法事の引出物 お返しの品物・のし・相場のマナーとは?

四十九日を過ぎてからの年忌へ参列していただいた方からのお供えのお返しが、「引出物」や「お返し」と呼ばれます。ここでは、引出物のマナーとおすすめのお品をご紹介します。

法事ののしの種類や包装紙について説明するコンシェルジュさん

引出物の金額の相場

引出物の金額の相場は、いただいた額の3分の1〜2分の1程度といわれています。ただ、年忌にお招きした方には会食と合わせてその場でお渡しするので、お供えの額によらず2,000円〜5,000円程度のお品を用意することが多いようです。

引出物ののしや表書き

年忌のマナーとして、お返しののしの種類を使い分けることがあります。一周忌までは黒白か双銀の結び切り、三回忌以降は青白か黄白の結び切りの水引を用います。表書きは、「志」または「粗供養」とします。
包装紙は、白や黒、グレーもしくは落ち着いた色調の青や緑のものを選びます。菊の模様などのシンプルな柄が入ったものでもよいでしょう。

引出物におすすめのお品

不祝儀であることを考えて、消耗品や食べ物などあとに残らないもの(消え物)がよいとされています。洗剤や石鹸(せっけん)、お茶や海苔などの乾物、お菓子などが一般的でしょう。また、重い物、かさばるもの、持ちづらいものを避けるため、最近ではカタログギフトも引出物として重宝されているようです。

郵送する場合

引出物を郵送する場合にはお礼状を同封するようにします。時候のあいさつを用いず、お供えをいただいたことに対するお礼、法事が滞りなく済んだ報告を記すようにします。

サイトマップ
ページのTop(一番上)へ