兄弟・姉妹へ贈る出産内祝い、最適な相場・品物とは?

近い間柄だけに悩ましいのが兄弟・姉妹への出産内祝い。感謝の気持ちの伝え方も、家族によっていろいろな形が見られるようです。ここでは、一般的な例について見ていきましょう。

「妻からもおめでとうって」と伝言を伝えつつ、出産祝いを姉に渡す弟

兄弟・姉妹へも「出産内祝いを贈る」ケースが多い

まずはそれぞれの両親に相談を

兄弟・姉妹への出産内祝いは、家族関係や本人が既婚か未婚かにもよりますので、まずは、実父母または義父母に相談してみましょう。一般的には、出産祝いをもらった場合、兄弟・姉妹でも出産内祝いを贈ることが多いようです。

「お返しはいらない」と言われたら

内祝いの負担を減らそうという気遣いから、「お返しはいらない」と言ってお祝いを少し控えめにするケースもあるようです。その場合はお相手の気遣いの気持ちをくんで、内祝いとしてではなく別の機会に食事に招いたり、プレゼントをするとよいでしょう。

兄弟・姉妹への出産内祝いの相場と喜ばれるギフトは?

兄・姉であれば目上になりますから「いただいたお祝いの1/3~1/4程度の金額」、妹・弟であれば「いただいたお祝いの半額程度の金額」が目安になります。

お相手が未婚なら本人の喜ぶものでOK

気の置けない間柄ですから、出産内祝いの定番ギフトにこだわるよりも、本人の欲しがっているもの、役に立つものでOK。もちろん「可愛い甥っ子(姪っ子)誕生の記念になる品が欲しい」という場合は、定番の名前入り・写真入りギフトも喜ばれるでしょう。

既婚なら兄弟・姉妹の配偶者への気遣いも忘れずに

既婚の兄弟・姉妹であれば、出産祝いは「ご夫婦」からいただいたことになります。もし、ご夫婦からではなく、個人的な贈り物だと思われる場合でも、明らかに本人だけを意識した内祝いを贈ると「妻(夫)には祝ってもらわなかった」という意味に取られる危険性が。本人の趣味・嗜好に合わせるだけでなく、ご夫婦に喜んでいただける食品や日用品などを選ぶようにしましょう。

サイトマップ
ページのTop(一番上)へ