのラベルに印刷するギフトは中身がなくなっても飾れるので、親しい先様にとってもうれしいお品です。

親類縁者でも親しくなければNG

親類縁者の中には、結婚や出産に難しい事情を抱えている方もいらっしゃるかもしれないということを念頭におきましょう。あまり親しいお付き合いをしておらず、ご家庭の状況が分からない場合は名前を印刷した「名入れギフト」でとどめておくほうが無難です。

友人・職場はグレーゾーン。先様の事情を考慮して

友人関係・職場関係の方の中には、前述と同じく事情がある方もいらっしゃるかもしれません。写真入りギフトは避けたほうが無難と思っておきましょう。

一部例外として、出産や育児の悩みを話し合えるママ友の間柄などであれば、写真入りギフトも喜んでいただけるかもしれません。

写真入りの「メッセージカード」なら、ほとんどの方がOK

出産内祝いのお品に添えるメッセージカードは、赤ちゃんの名前の披露だけでなく感謝や喜びを文章で伝えることのできる優れたアイテム。こちらにも赤ちゃんの画像をカラー印刷するサービスがあります。

ギフト本体への印刷とくらべて強い主張を感じないので、悩んだ時にはメッセージカードを活用しましょう。写真の有無を選べる業者であれば、両方を作成して先様に合わせて同梱することもできますね。

文章を書くのが苦手な方は、便利な文例集もあるので参考にしてみるとよいでしょう。相手の事情に配慮して、赤ちゃんの誕生を一緒に喜んでいただきたいですね。

サイトマップ
ページのTop(一番上)へ