いつ、そしてどのくらい? 快気祝いを渡す時期と金額相場を覚えておこう

病気やケガで心細い思いをしている時に、あたたかいお見舞いや励ましをいただくのはとてもありがたいこと。回復したら、ぜひ感謝の気持ちを込めて快気祝いを贈りたいものです。さっそく、いつ、どのくらいの贈り物をすればいいか、見ていきましょう

松葉杖をつきながら快気祝いを持参して、お相手に「もっと良くなってからでいいのに!」とびっくりされている人

快気祝いの時期は「退院後10日~1カ月後」が目安

退院前後の落ち着かない時期を過ぎてからでOK

入院中はもちろん、退院直後も自宅で療養したり、通院したりして様子を見ることは多いもの。体調の落ち着かない時期に無理して贈り物の用意をするのでは、せっかくの「元気になりました」というご報告が、逆に体に障りかねません。あまり遅いのも考えものですが、退院後(自宅療養の場合は起きられるようになってから)10日~1カ月程度を目安に、体調と相談しながら贈るようにしましょう。

すっかり元気になっているなら早めでも

負担の軽い手術やケガなど、退院後すぐにご本人が動ける、元気な状態であれば、あえて快気祝いの用意を待つ必要はありません。ご心配をかけた方には早いうちに「元気になりました」というご報告をして、安心していただきましょう。

快気祝いの相場は「いただいた額の2分の1~3分の1」

高額になる場合は組み合わせて贈っても

お見舞いは「病気・ケガの治療に役立ててほしい」という助け合いの気持ちが込められた贈り物です。いただいた分の同額以上になるような快気祝いを贈っては、先様のお気持ちを無駄にしてしまいます。そこで、一般的に快気祝いはいただいた額の2分の1~3分の1程度の額で用意することが多いようです。“後に残る”ものはマナー違反とされますから、2分の1~3分の1でも高額になってしまうような場合はお菓子類とカタログギフトを組み合わせるなど、工夫して贈るとよいでしょう。

連名のお見舞いには小分けにできるものをまとめて

職場などで連名のお見舞いをいただいた場合、おひとりおひとりに快気祝いをお贈りするとなると、予算が数百円に・・・なんてことも珍しくありません。1個ずつに熨斗をかけるのも大げさになってしまいますから、小分けにできるお菓子のようにまとめて快気祝いを用意するといいでしょう。

サイトマップ
ページのTop(一番上)へ